がっちりマンデー ワークマンが儲かる高機能と低価格に出来る秘密とは?

がっちりマンデー
スポンサーリンク

今日のがっちりマンデーは、黄色い看板が目印のワークマンです

お店の中に入って見ると作業用の手袋が250種類そして作業用の靴も160種類たくさんあります

ワークマンは現場で働く人たちの作業服を中心に売っているガテン系御用達のお店です

でも、ただの作業服のお店と侮ってはいけません

実は今ワークマンがすごいことになっています

店舗数は、増えていって839店舗でユニクロの店舗数を超えたんです

肝心の売り上げも右肩上がりで昨年度は過去最高930億円です

そんな飛ぶ鳥を落とす勢いワークマンに密着して儲かりの秘密を探ります

驚異の成長を遂げている作業着チェーンのワークマンの魅力といえば豊富な品揃えです

ニトリルゴム背抜き手袋は刃物を扱う現場の必需品です

この手袋をつければ刃物を握っても手が切れないです

この作業着は後ろに扇風機がついて熱中症から守ってくれます

その名は空調風神服と言います

さらに解体の現場に欠かせないのはセーフティーインソールです

普通の靴にインソールを敷けば釘を踏んでも怪我をしない安全な靴になります

実際に試してみると中敷きにステンレスが入っているから貫通しないです

ワークマンには、こんな便利商品が1700種類もあります

がっちりマンデー ニッカホームは水回り専門リフォームで売上げ306億円で全国ナンバーワン
今日のがっちりマンデーは、ニッカホームで水回り専門リフォームで売上げ306億円で全国ナンバーワン会社です 今おうちは新しく建てるよりも古いものを直す リフォームやリノベーションの方が大流行です 新築の数はそれほど増えていな...

でも何と言ってもワークマン人気の最大の理由と言えばナイロン製のズボンが499円、軍手は10双178円

1双だと17.8円です

とにかくどれもめちゃめちゃ安いんです

しかもワークマンがすごいのは安さにもかかわらず驚くべきほど高機能だってことです

例えば累計販売数15万足の大ヒット商品となった厨房用シューズは1900円と破格の安さですが厨房で働く人のために開発されたすごい機能がついています

靴底に特殊な素材を使い溝の形を工夫したことで油でギトギトの床でも滑りにくいです

油まみれの坂を登りきれるか実験してみました

まずは普通の滑り止めのついたスニーカーでは手すりを使っても滑って全く登れませんでした

では厨房用シューズの実力を試してみると登れました

まさに現場のニーズに応えたすごい機能ですが実は厨房用シューズが意外な方たちにウケています

それが主婦です

主婦の方

「子供が小さくて雨の日に私が転ぶわけにはいかないのです」

小さい子供を抱っこするママや妊婦さんは転んだら一大事です

特に足が滑りやすい雨の日は困っていました

でもワークマンの厨房用シューズならその心配がないってことでママさんに大ヒットとなったのです

スポンサーリンク

高機能と低価格の両立こそがワークマンの儲かりの秘密です

しかし、どうやってそれを実現しているのでしょうか?

秘密を探るべく開発部に潜入しました

実験をしていました

一見普通のポロシャツですが実は飲食店や介護の仕事をしている方に向けてワークマンが開発した新商品です

商品部の北村さんはすごい生地を見つけるスペシャリストです

今回見つけてきた生地は超撥水する生地です

実験してみました

まずは普通のポロシャツにコーラを垂らしてみるとコーラが染み込み汚れてしまいますがワークマンが開発中のポロシャツは撥水してタオルで拭きとると元の状態に戻ります

確かにこのポロシャツなら飲食店や介護の仕事でも服が汚れなくて済みます

でも生地のスペシャリスト北村さんは、これぐらいじゃ満足しないです

次はケチャップで実験してみると言います

なんとケチャップも弾きました

ケッチャップがこびりついた場合でも水を流せば元通り真っ白になりました

このポロシャツすごい機能があってお値段が980円です

北村さんによると

「他社ではこの価格でこの機能って絶対真似出来ないです

他社さんですと安くても5000円になると思います」

高機能なのに激安一体なぜこんなにワークマンは安くできるのか?

ワークマン激安の鍵となる人物がいます

商品部の季さんです

中国出身の方です

商品部の季さんは商品を中国の工場に発注する仕事です

実は季さんの発注方法に安さの秘密があります

9月に発注すると安くなると電話しています

9月に発注すると安くなるってどういうこと?

季さん

「工場の閑散期と繁盛期があります

暇な時は、みんな仕事が欲しいです

その時にオーダーだしたら安くしてくれます

10%以上違います」

がっちりマンデー!光岡自動車は改造メーカーで売り上げ230億の秘密とは!?
がっちりマンデー!注目記事は、光岡自動車は改造メーカーで売り上げ230億の秘密とは!?です 今日のがっちりマンデーは巨大業界のちびっこ企業です 自動車業界とか家電業界とか大きな業界は大きな会社が牛耳っています ...

中国の工場は大体5月~8月にかけて冬服を作り11月から2月に夏服を作ります

季さんは、一つ一つの工場がいつ繁忙期なのか知り尽くしていて工場が暇な時期を狙って直接中国語で価格交渉します

だからコストが安くなるってわけです

さらに季さん工場を新たに探すことにも余念がないです

季さん

「都心は人件費が高いので田舎に行って色々探してきました

よく中国に行きます」

実際に季さんが工場に行った映像をみせてもらいました

李さんが日本から10時間かけてやってきたのは山東省の内陸部です

北京や広州といった大都市の工場に発注すると値段が高くなってしまいます

だから季さんは山東省や湖南省や内モンゴル自治区といった田舎に赴き他のアパレルメーカーが知らないような小さな工場を探し出しているんです

季さん

「内陸に行けばいくほど効率よく値段が安い工場が見つかります」

さらに季さんは3つの商品をそれぞれ1万着追加注文しました

発注が大量だからと値引き交渉もします

普通のアパレルメーカーの場合は発注量は多くても年に1万着、でもワークマンは多いときには年に350万着も発注します

実は、これが出来るのは作っているのが作業着だからです

ワークマン常務取締役

「作業服は流行に左右されませんから4年から5年先まで売れます

売れなかったとしても翌年また定価で売れますのでその辺が秘訣だと思います」

流行に左右されないからその年に売り切れなくても大丈夫です

数年かけて販売できるので10万着単位の大量発注ができるってわけです

高機能と大量発注でがっちりです

がっちりマンデー
スポンサーリンク
ご協力よろしくお願いします。

この記事良かったと思ったら次の記事を書く励みになりますのでシェアよろしくお願いします。

shinichiをフォローする
関連記事



テレビ人気番組の役に立つ知識、情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました