バイキング デヴィ夫人元経理担当の横領事件判決後のデヴィ夫人の心境とは?

バイキン注目の記事は、デヴィ夫人元経理担当の横領事件判決後のデヴィ夫人の心境とは?です

デヴィ夫人元経理担当の横領事件判決は懲役4年

辻村秀一郎被告とは?

2011年からデヴィ夫人の事務所の経理を担当

デヴィ夫人の事務所に週に2回~3回勤務

見た目は実直で体が弱く食べ物制限がありベジタリアン

独身妻子なし

毎年税金を払う時期になると「お金が足りない」と言う

横領事件の経緯とは?

2011年2月 辻村秀一郎被告はデヴィ夫人の事務所の経理を担当

2016年9月 デヴィ夫人不正に気付く

2017年10月 辻村被告を業務上横領の疑いで逮捕

デヴィ夫人は約2億6800万円の被害を主張

検察としては約2200万円の横領の罪で起訴(追起訴含む)

2018年1月 初公判

2018年3月 第2回公判

デヴィ夫人「最初は逮捕されてうれしかったですが物事が明るみに出てくれば出てくるほど憎しみがわいてきた」

2018年5月 第3回公判

デヴィ夫人「被告は目も合わさない

ふてくされている感じでしたよ」

2018年7月 第4回公判

デヴィ夫人傍聴せず

2019年2月 第5回公判 求刑懲役4年六カ月

2019年3月5日 懲役4年の実刑判決

双方の言い分(第5回公判より)

辻村秀一郎被告の横領の動機

「デヴィ夫人はいつも自己本位でいるし勝手な思い込みが激しくスタッフの忠告を聞かないのでひんしゅくを買っていました

スタッフに責任転嫁するので担当外の仕事を強要されないよう盲目的に服従していましたがデヴィ夫人のやかましさへの仕返しで横領の回数が重なりました

デヴィ夫人の困る顔がみたかった」

辻村秀一郎被告自身の給料について

「給料は1円ももらっていなかった

交通費や事務用品も自腹だった

ご褒美をかざされてただ働きさせられてきた心に深く傷を負わされました」

デヴィ夫人は辻村秀一郎被告の給料について

「犯罪者は保身のためこんなに嘘八百言えるのかと逆に関心

一番驚いたのは給料を一度ももらっていないと言っていたこと元々月16万円という契約だった

給料をもらっていないなんてよく言えるものだ」

スポンサーリンク

横領した金の使い道について

辻村秀一郎被告

「主に生活費です

あとは知り合いの女性(中国人)に渡しました

金を渡していた女性について

2006年くらいからの付き合い

2008年ごろから金を渡し始めたはっきりした人で「助けて」と言われた

自分は面倒見のいい性格でお人好しで彼女に頼まれたらひょいひょいお金を出してしまった」

辻村秀一郎被告がお金を渡していた女性は

うどん店で働き頻繁に北京に帰っていました

息子はイギリスに留学経験ありでした

辻村秀一郎被告がお金を渡していた女性について

デヴィ夫人は

「うどん店の店員なら月に15万円ほどのはず息子の留学費用や生活費を払えるわけがない」

検察官が女性に話しを聞いたところ

「頂いたお金はデヴィ夫人のお金だって全然知りませんでした」

と答えました

昨日裁判官から辻村秀一郎被告に

「背信的かつ継続的な犯行で動機のうちデヴィ夫人への不満についても正当化できるものではない

他に求めるのではなく他ならぬ自分の何がいけなかったのか真剣に見つめ直してと付け加えました」

デヴィ夫人に裁判判決後にインタビューしました

判決が出ましたが今の心境は?

デヴィ夫人

「求刑が4年6カ月でしたのでまあ普通求刑よりも少なくなるとはわかってましたので4年と出ましたので妥当なのかなって」

今怒りは?

デヴィ夫人

「怒りというよりもあきれ返っている」

民事裁判を起こす理由は?

デヴィ夫人

「なぜ私が民事でいこうと思っているかは、戻って来ないお金は諦めていますから当然

でも私、彼がどんな嘘を警察に言っていたかどんな嘘を検察に言っていたかそれを私は知りたいんです

個人的な興味として私はそれを知りたい」

お金を諦める中での闘いは相当心境的にもつらいのでは?

デヴィ夫人

「私は、この事件は神の試練だと思っていますから神様があなたは元気まだまだ一生懸命働いて楽しく働きなさいっていう神の試練だと思っています

私、インドネシアでもすごく過酷な経験をしています

そういう時も必ず私は神様の試練

神様は特別に私を愛してくれていてこういう試練に打ち勝ちなさいって言ってくださっているんだと解釈して乗り越えてきたんです

今回もこれは神の試練だと思っています」

着服されたお金は戻ってくるのか?

西川弁護士によると

「民事裁判で損害賠償請求することは可能ただ返しなさいという判決が出ても

絵に描いた餅になる可能性は大いにあります

着服されたお金を取り戻すのはかなり困難」

過去の横領事件はお金が戻って来たのか?

青森県巨額横領事件2001年

青森県住宅供給公社の元経理担当者が約14億円以上を横領しました

そのうち約11億円をチリ人の妻アニータさん貢ぐ

横領は約14億円で回収できたのは1億5000万円でした

兵庫県横領事件2018年10月

兵庫県三木市の土木工事会社の元経理が約300万円を着服したとして逮捕されました

社長によると、大量のブランド物のバッグや愛人とのあいびき用の家の通称ミッキーハウス(約4300万円)などを購入

社長

「実質は5億円を超えていると思う

何も返って来ない、何一つ返ってないだから怒っている」

このように実際は、横領されても支払いの判決は出るが返ってこないのが現状のようです

横領されないようにいかに管理するかが難しいですが重要なようです

バイキング 川崎麻世.カイヤ夫妻離婚騒動にデヴィ夫人が言及する!
今回のバイキング注目記事は、川崎麻世.カイヤ夫妻離婚騒動にデヴィ夫人が言及する!です 川崎麻世.カイヤ夫妻離婚騒動に新展開 一部スポーツ紙によると 川崎麻世さんはカイヤさんに対して慰謝料として5000万円を請求する...
バイキング
スポンサーリンク
ご協力よろしくお願いします。

この記事良かったと思ったら次の記事を書く励みになりますのでシェアよろしくお願いします。

shinichiをフォローする
関連記事



テレビ人気番組の役に立つ知識、情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました