ホンマでっか!?TV 朝ドラ女優の永野芽郁が真剣に「人生の楽しみを見つけられません」

ホンマでっか!?TV注目の記事は、朝ドラ女優の永野芽郁が真剣に「人生の楽しみを見つけられません」です

昨年連続テレビ小説「半分青い」で主役を務めた永野芽郁さん

9歳でデビューし現在はドラマ3年A組で大活躍しています

名実ともにトップ女優の仲間入りをはたしました

弱冠19歳にして国民的女優となった永野芽郁さんが今夜今、抱えている真剣な悩みを告白します

スポンサーリンク

永野芽郁「人生の楽しみを見つけられません」

明石家さんま

「ウソばっかり」

永野芽郁

「逆に19だからなのか

この先何をしようとか、今自分がしていることが果たして合ってるのかとか

今やってることが先につながることって何だろうとか」

明石家さんま

「そういう時期なのかな」

マツコ

「朝ドラ終わった後だからじゃない?」

永野芽郁

「それもありますね

朝ドラ終わってから作品もやらせて頂いてるんですが一瞬で終わるんです

ホントびっくりするぐらい

朝ドラが長かったから

10か月やってきたものが一か月二か月で終わっちゃうんで

早いって言う」

明石家さんま

「疲れる時期なのかな」

ホンマでっか!?TV 小さいおじさんが見えると言う人がいるが片頭痛の前触れだった!?
今夜は超常現象開明スペシャルです ①小さいおじさんが見えると言う人がいるが片頭痛の前触れだった!? この現象がなぜ起こるかが解明されたのです 片頭痛には前兆症状があるタイプとないタイプがあって前兆現象がある...

心理評論家植木さん

「永野芽郁ちゃんは漠然と何か楽しくないと思い始めた?きっかけは?」

永野芽郁

「自分の言葉というよりも取材の時に自分の話しを聞いてもらってる時に最近楽しかった時なんですか?って言われて

あれ?

最近楽しかったこと何だっけなあって思い始めた時期があって

それがたぶん高校卒業のタイミングだったんですけど

ちょうど朝ドラも入ってて何か周りからは朝ドラやるからとかいろんなことが

言われる時期ではあったので

そのタイミングで

あれ?楽しいことって何だっけって思い始めました」

心理評論家植木さん

「ご本人が明晰クールな方だと思うんですけどもね

でもすごく笑ってる

たくさん今のように笑顔が多いってことは10代のころの女性というのは

箸が転がっても笑う時期というふうに見えるんですけど

意外とこういうふうに笑ってケラケラってしてる子の心の中って違ったりするんですよ

だから高校卒業するのがきっかけだったんですかね」

永野芽郁

「そうですね

芸能界っていう仕事でずっとやっていくつもりではなかったので

なんでそこに対しても芸能界に向いてないとずっと思いながらいたんで」

心理評論家植木さん

「どうしてそう思うの?芸能界に向いてないって」

永野芽郁

「こうやって笑ってたりするのも無理に笑ってるのではなくて単純に楽しんで笑ってるですけど

家ではホントに何もしないしずっと一人でぼーっとしてたりしている」

生物学評論家池田さん

「人生の楽しみを見つけられないのはたぶん幸せの絶頂だよね

あなたの場合はたぶん

トントン拍子に上までいっちゃった

そうするとその時にあまりにも自分が絶頂なのでその後どんな楽しみがあるのかってこと自体が不安なんだよね

それでそれはもうホントに幸せの絶頂だから

あまりそのこと気にしないで今まで通りやってればいい」

環境評論家武田さん

「普通の女の子だったら19歳ぐらいだったら高校の友達いるし遊ぶ友達もいるしいっぱい友達の中で生活するじゃないですか

友人関係友人じゃなくても少し年上の人とかグループとか友達の範囲はどんな感じ?」

永野芽郁

「友人は少ない方です

少なくて先輩に可愛がって頂いてるので先輩とご飯に行きます」

環境評論家の武田さん

「先輩だから若干気をつかうよね

人間が楽しみを感じる時っていうのは序列があってね

一番下が自分が楽しむことです

それが一番難しいですよ

それから家族とか子供と楽しむっつうのは楽にいけるんですよ

もっと楽にいけるのが群れと楽しむってやつです

一人の状態でその人を楽しませようとしたらものすごい難しいんです

ほとんどがダメなんです

ところが家族なんかで団らんしてたり親しい友達と集まって何かやると割合と普通の事でも楽しいです

もっとそれが群れてホントにサッカーの試合とかね

5万人いるとか

ちょっとしたことでも楽しい

ホントに心の底から楽しくなっちゃうわけです

つまり周りの人との関係で楽しさができる

楽しさの本質っていうのはそこにあるんで

だから仲間をつくったり気の置けない人がいたりすると

それから家族がいて子供がいたり

そういう一連のことが同じ動作を楽しくさせる」

明石家さんま

「今家族と暮らしてる?」

永野芽郁

「今一人です

一人なんでテレビも見ないんです

音が無い生活しています

電気はつけてるけどソファーでボーっとしてる」

加藤綾子

「永野芽郁ちゃんお料理はどうされてますか?」

永野芽郁

「お料理全くしないです

出前か誰か誘えたら誰かと行くか」

環境評論家の武田さん

「だけど料理するのもホントは原則は一人で料理するよりみんなで料理する方が同じ料理でも楽しさが違います」

永野芽郁

「一人だとなんで作るかわからないです」

明石家さんま

「テレビは何でみないの?」

永野芽郁

「何でなんですかね

バラエティー番組とか見てたんですけど最近観なくなったです

あと自分を見るのが好きじゃないので

ドラマとか映画とかも完成したものを見ると

うわあ、何でこんな言い方してんだよって反省してしまう」

明石家さんま

「俺も27歳から自分を見るのが好きになった」

永野芽郁

「何でですか?」

明石家さんま

「もう自分だけは認めようと思った

それまでは、こうしたら良かったああしたら良かったとかっていうのは若いときはあった

切り替えたのは、一生懸命やったのにしゃあないやろ

甘やかしてあげな

笑いは過保護に

やっぱりおもしろい!ここまで十分!

そっから笑えるようになった

俺でも27やから」

永野芽郁

「どこかでそのタイミングが来る?」

明石家さんま

「来る来る来る

うまいな自分の芝居」

ホンマでっか!?TV 泉ピン子は物忘れがひどくなった!物忘れをする性格がある事実!!
ほんまでっか人生相談です 本日のゲストは泉ピン子さんです 七年ぶりの出演です 前回物忘れを治したいという悩みを告白しました 今年70歳を迎える彼女の深刻な悩みとは? 「 7年前に出演して相談したのですが...
ホンマでっか?
スポンサーリンク
ご協力よろしくお願いします。

この記事良かったと思ったら次の記事を書く励みになりますのでシェアよろしくお願いします。

shinichiをフォローする
関連記事



テレビ人気番組の役に立つ知識、情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました