埼玉飯能市は日本のフィンランド?ムーミンの物語の世界とは?

世界ふしぎ発見

今回の世界ふしぎ発見は埼玉飯能市は日本のフィンランド?ムーミン?

豊かな森ときらめく湖まるでファンタジーの世界に迷い込んだかのような場所があります

実はここは埼玉県です

近年注目の新スポットが続々とオープンしています

そのほとんどが北欧フィンランドにまつわるものです

フィンランドと言えばサウナやサンタクロースやオーロラで有名な北欧の国です

しかしある女性が

「埼玉はすごくフィンランドに似てて馴染みを感じる

心が落ち着く実家に似てる」

 

にわかに信じがたいお話しを流暢な日本語で語る女性は日本通なフィンランド出身のノーラさん

ノーラさんが初フィンランド人ミステリーハンターとしてフィンランド化する埼玉県を紹介します

実はフィンランドと埼玉をつないだのは人気者のムーミンです

早速日本の中のフィンランドと言えば東京南麻布にあるフィンランド大使館に伺いました

実はノーラさん普段はフィンランド大使館の商務部に勤務しています

日本とフィンランドの架け橋になるべく日々励んでいます

フィンランド大使にお話しを伺いました

「フィンランド大使館は一番フィンランドらしい場所だと言えます

でも今特に注目なのが埼玉県飯能市です

埼玉県飯能市はまるで故郷にいるように感じるんですよ」

 

スポンサーリンク

埼玉飯能市は日本のフィンランド?ムーミンの物語の世界とは?

にわかに信じがたい話ですが

しかしその玄関口である西武鉄道飯能駅を訪れると飯能駅構内には木材がふんだんに使われ大使館にも引けを取らないデザインです

埼玉県飯能駅フィンランド化すべく実際現地からデザイナーを呼び2019年に大規模リニューアルを行っているんです

埼玉県飯能駅だけではありません

埼玉県飯能市立図書館も2013年にリニューアルして柱や書棚に木材をふんだんに使った空間は市外から足を運ぶ人もいるほど話題になっています

フィンランドにも通ずる木のデザインを支えているのは飯能伝統のスギやヒノキと言った木材です

江戸時代の埼玉県飯能市地方から江戸へ川を使って運ばれていたため江戸の西の方の川から来る木材という意味で西川材と呼ばれるようになりました

埼玉県飯能市は市内のおよそ76%を森が占める森林文化都市でもあります

 

 

ノーラさん

「私、日本に来てからもいつも時間がある時森へ行ったりします

埼玉県飯能市もこんなに大都市の東京の近くなのに植物と緑が非常に多くて実はフィンランドも70%以上が森なので家から出るとすぐ森とか自然なのでやっぱり埼玉県飯能市とフィンランド似てるなと感じます」

 

 

埼玉県飯能市には自然の中でフィンランド流の幸せを感じられるスポットが沢山あります

8月にオープンしたばかりのノーラ名栗では森に囲まれながら楽しむ北欧風のバーベキューやフィンランド式の本格的なテントサウナも楽しめます

さらにフィンランドと埼玉県飯能市にはもう一つ共通する特徴があります

 

 

ノーラさん

「フィンランドも湖が非常に多くて18万8000以上あって」

 

 

埼玉県飯能市にも湖が沢山あるのです

宮沢湖のほとりに作られたメッツアビレッジは自然の中で北欧に流れているようなゆったりした時間を味わえるレジャー施設です

東京ドームおよそ4つ分の広大な土地をさらに進むとファンタジーの世界の入り口です

昨年3月にオープンしたムーミンの物語の世界を追体験できるテーマパークです

ムーミンバレーパークです

ムーミンの物語のシーンがよみがえってくるほど忠実に再現された建物やスポットを楽しむことが出来ます

ムーミンはフィンランド生まれの物語で自然豊かなムーミン谷を舞台に個性豊かな登場人物たちが冒険に出たり時には試練に見舞われたりしながらお互いを受け入れながら成長していく姿が描かれています

1945年に最初の小説が出版されて以降コミックスや絵本アニメキャラクターグッズなどとしても愛され続けています

 

 

ノーラさん

「ムーミンが初めてアニメ化されたのは実は日本なんです

それの逆輸入でフィンランドでも放送されて人気になりました

私も小さい頃よく見てて特に病気の時は安心感をもらえるようにムーミンをよく見ました」

 

 

 

実はムーミンの物語をテーマにしたテーマパークが作られているのはフィンランド以外では日本の埼玉県飯能市だけです

 

ノーラさん

「テーマパークであっても建物ばかりではなくて自然との調和も保っているしムーミンの世界観にぴったりなところではないかと思います」

 

 

ムーミンの世界観を作り出すこだわりは自然環境だけではありません

ムーミン屋敷はムーミン一家が暮らすとんがり屋根のお家で原作者が残した図面やジオラマを参考に忠実に再現されています

ちなみにムーミン一家の外壁も西川材です

さらにムーミン一家にある物のほとんどが作りものではなく実際にフィンランドで買い付けられたアンティークです

埼玉県飯能市がフィンランド化しているを見た感想

埼玉県飯能市がフィンランド化しているのを見て様々な日本の駅や都市は各国をイメージした駅などを本格的に作れば観光客が来るのではないかと思いました

中途半端に他の駅と同じように新しくするなら何か特徴がないと来ないので埼玉県飯能市の考えには賛同しました

小さい時ムーミンを見ていたのでスナフキンとかムーミンとかを忘れていましたが思い出しました

内容まで詳しく覚えていないので埼玉県飯能市に行ってみたいと思いました

ムーミンバレーパーク優しい気持ちにしてくれそうだと思いました

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました