カンブリア宮殿 中古マンションを大人気リノベーション「自分らしさを求める!」

今回のカンブリア宮殿は中古マンションをリノベーションして大人気「自分らしさを求める!」です

①その新しい住み方が広がるマンションが名古屋にあります

築47年で確かに年季が入っています

このマンションに4年前引っ越してきた鈴村さんです

築47年だから中もそれなりに古いかと思いきや室内はきれいでおしゃれです

リノベーションをしたようです

鈴村さん

「リフォームのように間取りを残して壁紙を変えるという発想でなく自分たちのライフスタイルに合わせて間取りを変えてしまいます」

リフォームじゃなくリノベーションです

買った時は2LDKの77㎡です

前の間取りを変えずにきれいにするリフォームに対してリノベーションは壁をすべて取り払い丸ごとつくりかえるというものです

広いリビングの1LDKに大変身しました

それにしても鈴村さんはなぜ新築ではなくリノベーションを選んだのか?

鈴村さん

「新築を買うより安く自分たちの好きな形にしてくれる

新築の半分ぐらいじゃないですかね」

マンションの購入費用とリノベーション代を合わせても新築の半分ほどで済んだといいます

お得ですね

②同じマンションの住人の和田さんのお宅もリノベーションされていました

実は鈴村さんのお宅を見学して気に入り去年越してきました

和田さん

「自由に作られていて直感でいいと思いました」

和田さん最大のこだわりはキャットウォークです

高いところに猫の道を作って寝室につなげています

出入り口は額縁で出来ています

③さらに渡邊さんは5人家族です

リノベーションがしたくてこのマンションに越してきました

目につくのは広いリビングです

渡邊さん

「こだわったのは広いリビングです

子供たちが騒げるように一番広く作ろうと思いました」

三人の子供が小さいうちは思いっきり遊べるスペースが欲しかったそうです

リビングには引き戸がついていて部屋をわけることも出来ます

ゆくゆくは勉強部屋にするつもり

こんな風に自分好みの住まいにするためあえて中古マンションをリノベーションする人が増えています

このマンションに一人の男がやってきました

訪ねてきたのは鈴村さんのお宅です

実は鈴村さんをはじめ、いくつものお宅をリノベーションしたのがこの人です

スポンサーリンク
pr

リノべる社長の山下智弘さん44歳です

このマンション150戸中10戸がリノべるがリノベーションしたリノべる物件です

リノべる社長の山下智弘さん

「皆さん最初古い物件を買うのは不安です

自分らしくと言われても全く想像がつかないので

実際にリノベーションした人を見るのが重要です

楽しく自分らしく暮らしているのを見るとなるほどと思います」

今、全国で空き家が増え続けています

その数1000万戸以上と言われています

高齢化や人口減少が更に進み15年後に3戸に1戸が空き家になるといいます

特にマンションでは管理が行き届かなくなり修繕も難しくなります

リノべるが手がけるリノベーションは空き家問題の解決につながると注目されています

東京渋谷にリノべるの本社はあります

設立からまだ8年およそ200人いる社員の平均年齢は29歳と若い会社です

通常リノベーションする場合、お客さんは不動産.設計.工務店.ローンを組む銀行とそれぞれ個別に交渉しないといけません

しかしリノべるはそれらをすべてコーディネートします

リノベーション工事のコーディネート料を収入源です

新しいビジネスモデルを作りあげました

ではリノべるの物件探しを見てみます

住みたい街として人気の吉祥寺

お客さんの希望は駅から徒歩10分圏内です

提携する不動産会社がおすすめする物件を見に行きます

ここは2LDKの中古マンションです

まず目に飛び込んできたのが眺めで目の前には井の頭公園が立地としては最高です

しかしこの物件かなり古そうです

築47年の物件です

しかしリノべる社長の山下智弘さんは、嬉しそうです

実はリノべるの扱う物件のほとんどが築20年以上中古物件です

リノべる社長の山下智弘さん

「築47年にもなるとそれ以上に資産価値が落ちません

今販売されている金額から変わらない

建物の価値はほぼゼロで土地だけの金額になっているので買ってもあまり変動しないです」

しかし古ければいいってわけではないです

管理状態の調査を徹底しています

この物件内装はすでにリフォーム済みで何も問題なさそうだが、

リノべる社長の山下智弘さん

「表面だけのリフォームだと思う

例えば天井の中の配線キッチンの下の配管は交換されていない可能性があります

そうなってくると表面だけだと住んでから修繕しなくてはいけなくなります」

大事なのはマンション本体の健康状態です

だからリノべるはこれまでの工事履歴や修繕金の積み立て状況など詳細な資料を不動産会社に要求しています

知識のないお客様に変わって物件選びから厳しい目を向けています

④渋谷から一駅の場所にある池尻大橋に中山さんご夫婦は中古物件を購入しました

築37年のマンションです

現在の間取りは2DKの49㎡です

内装はすでにリフォーム済みだがなんとこれを全部取っ払ってリノベーションするといいます

中山さん

「どちらかいうと新築が良かったですけど

何軒かモデルルームに行ってみたが正直に言ってしまえば

モデルルームを見た感想は無難

やっぱり自分の家だからこそ自分らしくつくりたいっていうのが一番です」

中山さんご夫婦は共働きで夫は運送会社のドライバーで毎日汗だくで働いています

そこで奥さんが叶えたかったのが

中山さんの奥さん

「週末に洗濯しようとすると結構な量になります

洗濯に特化したような洗濯ルームが欲しいとお願いしました」

大量の洗濯ものを干したりたたんだりできる専用の部屋を希望していました

一方ご主人は仕事の疲れをとるため新しいお風呂を希望しています

物件が決まったら具体的な設計プランを作成します

リノべるには社内に設計デザイナーがいるので暮らしのイメージや希望を聞き取り図面に落とし込んでいきますが

予算が少しオーバーしている

中山さんご夫婦のリノベーションの予算は900万円です

見積もりは1000万円をオーバーしていました

そこで設計デザイナーは今ついているユニットバスを残してその分費用を削減することを提案しました

旦那さんは新しい方がいいと奥さんは旦那の意見をくんで新しいお風呂にすることに決めました

リノべるは、その分床や壁の材質を落として節約することを提案しました

細かい要望にもとことん向き合います

価格は新築の3分の2で済みました

自分らしくこだわりを持った物件が人気が出てこれから需要が急増していきそうです

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする