バイキング ゴーン容疑者の動画公開の内容とは?

バイキング
スポンサーリンク

ゴーン容疑者動画公開で反撃?

私は無実だ、これは陰謀だとゴーン容疑者は動画で反撃しかし家族にも疑惑が!?

 

ゴーン容疑者動画で4つの内容とは?

①無実の主張

「私にかけれれているすべての嫌疑について私は無実です

そしてそれらの嫌疑に基づいて私に対してなされている

非難についてもまた事実無根です」

 

 

 

 

②日本と日産への愛

「日本に対する私の愛情、日産に対する私の愛情というものは私がいま経験している厳しい試練を経た後であっても少しも変わることはありません」

 

 

③陰謀

これは陰謀謀略中傷ということです

中略

数名の幹部つまり明らかに自分たちの利益のためそして自分勝手な恐れを抱いたために会社の価値を毀損している人たちのことを指しています

それらの名前はみなさんご存知です

今回の汚いたくらみを実現させるべく仕掛けた多くの名前を挙げる挙げる事ができます

 

④公正な裁判

私がもっとも強く望むことは公正な裁判を受けることです

私は幸いにしてこの訴訟で3人の有能な弁護士に弁護してもらうことができますが彼らからは裁判の公正性についての安心材料は提供してもらえていません

 

 

 

実名を公開しなかった理由は?

弘中惇一郎弁護士によると

 

「ビデオの中で実名を列挙することはいろいろな法律的なリスクがともなわれます

弁護団はゴーンさんと接見してよく話したうえでゴーンさんも納得してこれの削除に応じました

裁判が始まればわれわれは反撃を始めると思う」

 

 

動画を見た検察幹部の反応は?

「新しい話しはなく、弁護士がなぜ思わせぶりに公開したのか理解に苦しむ」

 

 

ゴーン容疑者の妻と息子にも疑いが?

妻のキャロルゴーン氏は52歳でアメリカで慈善事業を行っています

親は金融系企業を経営しています

パスポートはレバノンとアメリカの複数所持しています

ゴーン容疑者とは2011年頃から事実婚で2016年にベルサイユ宮殿で結婚式を行っています

 

そこで妻のキャロル氏に疑いがかかっています

日産から中東日産、中東日産からゴーン容疑者の知人のオマーン販売代理店に資金が複数回送金されていました

送金分からゴーン容疑者が支配していると言われているレバノンペーパー会社に資金が流れていてそこから妻が関係しているビューティーヨットに数億円が流れているんではないかという疑惑があがっています

さらにルノーの方からもオマーンに資金が流れているとのフランスの方でも疑惑が上がっています

 

そのお金で家族が使う高級クルーザー「SHACHOU号(しゃちょうごう)」の購入費にあてられた疑いがあります

そんなキャロル夫人は出国していました

理由は「身の危険を感じた」と語ったそうです

スポンサーリンク

なぜキャロル氏は身の危険を感じたのか?

キャロル氏

「聴取を求めるような日本語の資料に特捜部からサインするよう要求されたが断った

危険を感じた」

 

 

キャロル氏はフランス政府にも助けを求めました

ルメール経済財務相はゴーン容疑者への支援について

「政治介入が最善の方法とは言い切れない」

として否定的な考えを示しました

 

 

さらに息子にも疑いがかかっています

日産から中東日産、中東日産からゴーン容疑者の知人のオマーン販売代理店に資金が複数回送金されていました

送金分からゴーン容疑者が支配していると言われているレバノンペーパー会社に資金が流れていてそこから息子が運営している投資会社Shogun社(しょうぐん社)におよそ30億円が流れていた疑惑があります

 

疑惑について息子のアンソニー氏は答えました

事実ではない

父は否定しているし私も否定し続けている

興味深いのは疑惑について誰が言い出してどこから出てきたのかということだ

父は法廷で無実を証明するだろう

私は100%サポートする父は私のヒーローだ

それはずっと変わらない

 

 

今後の展開は?

弘中惇一郎弁護士によると

「検察官は残虐な仕打ちによってゴーンさんに自白を強要しているのであります

この勾留決定に対して最高裁判所に特別抗告の手続きを致します」

 

ということです

バイキング
スポンサーリンク
ご協力誠に申し訳ございませんがよろしくお願いします。

この記事良かったと思ったら次の記事を書く励みになりますのでシェアよろしくお願いします。

shinichiをフォローする
関連記事



テレビ人気番組の役に立つ知識、情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました