がっちりマンデー フードコートだけでよく見る巨大唐揚げの鳥さくの儲かる秘密とは?

がっちりマンデー
スポンサーリンク

今日のがっちりマンデーはフードコートだけでよく見るお店

10連休ゴールデンウイークも残りあとわずかです

ショッピングモールのフードコートにお出かけした方も多いのでは?

そんなフードコートでなぜか最近やたらよく見るお店ってありませんか?

飲食店の大激戦区フードコートで勝ち残っているお店ってことは調べてみるとやっぱりみんな儲かっていました

フードコートだけでよく見るお店を求めて最初にやって来たのはイオンモールむさし村山です

二階にあるフードコートには12店舗が軒を連ねています

どこも大盛況のようですが中でもお客さんを集めているのが

がっちりマンデー ショッピングモールだけでよくみるお店「久世福商店」の儲かる秘密とは!?
今回のがっちりマンデーの注目記事は、ショッピングモールだけでよくみるお店「久世福商店」の儲かる秘密とは!?です 今日のがっちりマンデーはショッピングモールだけでよく見るお店です 街中ではほとんど見かけないのにショッピング...

とり専門店 鳥さく

鳥さくは巨大な唐揚げ定食が大人気の鶏料理専門店です

1つ40グラムの唐揚げが1人前で10個以上で899円です

お客さんにもデカイ唐揚げが大好評です

鳥さくは2年前に1号店がオープンして以来あっと言う間に店を増やして今や全国に12店舗になりました

まさに今ノリに乗っているお店なんです

しかしなぜ鳥さくのようなお店が流行っているのでしょうか?

飲食店の専門家「月刊食堂」の通山編集長によると

どうやら今のフードコートのトレンドと関係があるようです

「今、重食化がフードコートのキーワードになっています

重食とは、元々フードコートでは軽食をとる場所でしたがしっかり食事をとりたいニーズが増え重食のお店が増加しています」

フードコートでは今ガッツリ食べられる重食系のお店が大人気なのです

様々なステーキをなんと食べ放題できちゃうお店(BEEF RUSH)やメガ盛りまで頼めるローストビーフ丼のお店(ローストビーフ星)とかがお客さんを集めています

まさに鳥さくは、重食系の期待の星なんです

儲かるポイントを鳥さくの代表取締役に聞きました

「フードコートは11店舗から12店舗あるその中でいかに目立つかです

ドアップでボリュームが見せられるかです」

重食系のお店で大事になるのは、いかにお客さんにボリューム感を感じてもらうかそこで

鳥さく代表取締役

「お客さんがボリュームが大きいというのを看板だけでわかるようなお店を作っています

ほとんどのお店が看板が横並びなんですよ

横長にしてるですけども手前どもはなるべく大きくほとんどの店は縦で作っています」

鳥さくのメニュー写真はどれも縦です

確かに言われてみると他のお店の横長看板よりも何だか大きさが伝わってくる感じがします

さらに看板メニューの唐揚げマウンテン定食のお皿にも重食感を出すための工夫がありました

鳥さく代表取締役

「唐揚げをより大きく見せる盛りつけをしています

唐揚げをより高く見せるための網を使っています」

確かに網を使うと土台がしっかりして唐揚げが引っかかって積み上げやすくなり網なしと比べると縦にデカく見えます

こうすることで思わぬ効果もありました

鳥さく代表取締役

「フードコートっていうのはお客様が持ち運びされます

それも宣伝なんです

お客様が席に着くまでその唐揚げマウンテン定食を持って行くこと自体が僕は宣伝だと思っているんです」

確かに唐揚げマウンテン定食を持って歩くとお客さんはある意味鳥さくの広告塔です

ただボリュームたっぷりとなるとちょっと心配になるのが途中で食べ飽きちゃう問題です

実は鳥さくはその辺の気配りも抜かりないです

調理の受け取りカウンターの横を見てみるとお持ち帰り用の透明のパックがあります

食べきれなくても無駄もなく持って帰れるので安心です

鳥さくは巨大な唐揚げでがっちりです

スポンサーリンク

春水堂(ちゅんすいたん)

東京お台場のヴィーナスフォートのモールの中でもひときわ目立つ行列店です

タピオカミルクティーのお店です

実は、今タピオカミルクティーのお店が東京都内のあちこちで空前の人気で中でも春水堂(ちゅうすいたん)はその先駆け存在です

春水堂(ちゅうすいたん)は全国12店舗中10店舗がモールなどに出店していてどこもかなりの行列です

しかしタピオカミルクティー中にタピオカが入っているだけに見えますが一体なぜそんなに人気があるのでしょうか?

タピオカミルクティーの人気の秘密は1つ目はインスタ映えすることです

浮かぶタピオカが綺麗と必ず透明な容器に入れ景色と一緒に撮るのが大流行しています

お店側もドリンクと一緒に撮りたくなるように立地に出店しているそうです

東京お台場のヴィーナスフォートのモールだとすぐ噴水広場があるのでそこで撮られる方が多いそうです

そしてタピオカミルクティーの人気の2つ目の秘密が行列が行列を呼び大人気になっています

実は行列が出来るのはタピオカミルクティー独特の作り方にも理由があります

ミルクティーのベースとなる中国茶に温度計を入れて計測します

春水堂(ちゅうすいたん)スタッフ

「温度が適していないとお茶本来の香りや味わいや甘さが最大限でないです」

なんとお茶の温度は必ず0.1度単位で細かく決まっています

さらに甘さを測る糖度計でまた計測しています

台湾本部から決められた糖度でないとダメなので毎回測っています

春水堂(ちゅうすいたん)本店が決めた正しい温度や糖度でないと美味しくできないのでお客さんに出せないです

だから1杯作るのに約1分30秒かかります

とにかく時間がかかります

だから行列になってしまいます

でも美味しいからさらに行列になります

だからタピオカミルクティー春水堂(ちゅうすいたん)は本場の味でがっちりです

がっちりマンデー
スポンサーリンク
ご協力よろしくお願いします。

この記事良かったと思ったら次の記事を書く励みになりますのでシェアよろしくお願いします。

shinichiをフォローする
関連記事



テレビ人気番組の役に立つ知識、情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました