おたすけJAPAN。増田貴久が巨大殺人魚をアマゾン川で捕獲

アマゾン川で巨大殺人魚を探しに

おたすけJAPAN。増田貴久が巨大殺人魚をアマゾン川で捕獲です。
増田貴久(NEWS) がアマゾン川で巨大殺人魚と現地の人と共に捕獲作戦。
非常に獰猛で、体長も2Mから3Mもある非常に危険な殺人魚。
危うく巨大殺人魚から、一撃もらいそうになった 増田貴久(NEWS)もアブねーと冷や汗もの。
日本にはいない、巨大殺人魚。
日本のスケールでは考えられない巨大殺人魚。
アマゾン川の中には巨大殺人魚の他にも危険な生物がたくさん潜んでいます。
一瞬たりとも油断ができない超危険なアマゾン川。
これだけ危険な川は日本にはありません。
非常に獰猛な動物がたくさんいるアマゾン川流域。
巨大殺人魚ハゴロゴロいるので捕獲するのはそれ程現地の人は苦労しませんが、増田貴久(NEWS)は日本のアイドルで、これだけ危険なエリアに来るのは初めて。
最初はかなりビビッていました。
ビビッて当然です。
最初に巨大殺人魚の怖さを教えられるのですから、とても楽しい仕事ではありませんね。
ジャニーズにしてはよくこんな危険な仕事をさせたなと言った所です。
本当に、危険な戦いです。
もうこうなったら巨大殺人魚を捕獲しばければ日本には帰って来る事は出来ません。
もう引くに引けない状態に陥ってしましました。

いざ巨大殺人魚と格闘

アマゾン川に現地の人と一緒に出向くと直ぐに巨大殺人魚と遭遇。
アマゾン川の中にはうじゃうじゃ巨大殺人魚はたくさんいます。
この展開には流石に、増田貴久(NEWS)は最初はついていけなかったです。
しかし、今回の目標は巨大殺人魚を捕獲する事です。
その使命を託されてきた以上しっかりと果たさなければいけません。
番組的にも危険な事はそんなにさせるわけにはいきませんが、何とか巨大殺人魚を捕獲するのが目標です。
そして遂に現地の人が巨大殺人魚を捕らえ、最後に、増田貴久(NEWS)が何とか仕留めました。
かなり恐怖心があったようです。
その恐怖心を克服し、巨大殺人魚を捕獲することに遂に成功しました。
体長は2Mもありました。
この巨大殺人魚を和食料理人の鈴木さんがさばくのですが、先ずは鱗をきれいに剥がしていきますが、かなり固く難航しながらもそこは職人芸で綺麗に取りました。
マグロの解体ショーみたいな感じですね。
鱗を取るのに40分近くかかりました。
とにかく鱗を取らない事には始まらないと語る料理人の鈴木さん。
鱗を取った後は、見事にさばき、しっかりと現地の人に西京焼きなどを振る舞い、現地の人からも美味しいと大評判でした。

おたすけJAPAN。
ご協力よろしくお願いします。

この記事良かったと思ったら次の記事を書く励みになりますのでシェアよろしくお願いします。

eriko_webをフォローする
関連記事



テレビ人気番組の役に立つ知識、情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました