健康カプセル 4/26放送 首こりスッキリ大作戦! 改善の新常識を知ろう

「首コリは首だけでなく、全身の様々な症状を引き起こします」

Q「そもそもなんで首はこるの?」

「構造上の問題です。頭が大体5㎏くらいあります。首が真っ直ぐな状態で約5kg。それは首が傾くほどに負荷がかかることになります。15度で12kg、30度で18kg、45度で22kg、そしてやりがちな(猫背)60度では27kgもの負荷がかかっているのです」

5㎏や10㎏の米袋を想像してみましょう!両手で抱えるのも苦しいくらいの重さを、この細い首が支えてくれているのです!それは凝って当然ですね…。

下を向いてスマホを操作する。よく見かける日常風景。このとき、身体にどんな影響があるのか調べてみましょう!

~実験~

①うつむき姿勢(スマホ操作姿勢)②正しい姿勢、2人の首の表面温度を測定します。

スタート時の2人の首の表面温度はほぼ同じでした。そして20分後、①うつむき姿勢の方の首の温度が低下してきました。1時間後、②正しい姿勢の方の首は温かいままでしたが、①うつむき姿勢の方の首は全体的に冷えていました。

首が冷える=血行不良

この血行不良こそが、首コリの原因だったのです!

スポンサーリンク
pr

首コリ→血行不良で首の筋肉が硬くなった状態

僧帽筋などが緊張し、縮こまると血管を圧迫し、血流量が低下。すると筋肉が酸欠で緩まなくなり、披露物質が蓄積し痛みが発生。

Qしかしどうして、首コリが全身の不具合につながるの?

首は脳と全身をつなぐ架け橋。首には神経や食道、脊髄といった重要な神経や血管が集中しています。首がこると神経や血管が圧迫され、正常に機能せずに体調不良になるのです。頭の傾きと脳への血流量の変化をみてみると、真っ直ぐな状態での血流は100%なのに対して、30度傾けると実に37%しか運ばれていないのです!

Q首コリの正しい治し方とは?

「首がこると首の後ろをもんだりたたいたりしがちですが、凝った患部だけをほぐすと筋肉の血液循環障害をより悪化させる場合があり、周囲の関連する筋肉をほぐすほうが効果的なのです!」

院長先生の一押しの首コリ改善法がこちら

ホッカイロで首の前を温める!!

念押しですが、首のうしろではなく前です!

~実験~

首の前を温めるチームと、首の後ろを温めるチームに分かれて温度変化を測定します。

開始からわずか5分で首の前を温めた方の体温が温かくなりました!一方、首の後ろを温めるチームでは温度に変化はありませんでした。さらに20分後にはその差がどんどん広がり、首の前を温めたチームは全身が温かくなってきました。

ポイントは後ろではなく、前!なんですね!!

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする