ガイアの夜明け 日本初レジ袋禁止条例が可決された京都府亀岡市の想いとは?

ガイアの夜明け

今回のガイアの夜明けは日本初レジ袋禁止してお店側も出さなくする

2020年12月31日の京都例年であれば正月準備で賑わう錦市場も新型コロナウイルスの影響で年末の人出は例年の半分です

こうした中、京都市の隣にある亀岡市では年明けに向けある動きがありました

夜11時ガイアの夜明け取材班が亀岡市役所を訪ねると数人の職員が集まっていました

実は京都府亀岡市では2021年1月1日から全国で初めてプラスチック製レジ袋の提供が禁止になりました

そこでトラブルなどに対処するため職員が詰めていました

ガイアの夜明けはレジ袋禁止までの600日を見続けてきました

2年前人口およそ9万人の静かな町に衝撃が走りました

店がお客さんにレジ袋を提供することを全面的に禁じる日本初の条例を打ち出したのです

スポンサーリンク

日本初レジ袋禁止が可決された京都府亀岡市の想いとは?

きっかけは市内を流れる保津川にありました

年間25万人が訪れる川下り人気の観光スポットです

保津川をよく見ると川岸の至る所にプラスチックゴミがあります

中でも目に付くのがレジ袋でせっかくの景観も台無しです

保津川で捨てられたレジ袋は淀川に流れていき最後は大阪湾に流れていき海底には300万枚ものレジ袋が沈んでいると言われていて波の力などで細かくなったものは他のプラスチックとともに生態系への影響が懸念されています

日本初のレジ袋禁止へ動き出した京都府亀岡市で住民への説明と言う重要な任務を託されたのは環境政策課課長の山内さん

同僚も一目置く山内さんをガイアの夜明けは600日密着しました

小売店にレジ袋を禁止にしたいと説明して回った時には

「二つも三つも手に提げては持って帰れないからレジ袋にまとめてあげないと

いいことですけど賛成はできません」

「上から押しつけでは市民はいう事を聞かない

レジ袋がなくなったらどうなるかを聞いてから条例案を作るならばわかる」

店の人に怒られ頭を下げる姿をガイアの夜明けは何十回と見て来ました

亀岡市の山内さん

「レジ袋禁止なんて出来るはずがないと自分の中で不安を感じて….」

そんな亀岡市の山内さんが自ら課した事は通勤途中のゴミ拾いです

レジ袋の有料化ではなく禁止で全国初の条例案を現実のものにするためには住民に理解してもらわなければなりません

レジ袋全国では去年から有料になりましたがその効果は出ているのでしょうか?

レジ袋有料化の全国海外の効果は?

松下奈緒さん

「去年の7月から始まったレジ袋の有料化どれくらいの効果があったかといいますとレジ袋の使用はおよそ70%削減されたそうです

やはりかなり減っています

他の国の状況も見てみましょう

例えばイギリス2015年にレジ袋を有料化したところ2019年には約93%削減されたそうです

日本より成果を上げています

またオランダはレジ袋1枚およそ30円にして2016年の有料化以来およそ94%の人がマイバックを持って買い物に行くようになったそうです

こうしてみるとレジ袋有料化の効果はかなり出ていますが一方でレジ袋100%削減を目指しコンビニや小売店での提供を廃止にしている国もあります

その1つがタイで去年1月から始まりました

するとレジ袋が禁止になって困ったといった人たちが旅行バッグなどで買い物に行くなどといった写真をSNSにあげるなどちょっとした騒動になったそうです

さて日本でのレジ袋禁止第一号の自治体京都府亀岡市日常的に使っていたものが急に使えなくなるなかいったいどんな事態が起こるのでしょうか」

今からちょうど1年前の2020年1月京都府亀岡市の公民館に夜八時住民が続々集まってきました

レジ袋禁止条例についての説明会です

亀岡市役所の山内さんは市内28か所全ての自治体で住民説明会をやってきました

レジ袋禁止の条例の採決は二か月後で時間はありません

山内さん

「レジ袋を断るのは誰でも出来ます

この制度の肝は消費者市民の皆さんの理解以外にはないです」

しかし住民から次々と疑問の声があがっています

「消費者ばかりに負担を求められてもと感じます」

亀岡市の山内さん

「消費者負担と言うことですが出来るだけ負担はして欲しくないです

だからエコバッグを持つとか少し考え方を変えて頂ければ

元を止めるのはすごく大事でその1つがレジ袋でレジ袋は数も知れているので削減しても効果は薄いという意見もありますがこれは意識を変えたいという思いがあります

レジ袋を考えることによってその先も考えていく方にしていきたいです

一席を投じて波紋を広げたいと思っています」

山内さん住民の方の意見一つ一つに丁寧に答えていきます

するとこんな人もいました

「プラスチックを作ったのは人間

今誰がそれをなくすかというと我々しかない」

山内さんの思いは亀岡市で暮らす人達に伝わったのか住民の皆さんのアンケートには亀岡から京都日本世界へと広げていくなど当初は反対する人も多くいましたが山内さんの地道な努力もあり約7割の市民の方がレジ袋禁止条例に賛成になっていました

亀岡市の山内さん

「手ごたえを着実に感じます

何とか皆さんの理解してもらっているのではないかと思います」

しかし小売店側にとってはレジ袋の禁止は店の売上にマイナスだと市議会に訴えています

議員たちも商店主と同様に山内さんにきつい言葉を連発ここでも集中砲火です

しかし指摘されたことのほとんどはこれまで何度も説明してきたことでガイアの夜明けが取材を始めてからでもすでに300日が経っています

その後も山内さんは粘り強く説明し亀岡市プラスチック製レジ袋の提供禁止に関する条例は議員24人全員が賛成して可決されました

しかし施行日当初の予定より半年ほどのばし2021年1月1日からとなりました

亀岡市山内さんの本当の勝負はこれから始まります

ガイアの夜明け
スポンサーリンク
ご協力よろしくお願いします。

この記事良かったと思ったら次の記事を書く励みになりますのでシェアよろしくお願いします。

shinichiをフォローする
関連記事



テレビ人気番組の役に立つ知識、情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました