カンブリア宮殿 子供が美味しいと感じるおとうふ工房いしかわのお豆腐の理由とは?

カンブリア宮殿
スポンサーリンク

硬いから売れる年間4億円のお菓子とは?

今回は愛知県の安城市にある高棚小学校からです

給食の時間ちょっと不思議な光景があります

みんな美味しそうに食べていますがその料理の横に何かが添えてあります

きらず揚げと言います

給食に硬いお菓子

きらず揚げがどれくらい硬いかというと食べると大きな音がするぐらい硬いです

きらず揚げと言いますが愛知県では有名なお菓子なのでしょうか?

子供たちに大人気でした

小学校1年生からずっと食べているそうです

でもきらず揚げ食べているのは小学生だけじゃないです

出口さん夫婦の一人息子コウタくん1歳九か月は、まだ乳歯がようやく生え揃ってきたところですが今日のおやつは硬いきらず揚げです

しっかり食べています

離乳食が終わり二か月ほど前から与えるようになったと言います

実は、きらず揚げを選ぶ理由が

出口さん夫婦

「硬いので噛むことで歯の力も鍛えられます」

きらず揚げは、もともと乳歯が生えてきた子供の歯固めのために作られたお菓子です

原料は豆腐を作る時に出るおからです

作ったのは、おとうふ工房いしかわという豆腐メーカーのお菓子です

愛知県のローカルスーパーをのぞいてみると全国で売られているお馴染みのお菓子とはわざわざ別のワゴンに入れてきらず揚げを販売していました

ちょっと見ている間にも次々と買われていきます

どうしてきらず揚げを買うのでしょうか?

お客さん

「小さい頃から父や母が買ってきてくれたし食べ応えもあります

体にいいし好きです」

きらず揚げは子供のみならず大人も大好きです

きらず揚げの売り上げは年間4億円です

愛知県では生活に根付いたお菓子です

きらず揚げは首都圏でも買えます

神奈川県平塚市にあるららぽーと湘南平塚におとうふ工房いしかわの直営店があります

きらず揚げは味もいろいろ13種類も用意されています

ベーシックな塩味に始まり黒糖きなこ味に濃厚キャラメル味も302円からあります

豆腐メーカーのおとうふ工房いしかわ肝心のお豆腐の方の一番の売れ筋は究極のきぬです

お客さん

「他の豆腐は食べないが、おとうふ工房いしかわは美味しいです

この前子供が食べておいしかったからまた買って欲しいと言ったからです」

おとうふ工房いしかわの直営店で試食販売が始まりました

女の子は始めた食べたそうだが

「食感がいつもと違う、おいしい」

カンブリア宮殿 全国の食材が付録として届く「食べる通信」とは!?
カンブリア宮殿注目の記事は、全国の食材が付録として届く「食べる通信」とは!?です 斬新な宅配サービスがあるのを知っていますか? 久保さん一家がお待ちかねの小包です 中に入っていたのは 「ふくおか食べる通信」と...

おとうふ工房いしかわが標榜するのは「自分の子供に食べさせたい国産大豆100%のお豆腐」です

普通の豆腐より大きめだが一丁270円もします

1丁270円でも飛ぶように売れるのはやはり国産大豆へのこだわりが大きいようです

お客さん

「少しの値段の差だったら国産の方がいいかなと思います

子供が出来てからそういうことを考えるようになりました」

おとうふ工房いしかわの豆腐は、いくつかのスーパーでも扱っています

サミットストア、オオゼミなど

ライフでは首都圏118店舗で販売しています

国産大豆を使った豆腐はちょっと高めだがそれでもファンがしっかりついています

安心安全な豆腐は主婦の皆さんのハートも捉えています

スポンサーリンク

おとうふ工房いしかわの本拠地は愛知県高浜市にあります

創業は明治時代で従業員は520人です

スーパーなどに卸すとともに全国に30の直営店があります

この日社内にあるテストキッチンには大勢の子供たちが集まっていました

豆腐教室が開かれています

子供たちを相手に熱心に豆腐を語るのはおとうふ工房いしかわの社長の石川伸さん56歳です

社長の石川さんは25年も前から豆腐教室を実施しています

毎年2000人もの子供たちに豆腐の魅力を伝え続けています

石川社長

「私たちの商品開発の根っこは子供たちに食べやすい豆腐を作ることです

子供は表情で出るので豆腐教室に来た子供たちが言ってくれることが大事なことです」

子供たちが喜ぶ豆腐を作ると語る石川社長

でも子供たちは本当にそう思っているのでしょうか?

そこでカンブリア宮殿は実験してみました

この日集まってもらったのはおとうふ工房いしかわの豆腐を食べたことがない5人の子供です

二つの豆腐を食べ比べどっちが好きか選らんでもらいました

おとうふ工房いしかわの豆腐とスーパーで1丁100円で売られているもので食べ比べてもらいました

5人全員おとうふ工房いしかわの豆腐を選びました

優しい甘みで美味しいと子供たちには違いがわかりました

カンブリア宮殿 40億売り上げる福島柏屋の薄饅頭の秘密とは?
カンブリア宮殿 40億売り上げる福島柏屋の薄饅頭の秘密とは?東京渋谷の駅ビル百貨店(東急百貨店の東横店)からです大勢のお客さんでごった返していたのは催事場ですこの日の催しは福島の物産展です郡山からは人気の駅弁の海苔のりべ...

ではおとうふ工房いしかわはどんな工夫を施したのでしょうか?

その秘密を製造工程で見せてもらいました

豆腐作りは大豆を水に浸して柔らかくするところから始まります

これをすり潰し搾ったものが豆乳で搾りかすがおからになります

豆乳ににがりを入れて固めたのが豆腐です

ただし、このままだと苦手な子供たちもいると言います

その理由は豆腐のにおいです

石川社長によると

「豆腐を作る際に特有の臭みが出ます

このにおいが大人になったらいいにおいに変わりますが子供にとってはあまりいいにおいではないです」

そこでおとうふ工房いしかわが加えているのがオリゴ糖です

実はオリゴ糖には子供が苦手なにおいを隠してくれる効果があります

石川社長

「好感を持てるにおいは残して嫌なにおいを取ることが出来ました」

だから子供たちはおとうふ工房いしかわ方が美味しいと感じたのです

カンブリア宮殿
スポンサーリンク
ご協力よろしくお願いします。

この記事良かったと思ったら次の記事を書く励みになりますのでシェアよろしくお願いします。

shinichiをフォローする
関連記事



テレビ人気番組の役に立つ知識、情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました