ソレダメ!マスクによる化粧崩れを一発で解決するソレマル新常識とは!?

ソレダメ!注目の記事は、マスクによる化粧崩れを一発で解決するソレマル新常識とは!?です

 

今すぐ試したいソレマル新常識です

ちょっと暖かいと思ったらまだまだ寒い季節です

だから手がかじかまないためにも手袋は必須アイテムです

でも意外に手が温まらないなんてことありませんか?

冷たい手が温かくなる手袋ソレマル新常識です

 

①手袋は5本指のものよりミトンタイプの方が温かい!

本当に5本指よりミトンの方が温かいのか検証してみました

手袋をして歩くこと10分後に手袋の中の温度を測って見ると

ミトンの方は18.3度

5本指は11.4度

 

10分前と比べると5本指は11度と変わらないのに対しミトンは7度も上昇していました

 

なぜミトンタイプが温かいのか?

熱は伝導、対流、放射で伝わります

隣の指にくっついているミトンの方が温かいです

手の場合は指1本1本が熱源となっていて隣の指と触れ合うことで熱が伝導しその熱をミトンが覆うことで熱が対流するので中が温かくなるのです

つまり5本指の手袋だとせっかくの熱源を遮ってしまい熱が伝わらず温かくなりにくいんです

北極圏で暮らす人たちも厳寒期という最も寒い2月~3月は必ずミントを使います

寒い冬はミトンタイプの手袋をお勧めします

 

 

 

スポンサーリンク

②キムチ鍋を美味しくするには梅酒を入れる

冬に人気の鍋といえばやっぱりキムチ鍋です

でも市販のキムチ鍋の素だけだと味が薄かったりお店のようなコクが出ないことないでしょうか?

キムチ鍋が劇的に美味しくなるソレマル新常識とは!?

 

キムチ鍋をもっとおいしく食べたい時は梅酒を入れる!

料理研究家の尾身さんによると

梅のエキスは韓国料理の隠し味に欠かせない調味料の一つなんです

梅を砂糖で漬けて作るメシルチョンは韓国の定番調味料です

しかし、日本ではなかなか手に入らないです

そこで代用として使えるのが梅酒なんです

入れる量は直径24センチ鍋に40CCで十分です

劇的な美味しさに変化します

キムチ鍋には梅酒を試してください

美味しいキムチ鍋づくりに覚えておきましょう

 

 

 

 

③小さい石鹸はスポンジに入れて使いきりましょう

 

洗面所やお風呂場で毎日使う石鹸ですが小さくなると泡立ちもいまいちです

かといって新しい石鹸に付けるのも大変です

小さい石鹸を最後まで使いきるソレマル新常識とは!?

 

小さくなった石鹸は新しい石鹸に気合でくっつけて使うのではなく、スポンジに穴を開けていれて使うとモコモコの泡が出て使いきれます

ラク家事アドバイザーの島本さんによると

新しいスポンジにカッターで切れ目を入れて石鹸を押し込むだけです

これなら小さくなった石鹸をいくつかまとめていれてもOKです

小さくなった石鹸はスポンジに入れて最後までモコモコ泡で使いきりましょう

 

 

 

④短時間でぬか漬けを作る時はパン粉を使うと簡単に出来る!

朝食の一品としてあるとうれしいぬか漬け

乳酸菌が豊富で健康食としても注目されています

しかし家で漬けるにはかき混ぜたり手に匂いがついたり面倒なことも多いです

でも、そんなぬかを使わずに台所に常備されているある食材を使えば誰でも簡単に短時間でおいしいぬか漬けを作ることが出来るんです

ぬかを使わずぬか漬けが作れるソレマル新常識とは!?

 

短時間でぬか漬けを作る時はパン粉を使うと簡単に出来る!

なぜパン粉でぬか漬けが出来るのか?

 

発酵料理に詳しい発酵生活研究家の栗生さんによると

 

パン粉は酵母で発酵させた発酵食品なので酵母が野菜のうま味を引き出します

作り方はとても簡単です

 

1.袋にパン粉大さじ1/2

2.塩こさじ1/2

3.砂糖おおさじ1/2

三つを入れてよくなじませます

そこに

4.ヘタを取って板ずりしたきゅうり1本を入れます

袋に1本ずつ漬けるのがポイントです

にんじんなど堅い野菜は小さく切るのがポイントです

後は空気を抜きながら丸めるて冷蔵庫に入れて3時間待つだけです

するときゅうりの水分を吸ってパン粉が発酵し始めます

そして3時間後にぬか漬けの完成です

3時間以上漬けるとパン粉の風味が移り美味しくないので気をつけてください

ごはんの準備の最初に仕込んでいれば食卓に一品が増えます

ぬかを使わずにパン粉でぬか漬けが出来ることを覚えておきましょう

 

 

 

⑤マスクにパウダーをはたくと化粧崩れしないのです

例年にないくらい猛威を振るインフルエンザとこの季節やっかいな花粉の予防アイテムといえばマスクです

でも女性の場合、朝時間をかけて化粧したのに外出先でマスクを取るとファンデーションや口紅がマスクにべったりつく悩みがあります

そんなマスクによる化粧崩れを一発で解決するソレマル新常識とは!?

 

マスクにパウダーをはたくと化粧崩れしないのです

 

いったいどういうことなのか?

美容家の船山さんによると

マスクにパウダーをはたいておくとマスクとファンデーションの間にクッションができベースメイクのヨレやハゲを防げます

マスクがかかせないこの季節メイク崩れ防止にはマスクにパウダーをはたいておくことを覚えておきましょう

 

ソレダメ!あなたの常識は非常識
スポンサーリンク
ご協力よろしくお願いします。

この記事良かったと思ったら次の記事を書く励みになりますのでシェアよろしくお願いします。

shinichiをフォローする
関連記事



テレビ人気番組の役に立つ知識、情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました