バイキング マツコが伊調馨選手のパワハラ問題に独自見解を示す

スポンサーリンク

マツコ・デラックス今日はおとなしくしておく

番組冒頭、MCの坂上忍さんから、今日は言いたい放題話してと話を振られた、マツコ・デラックスさんは、今日は言いたい放題言わない、この後、5時に夢中(東京MXテレビ)があるから。
この様に発言しました。
最初の問題は伊調馨選手のパワハラ問題でした。
その話で意見を求められると、構図的にみて組織内の対決構図なのよねとコメント。
大相撲なんかと同じと独自見解を示しました。
日本レスリング協会の姿勢に疑問を呈する声が相次ぎ、マツコ・デラックスさんも頷くシーンが多かったです。
マツコ・デラックスさんはここまではいつもの毒舌はまだ影を潜めています。
番組は粛々と進行していきました。
マツコ・デラックスさんは家中の人物栄強化本部長に関して、実績があるから仕方が部分があるのかも知れない。
そのようにコメントしました。
MCの坂上忍さんは権力闘争に巻き込まれるんじゃないかな?と発言。
しがらみが1番のネックとマツコ・デラックスさんはコメントをしました。
バイキングの白熱したトークバトルを体験したマツコ・デラックスさんは、テレビでみてるとそうでもないけど、生で出演するとかなり壮絶だねと迫真のトークバトルに少し驚いた様子でした。

羽生結弦選手国民栄誉賞の話

羽生結弦選手の国民栄誉賞受賞に関しては、文句や異論は一切ないと前置きした上で、昔に比べて国民栄誉賞の価値が下がっている。
安倍晋三首相がバンバン国民栄誉賞を与えすぎているとの見解を示しました。
MCの坂上忍さんも全くの同感とマツコ・デラックスさんのコメントに同調しました。
安倍晋三首相が羽生結弦選手が金メダルを獲得した後に電話をした事に関して、マスコミを呼んで電話をかけているのだからパフォーマンスの度が少し過ぎるとの趣旨の発言をしました。
国民栄誉賞の話の締めとして、MCの坂上忍さんはどっちつかずのコメント上手く最期を切り抜けました。

大相撲・貴ノ岩の話

遂に貴ノ岩がマスコミの前に現れ、師匠の貴乃花親方と並んで取材を事件後初めて公の場に姿を現しました。
東京では入院し、リハビリをしていたと語った。
日馬富士の話が出ると、貴乃花親方が、ちょっと今日はこの辺でと遮り2分30秒で終了。
大相撲の話について、マツコ・デラックスさんは、やりたくなけれやめればいいのにと思っていたと心中を告白しました。
今日はマツコ・デラックスのいつもの毒舌ぶりは封印。
最後に、貴乃花親方に関してきかれると独自の思想を持っている人と語りました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました