林修の今でしょう!3/17放送、講座 春に食べると体にいい「野菜」「魚介」体に良い野菜&魚最強ランキングSP

体に良い野菜&魚最強ランキングSP

春に食べると体に良い最強ランキング

まずは春に食べたい野菜

野菜の栄養の研究は近年急速に進んでいる

新発見の物ばかりでした

身近な野菜にすごい栄養が隠れていた

第8位 らっきょう

らっきょうは、食物繊維の王様

水溶性の食物繊維の王様

高血圧と便秘対策に

食物繊維は、①不溶性②水溶性があります。

水溶性の食物繊維の働き

①血糖値の上昇を抑える

②コレステロールを排出

③腸内環境を整えて便秘対策

らっきょうは、キャベツの50倍の水溶性の食物繊維を含んでいます

栄養を逃がさないらっきょうの美味しい食べ方は?

甘酢漬けのらっきょうは酢に溶けて逃げてしまう

栄養を無駄にしないポイント

旬のらっきょうは、生のままたべるか焼きらっきょう薬味などに使用する事がおすすめします

らっきょうに含まれているフラボノイドが花粉症対策になるという実験結果が出ています。

まだ動物実験の段階です

第7位 トマト

熊本県のトマトは今が旬

リコピン以外に近年の研究で発表トマトに含まれてる成分は、13オキソODAが中性脂肪を抑えメタボ対策に

抗肥満作用があるという研究結果が!中性脂肪を貯めにくくする働きがあると言われています

トマトの水溶性成分には、疲労軽減、アルコール分解を助ける働きがあると言われています

第6位 アスパラガス

2つのすごい栄養素があります

まず一つは、ルチンが豊富

ルチンは毛細血管を強化、動脈硬化対策にいいです

春のアスパラガスはルチンが4倍

もう一つすごい栄養素、グルタチオン

グルタチオンは、酸化悪玉コレステロールの発生を抑える

冷蔵庫の中での保存の仕方&調理方法で栄養が失われる

立てて保存する、炒め物にすれば水溶性の栄養素の損失が少ない

良いアスパラガスの見分け方

①穂先が締っている

②切り口が乾燥していない

第5位 グリンピース

スタミナアップのビタミンB1がニンニクの2倍

B1は、糖質をエレルギーに変えるために必要

ビタミンB1が不足すると糖質は脂肪に変わる

栄養を逃がさない食べ方は、沸騰したお湯に塩を入れて30秒茹でたら出来上がりです

第4位 たけのこ

チロシンが豊富

チロシンとは、やる気や集中力をUPに役立つ

ドーパミンなどのホルモンの材料になる物質です

チロシンは、たけのこのどこの部分に含まれているのでしょうか?

たけのこの白い点はチロシンなのでゴミだと思って洗うともったいない

チロシンを逃がさない食べ方は?

糖質(炭水化物)と一緒に食べるとチロシンの吸収率が高まる

たけのこご飯は理にかなった食べ方です

ダイエットの際には、たけのこがかさ増しが出来て食物繊維が豊富なのでたけのこご飯はダイエットに向いています

たけのこの見分け方

穂先が茶色か黄色のものを選ぶ

第3位 ふきのとう

ふきのとうに含まれているのがカリウム

カリウムは、体内からナトリウムを排出し脳卒中のリスクを下げる

高血圧を抑える効果があります

若返りのビタミンと言われるビタミンEが豊富に含まれている

苦味成分が抗酸化作用が強い食べたくなるのは体のサインです

ふきのとうの選び方

つぼみがしまっていて黄緑のものを選ぶ

おいしい食べ方は、天ぷらにする

茹でる場合は茹ですぎるとカリウムが水中に流れ出るから

第2位 プチヴェール

食物繊維がレタスの7倍

ベータカロチンがピーマンの6倍

ビタミンCがほうれん草の5倍

ビタミンEがごぼうの2倍

プチヴェールとは、芽キャベツとケールを掛け合わせて作られた栄養価の高い新野菜

王様級の栄養を持つ野菜同士を掛け合わせたスペシャル野菜

第1位 菜の花

葉酸&ビタミンB6が日本人死因 第2位心臓病 &女性がん死因 第1位大腸がんの対策に

ビタミンB6の働き

抗腫瘍作用が期待できる→大腸がんになりにくい研究結果も

葉酸、ビタミンB6は水溶性なので茹ですぎると栄養が損なう

30秒茹でて食べるのが栄養的にも味的にもおいしいです

スポンサーリンク
pr

春が旬の魚介を紹介します

夏の産卵にむけて栄養をたっぷり溜め込んでいる

美味しい 栄養満点の厳選ベスト6を紹介します

第6位 カツオ

血液の元になる鉄分たっぷりの魚

鉄分の量はマグロの2倍

鉄分の3つのメリット

①貧血

②頭痛

③肩こり

鉄分の弱点は、体に吸収されにくい

ビタミンCは鉄分を体に吸収しやすくする

カツオとレモンが最強のコンビです

第5位 ホタテ

春のホタテは身も厚く旨味もたっぷり

タウリンのメリットは?

①タウリンは肝臓の働きを高める

②記憶力アップ

③高血圧抑制

④コレステロール対策

一日2個食べればタウリンの必要量が満たされる

第4位 メバル

肌荒れ対策に、コラーゲンをたっぷり含んだ魚介

春は産卵前で栄養を蓄えていて美味しいです

①肌荒れ対策

②動脈硬化対策に期待

コラーゲンを吸収するには、ビタミンCと鉄分が必要です

メバルの塩煮付けが一番いいです

菜の花、を一緒に入れて煮つけを作るとベストです

第3位 シラス

春のシラスは栄養が高くて最高です

カルシウムが豊富です

カルシウムのメリット

①骨粗しょう症対策

②心臓を元気にする効果も期待

第2位 ホタルイカ

ビタミンAとEをたっぷり含んだ魚

①老化と戦う

②ストレス解消効果が期待

ホタルイカには活性酸素の働きを抑える

第1位 タイ

BCAAをたっぷり含んだ魚介

春のタイは桜鯛と呼ばれ美味しい時期です

運動して消耗した筋肉の疲労回復をサポートする栄養素

旬の魚を食べる意味?

日本は四季折々あって何百種類の魚がいて野菜が一杯あって米もあってその季節の物をまんべんなく楽しんで総合的に食べてれば体は健やかになるように出来ている

そういう仕組みで自然界は出来ている

必要なものをちゃんと与えてくれる

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする