バイキング 高橋祐也覚醒剤で4度目の逮捕!三田佳子の過去と4度目の謝罪の違いとは!?

今日のバイキングは高橋祐也覚醒剤で4度目の逮捕!三田佳子の過去と4度目の謝罪の違いとは!?です

三田佳子さんの次男高橋祐也容疑者38歳が覚醒剤で4度目の逮捕!?

逮捕まで何が起きていたのか?

一昨日

渋谷区内の飲食店を訪問して一緒に来店した客と口論になりました

午後8時45分頃に従業員が110番通報をしました

警察官に対して高橋祐也容疑者が挙動不審な様子を見せました

警察官が任意同行を求めましたが拒否したため令状を請求して病院で尿鑑定の結果、覚醒剤の陽性反応を検出しました

昨日午前5時57分 緊急逮捕になりました

高橋祐也容疑者の逮捕の経歴

1度目は高校3年生の時に自宅地下室で覚醒剤所持で逮捕されましたが未成年者ということで保護観察処分でした

2度目の逮捕は20歳の大学2年生の時に自宅地下室で覚醒剤パーティーで発覚して懲役2年執行猶予5年の有罪判決でした

その後、演出家の唐十郎氏が身元引受人になって舞台俳優としてデビューしました

3度目の逮捕は27歳の時にコンビニ店内のトイレで覚醒剤を所持していた所を現行犯で逮捕されました

懲役1年六カ月の実刑判決が出ました

その後に30歳の時に一般女性と結婚して同年に第一子が誕生しました

スポンサーリンク
pr

ここからは三田佳子さん過去の謝罪は、どうだったのか?

①一度目の高橋祐也容疑者の逮捕について

三田佳子

「それは本当に驚きました

言葉に出来ないといいますか私もいまだにタバコ一つ吸えないようなところがありますので、そういうものを知らなかった

今度はよく勉強しましたが」

記者

「側にいて高橋祐也容疑者の変化に気づかなかった?」

三田佳子

「非常に親の責任といいますか

今となっては本当に恥ずかしいことですが残念なことに全く知らなかったです

本当に驚きました

原因究明はこれから人生を懸けて子供と一緒にやっていきたいと思います」

高校生で有名女優の息子の逮捕ということで当時話題になりました

一部報道では月50万円もの小遣いに世間から批判の声があがっていました

三田佳子さんは小遣いについて否定しています

三田佳子さんはCM降板女優業も一時自粛しました

②2000年の2度目の高橋祐也容疑者逮捕について

このとき、三田佳子さんは謝罪文を発表しました

「息子が誠に残念なことに懲りることなく、この度の不祥事を重ねて起こしましたこと母親として慚愧に堪えません」

2度目の逮捕の後は更生の道を歩んでいるように見えましたが

③3度目の2007年高橋祐也容疑者逮捕について

三田佳子

「ショックが大きすぎて

やっぱり自分たちの力のなさを

親としてやっぱり駄目な親という実感が

あまりにも突然なことでしたので心の整理が取りにくくて

紙に書かせて頂きました

この度、息子祐也が覚醒剤を持っていたということで

逮捕されたことを昨夜知り言葉もありません

大変お恥ずかしい話しですが前に同じ過ちを犯しいらい親としてその行動に気をつけていたのですが

本年の1月独りごとを言ったり重いうつ傾向にあるなど

本人の様子がおかしかったことから

心配になり必死に本人を説得して二か月精神科の病院に入院させました

退院後は仕事はしておらず

親としては本人の様子を見ながら

また薬物に走ったらどうしよう

三田佳子は女優の仕事をしていいのだろうか

仕事をするより子供を監視するなどすべきではないか悩んでおりました

この1週間ほどでまた本人のうつ状態がひどくなり来週19日に精神科の病院に入院させる段取りを済ませていたところこのような事態になった次第です

すべて夫婦の養育教育の失敗に起因するものだったと思っております

正直なところ28歳にもなろうとしている息子をどうすれば立ち直らせることができるのか方法がわからず

ゆうべも一晩泣いてしまいました」

高橋祐也容疑者が逮捕されるたびに厳しい批判にあった三田佳子さん

4度目の逮捕を受けて何を思うんでしょうか?

④4度目の高橋祐也容疑者について

三田佳子さんは謝罪文を出しました

「この度の事件を受け大変ご心配をおかけして申し訳ありません

統合失調症を抱え精神科に通うなど本人なりに努力をしてきましたが

このような結果になり

大変残念としか言いようがありません

親としては、もう力及ばずの心境です

このうえ本人は40手前ですし自らの責任と覚悟をもって受けとめ

そして罪を償っていきぬいてもらいたいと思います

来月、喜寿を迎える私ですが、二度の大病や怪我を乗り越え日々生かされている思いでおります

多くの方の支えや応援に感謝しつつ

俳優としての残りの人生をかけて仕事に邁進していきたいと存じます」

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする