主治医が見つかる診療所 4月27日 尿トラブルを予防して健康寿命延ばす方法 問題の骨盤底筋とは?

気持ちよくおしっこをしていますか?

おしっこに何か問題を感じたことは?

経験あり約7割

ところが恥ずかしいおしっこくらいで多くの人たちが放置してます

その症状 放っておくと…

激しい尿失禁

出かけられないほどの頻尿

突然の血尿

尿トラブルは加齢のせいと思いがち

女性の尿のトラブルの発症率は30代を超えると3分の1以上

若くても 油断できないのです

夜間頻尿がある人は死亡リスクが約2倍もあるそうです

尿トラブルを起こさないためにはどうしたらよろしいのでしょうか?

骨盤底という筋肉をしっかり鍛えておくと尿トラブルを食い止めることができるそうです

尿トラブルの予防法発見しました

その方法を実践すると しっかり寝れて目がさめない

撮らないようになってダイエット効果が良くなるそうです

心臓も強くなる

骨盤の筋肉もしっかりして尿トラブルも改善

いいところが非常に多いそうです

尿トラブルを予防

健康寿命を伸ばすヒントが あるそうです

尿トラブル チェック

1.デスクワークが多い  1点

2.猫背である   1点

3.運動不足である 1点

4.便秘ぎみだ  2点

5.おしっこしたときにパンツが濡れることがある   3点

6.おしっこが長い または切れが悪い   3点

7.いきんでおしっこをしている   3点

5点以上は要注意

3人に1人の女性は尿失禁の経験があるそうです

男女合わせて8人に1人は、尿トラブルで悩んでいる

ひどくなるとスポーツできない

外出できない

健康寿命そのものが短くなってしまう

尿トラブルには二つの症状があります

頻尿

1日に何度も行くようになる

尿失禁

自分に意識なく出てしまう

発症年齢 27歳女性の場合

ひどい尿失禁に悩まされた

最初の尿トラブルは27歳

27才ぐらいの時に二人目を出産しました

かけたりとかジャンプしたりとかすると失禁

お漏らしとは違うから治ると思っていました

それ以降は体を動かすことを控えるようになりました

日常生活には問題ありませんでした

病院に行かず放置しました

48才のときです

尿失禁の症状が悪化

咳で出るようになりました

風邪の時は特にひどかったです

咳をするたびに尿失禁

失禁用シートをひいて寝ていました

急に立ち上がった時 や重いものを持ち上げた時お腹に力を入れた時が尿失禁します

症状が悪化すると尿全部漏らしてしまうこともあります

いつもれるか不安になり 引きこもりようになります

女性に多い尿失禁 誰にでも起こりうる原因とは?

出産の時に尿道の周りの骨盤底の筋肉が切れてしまったそうです

その為に支え切れなくなったそうです

膀胱や小腸などを支えるインナーマッスルのことです

出産で骨盤底筋が傷つき緩んでしまったそうです

尿道が下がり不安定な状態になるそうです

衝撃がくわわると尿道が揺れ尿が漏れてしまう

加齢で骨盤低筋が弱まったため緩みが進行し 症状が悪化しました

運動不足でもなるそうです

年齢性別に関係なくのトラブルになるそうです

彼女は骨盤底筋の緩みを治す手術をしました

無事治ることができました

スポンサーリンク
pr

発症年齢 77才女性の場合

頻尿トラブル

洗い物をしているときある違和感が

お水をみたり 手がつめたくなるとトイレまた行きたくなるそうです

トイレすませて台所に立つと、また行きたくなるそうです

頻尿の大きな原因の一つは骨盤底筋の緩みがそうです

40歳で出産した時に骨盤底筋が傷つき 緩み始めたそうです

加齢によって骨盤底筋がさらにゆるみ 膀胱が支えられなくなり落ちてくるそうです

尿道に伝えるセンサーがあるのですが、膀胱が落ちたことにより誤作動を起こすようになりました

彼女も手術をして無事直りました

二人の女性の共通点は 骨盤底筋のゆるみです

骨盤底筋

膀胱や腸などを支えるインナーマッスル尿道や肛門を締める役割がある

一度損傷しちゃうと元に戻らないそうです

若い間は周りの筋肉はささえてくれるけど

筋肉が落ちるとなるそうです

男性に起こる尿トラブル 突然の血尿 その原因とは?

突然の頻尿

トイレに行って最初は30分おきぐらい

徐々に短くなってきました

すぐまたトイレに行きたくなるそうです

それまで尿に違和感は、なかった

その日にかぎって 何度も尿意 30分おきにトイレに行っていました

仕事を続けていました

尿意がおさまらないにもかかわらず 尿の出が悪くなってきました

突然、尿に膿と血が!

その病気とは?

前立腺肥大症

50代男性の30% 60代男性の60%

肥大した前立腺が尿道を圧迫尿の出が悪い 残尿感 頻尿を起こします

炎症して膿が出てきたそうです

改善には数年かかる可能性があります

前立腺肥大症の原因は?

ホルモンの分泌が悪い場合は なりやすいのではないと言われてる

加齢などによる性ホルモン分泌量の減少などが原因

その後投薬治療を続けて改善しました

体を動かす 特にランニングがいいと勧められたそうです

ランニング

骨盤底筋に刺激を与えて血行を良くして 性ホルモンの分泌もふやせる

薬とランニングで 10年かかると言われたものを3年で改善できました

前立腺は尿道からばい菌が入ってもそこでストップかけている

雑菌がよくつくのでおしっこして洗っている

しかし 頻尿の人は水分を取るのをやめたがる

尿トラブルが起きると 水分制限をしたり 運動量がへって 性ホルモンを減ってきて 血流を悪くなって 膿がたまってきて この症状が起きました

尿トラブルは子宮、腸、脳などの病気の初期症状として起こるケースもあります

尿トラブル予防

骨盤底筋を鍛える 快尿 タオル 運動

イスとタオルをご準備ください

1.タオルを4つ折りに丸めてロール状にする

2.椅子におきその上に座る

尿道と肛門がタオルが当たるように座る

3.足は肩幅に広げる

4.背筋をまっすぐにするように手をあげる

息を吐きながら尿道と肛門を締めて上に持ち上げるイメージで行う

5.息をすって リラックス

6.息を吐きながら尿道と肛門を締めて上に持ち上げるイメージ

7.全身の力を緩める

若々しく性ホルモンアップすると効果があります

朝から肉食

朝からステーキ

牛肉 動物性たんぱく質 亜鉛を豊富に含む

腸内環境が悪くなる可能性

食物繊維 乳酸菌などを撮ることで腸内環境の悪化をさまたげる

肉が食べれないひとは、さかなの缶詰

テストステロンの材料となる

dha epaなど の必須脂肪酸が豊富

おやつはナッツ

必須脂肪酸 亜鉛 ビタミンeが豊富

1日15分の日光浴

十分な量のビタミンdが作られテストステロンを分泌しやすいからだに

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする