カンブリア宮殿 ひと月250円で片付けが解決するミニクラとは?

カンブリア宮殿
スポンサーリンク

必見お片付けの救世主

都内に住んでいる鈴木さんは物置と化したロフトの荷物を減らしたいんだとか

「子供が小さい頃の物などがいっぱい整理しきれない

使える物を捨てるのは罰が当たりそう」

そんな時インターネットであるサービスを見つけました

申し込むとダンボール箱が送られてきたのだが箱にはミニクラと書いてあります

この大きさの箱に20キロまで詰めることができます

どんどん詰めこんである場所に送ります

送料は無料です

届いた先は東北地方のある倉庫です

箱単位で預かる倉庫は他にもあるがミニクラは預かるだけじゃないです

届いた箱を開けてそして中身をすべて取り出しました

履けなくなった靴にお父さんのチェックの上着それを写真撮影します

撮った写真をすぐさまパソコンに取り込み1点1点にタグまでつけて管理します

後日荷物を預けた鈴木さんのお宅を訪ねてみると専用サイトで預けた物を確認できます

必要になった時にはクリックするだけで1点返送してくれます

さらにすごいのは、そのまま直接ネットオークションに出品可能です

落札後の配送もミニクラにお任せです

こんな至れり尽くせりのサービスで1箱月に250円です

年間3000円で自分の倉庫が持てるのです

こんなサービスを展開しているのが東京品川区に本社を構える寺田倉庫です

倉庫といえば企業や個人から預かった荷物を保管しそれを出し入れするだけというのが一般的なイメージですが寺田倉庫のそれは従来のイメージとはまったく違うといいます

実はカンブリア宮殿を収録しているテレビ東京のスタジオからほんの目と鼻の先にあります

ご近所のよしみということで小池栄子さんが潜入取材しました

足を一歩踏み入れるとまるでホテルのラウンジです

本来は契約者以外は入れないのだが特別に案内して頂きました

まずは貴重品保管庫へ

セキュリティーカードをかざし中へ入るとセキュリティーは生体認証など10段階あります

どんな人が預けているかというと会社を経営している人や個人が大事な書類や貴金属などを金庫に入れています

カンブリア宮殿 中古マンションを大人気リノベーション「自分らしさを求める!」
今回のカンブリア宮殿は中古マンションをリノベーションして大人気「自分らしさを求める!」です ①その新しい住み方が広がるマンションが名古屋にあります 築47年で確かに年季が入っています このマンションに4年前引っ越し...

続いて案内してもらったフロアは美術品専用の倉庫です

温度20度湿度50%という美術品にとって最適な環境に保たれています

美大の教授でコレクターの宮津教授がいました

今回特別に宮津さんが借りている倉庫を見せてもらいました

広さは5畳で費用はワンルームの家賃程度だといいます

宮津さんは25年で400点で購入費は3000万円ぐらいだそうです

小池栄子

「きっかけは?」

宮津教授

「美術品を倉庫に預けることを個人のコレクターはあまりしなかったですけど私は置く場所は湿度や温度の管理と日本は地震が多いので自分の集めたものをきちんとしたところに置きたいということで寺田倉庫に置きました」

スポンサーリンク

ここには美術品を取り扱う専門のスタッフもいます

宮津教授のコレクションを一つ見せて頂ける

作品は世界的な画家の草間彌生さんの1981年の作品の南瓜です

20年ほど前に買ったそうだがいまや数億円の価値があると言われています

最高の環境で預かるだけでなく美術館に貸し出す際の梱包や運搬なども安心して任せられます

それが寺田倉庫を選ぶ理由だと宮津さんは言います

宮津大輔コレクション展は茨城県笠間日動美術館にて5月19日まで公開しています

宮津教授

「こういうきちんとした環境の中で長く残す

我々が美術館で素晴らしい作品を見るのと同じことを次の世代に恩返しをするようなことがあります」

つづいてはワインセラー

借りての多くは専門業者やコレクターだといいます

よそ様のを開けるわけにはいかないので今回は寺田倉庫が所有するワインのセラーをみせてもらいました

もちろん温度や湿度も最適な環境に保たれています

温度は14℃で湿度は70%です

中には何と終戦の年1945年に出来た貴重なワインもあります

熟成するので保管環境を整えるとワインの価値も高まります

さらに商談などができるラウンジもあって専属のソムリエまでいます

そんな変わった倉庫会社のトップは出勤の仕方もユニークです

羽田空港の国際線なんと毎週飛行機で通勤しているといいます

「今日は上海から来ました

ほとんどがホテル住まいです

だから家はどこにもないです

一応住所を置いてあるのは台湾台北で住民票は台湾でとります」

この男が寺田倉庫CEOの中野善壽さん74歳です

7年前寺田倉庫のトップになった中野さんは、ものの価値をとらえる独自の目線があります

中野CEO

「これは拾ってきた工事現場からアートではない

自分が勝手にアートにして飾っているだけ

これは工事現場でベニヤに色を塗って試すそれを捨ててあったから拾ってきました」

ただのゴミでさえアートにしてしまいます

その目利きで寺田倉庫を特別な倉庫会社に変えたのです

中野CEO

「ここも普通の倉庫だったけど今度イベントスペースにします

これ古いんですよ

寺田倉庫ってありますけど」

実はこの建物1950年代から寺田倉庫が使っていた倉庫でした

寺田倉庫は東京品川区の天王洲と呼ばれるエリアにおよそ30万平米の倉庫を持ちます

中野CEOはその倉庫をいかし天王洲という街そのものを生まれ変わらせたのです

こちらの倉庫はイベントスペースにこの日開かれていたのは100の店が並ぶマーケットです

全国から新鮮で珍しい食材などが集まりました

週末になると大盛況です

外には心を和ませる運河や四季の花々を眺めながら休憩できるスペースがあります

運河には船も浮かべました

イベントやパーティーに使われていてこの日は手作りの雑貨が並んでいました

寺田倉庫は天王洲の倉庫街をおしゃれに変身させていたのです

カンブリア宮殿
スポンサーリンク
ご協力誠に申し訳ございませんがよろしくお願いします。

この記事良かったと思ったら次の記事を書く励みになりますのでシェアよろしくお願いします。

shinichiをフォローする
関連記事



テレビ人気番組の役に立つ知識、情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました