ザ!鉄腕!DASH!! 「サクランボを守る!鳥対策!&福井県 越前市の魅力を伝えよう!」

サクランボを鳥から守れ!!

<出演者>TOKIO(城島茂/山口達也/国分太一/松岡昌宏/長瀬智也)

「今年はDASH島で甘いサクランボを食べよう!」

倉庫跡には「シナミザクラ」が

初夏にはサクランボが出来る

しかし、TOKIOが見たのはまだ青い実であった

天候不調は続き、全国で農作物に影響が出ている為

サクランボがまだ青いのか…

まだ青いのにも関わらず

所々何かに食べられた形跡が…

鳥対策をとることに!

1年前、ビワを鳥から守る為にとった対策をここでも活用!

マネキンを置き、ネットをはった

成長の為、ネットは緩く巻き

TOKIOが食べる分のみに対策を行った

そして、アオダイショウもいたので

蛇の力も借りて鳥対策を!

近くには「オオシマザクラ」が!

しかし、こちらは鳥に食べられた形跡がない

山口は「鳥に食べられていないってことは、美味しくないのでは?」と

実は3つの色があり、黄色、赤、紫

城島が黄色を、松岡は赤、山口は紫を食す

黄色は結構な酸味があり、赤は最初は甘酸っぱいけど苦い、紫は甘い、という結果に

松岡は「アメリカンチェリー」の様だ!と話した

こちらのサクランボは小さいし、数が少ないということでお店に並ぶことはほとんどない

ジャムなどに加工され、食べられている

スポンサーリンク
pr

福井県 越前市の魅力を伝えよう!

PR課は今回、福井県の越前市の魅力を伝えることに!

福井県と言えば…

全国の魅力度ランキング45位

北陸新幹線はまだ開通していない

子供達に「福井県はどこにあるのか?」と尋ねても

「わからない!」と言われてしまう県である…

しかし、「越前和紙」はとても有名である

5世紀の古墳時代から作られており

1500年続く和紙の町である

和紙の生産量・職人の数は日本一である

「手漉き和紙」がユネスコ無形文化遺産に登録されたが

島根県 浜田市 石州半紙

岐阜県 美濃市 本美濃紙

埼玉県 東秩父村 細川紙

越前和紙は対象外として登録外になってしまった

それは「保存会」がなかったことが原因であった

しかし、その後「越前和紙がないのはおかしい!」と電話が殺到

今年3月 和紙の保存会を設立

越前和紙の普及に取り組んでいる

和紙の原料は椿など植物の樹皮である

和紙の厚さは0.18mm

1枚7000円と高級品もある

江戸、明治時代の紙幣に和紙が使われていた程

和紙はとても寿命が長い

洋紙は10年の寿命と言われているが

和紙は1000年だと言われている

第二次世界大戦 和紙でパラシュートを作成していた

今回は越前和紙でパラシュートを作り

上空4000mからスカイダイビングを行った

地上300mで自動的にパラシュートが開くようにして

城島と身長・体重・体型が一緒の人形を使用

越前和紙は破れることなく、地上に城島人形を無事届けてくれた

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする