がっちりマンデー 餃子の王将の全国1位6億円売り上げる大阪の空港線豊中店の秘密とは!?

がっちりマンデー今回の注目記事は、餃子の王将の全国1位6億円売り上げる大阪の空港線豊中店の秘密とは!?です

 

今日のがっちりマンデーは、おらがチェーンの輝くナンバーワン店です

全国にある何百店と展開する大人気チェーン店でも同じチェーン店なのになぜかあまり売れていないお店もあれば、やたらとお客さんで賑わっているお店もあります

中でもナンバーワン店舗ともなればきっとがっちり儲かる秘密があるに違いないと調べてみたらありました

 

おらがチェーンの輝くナンバーワン店

 

餃子の王将

餃子の王将は全国に728店舗で年間売り上げ781億円と餃子チェーンの店のナンバーワンです

その餃子の王将の頂点に立つナンバーワン店は?

営業部長の門林さんに伺うと

「大阪の空港線豊中点です

開店33年ずっとダントツで1位です」

 

5位から2位までが売り上げ3億円台で拮抗する中、年商6億円とぶっちぎりでトップです

その儲かる秘密を探るべく大阪の空港線豊中店へ

結構大きい店内をのぞいてみるとウエーティングのお客さんで客席までたどりつけません

237ある客席がほぼ満席です

まさにモンスター級のナンバーワン店です

そんな空港線豊中の特徴がオープンキッチンです

全方向からお客さんの様子が見渡せる

 

お話しをうかがったのは

スポンサーリンク

店長歴8年で空港線豊中店に赴任して半年の尾﨑店長さんです

 

 

 

一日どのくらいのお客さんが入りますか?

「一日2500名くらいです

餃子は一日に3000人前です」

 

 

桁違いのナンバーワン店です

餃子の王将の空港線豊中店は何でこんなに混むほど人気なのか?

お客さんに聞いてみると

「そんなに並んでいる割には待つっていう感覚がない」

 

「他のお店よりも美味しくて回転が早い

待っててもすぐに案内してもらえる」

 

 

 

とにかくうまい料理が出るのが早いのが評判です

だから行列に並んでても全然苦じゃないってわけです

そんなうまくて早いを支える一番のキープレーヤーがナンバーワン店の店長尾﨑さんです

そこで仕事ぶりを見てみると端末にオーダー票が流れてくるとここでまず大事なのが全てのオーダーに店長が目を通すってことです

そして全ての注文を尾﨑店長が整理し直して厨房にオーダー

このとき瞬時に複数の注文をまとめるのはもちろん

調理時間がかかるものは順番を入れ替えて少し先にオーダーすることで最終的にお客さんに料理が揃うのが早くなります

 

尾﨑店長

「料理の提供時間は全部頭に入っています」

 

そして完成した料理は全て尾﨑店長のもとへいったん集められられます

餃子の王将では料理のクオリティを店長がチェックしてからお客に届けるのです

たとえ激混みの最中であってもクオリティが低ければ料理の作りなおしです

さらに尾﨑店長自ら調理スタッフのもとへ向かい時には直接指示もあります

 

尾﨑店長

「ここで忙しくても全部料理の品質のチェックしてます」

 

 

どんなに忙しくても常に厳しい目でチェック一切の妥協は許しません

もちろんただ指示を出しているだけじゃなくて手が足りなければ自らホールへさらに店内の雰囲気作りもおこたらないです

忙しい中でもお客さんへの気配りも欠かさないと八面六臂の大活躍です

でも何で豊中店にはこんなスゴイ店長がいるのか?

実はこの店の店長は歴代全国の王将の店長の中から選ばれたスーパー店長が抜擢されるのが習わしらしいです

 

 

尾﨑店長

「やっぱり光栄なことです

キャリアアップにもつながるし

もちろんエリアマネージャーや営業部長とかになっていきます

自分次第です

結果を出せればです」

 

 

 

そんなナンバーワン店だからこそ年間売り上げ6億円とまさに餃子の王将のシンボル店なのです

餃子の王将空港線豊中店は全店で売り上げナンバーワンでがっちりです

 

 

がっちりマンデー
スポンサーリンク
ご協力よろしくお願いします。

この記事良かったと思ったら次の記事を書く励みになりますのでシェアよろしくお願いします。

shinichiをフォローする
関連記事



テレビ人気番組の役に立つ知識、情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました