カンブリア宮殿 コロナで海外旅行売上99%減のHISの現場とは?ピンチはチャンス!?

カンブリア宮殿

今回のカンブリア宮殿は、新型コロナウイルス直撃売り上げ99%減HISの現場とは?ピンチはチャンスと言う澤田社長の考えかたとは

週末の朝、新宿から出発したのはHISのバスツアーが走り出すなり

バスガイドさん

「皆さんと同じように前を向いて着席して話を進めていきたいと思います」

そんな万全の新型コロナウイルス感染対策で向かったのは緑豊かな群馬県です

しかしそこには厳しい現実が到着したのはさくらんぼ狩り農園には大粒のさくらんぼ目当てに1日400人以上が詰めかけていましたがバス二台でソーシャルディスタンスして1日に50人です

でも被害はそれだけではないです

さくらんぼ農園の方

「フルーツは日持ちがしないからダメなものは全部廃棄です

さくらんぼ沢山あるのに残念です」

スポンサーリンク

新型コロナウイルス直撃売り上げ99%減HISの現場とは?

新型コロナウイルスで大打撃を受けるなかいち早くバスツアーを再開したHISしかし担当のHIS企画の奥村さんは厳しい表情です

昼食に立ち寄ったのは毎年利用している和食店です

やはり和食店でも寂しい光景があります

HIS企画奥村さん

「例年ですとこの時期は席が満席になるぐらいお客さんが大勢来ている場所なので少ない人数になるのはそういうことが起きるということに驚いています」

HIS企画の奥村さん馴染みのスタッフに声をかけました

HIS企画奥村さん

「やっと1台バスが何とか

もっとお客さんを送れるように頑張りたいです」

和食店の社員

「あのバスは復興のバスだと思っているので

従業員に仕事がなくなってしまうのでやはり雇用の部分でも少しでも来てもらえると助かります」

しかしそんな国内より更に悲惨なのがHISの屋台骨の海外旅行です

8月HISの店舗を訪ねてみるとシーズン真っ只中にもかかわらずお客さんはいませんでした

HIS副所長

「出社人数を制限していますのでお客様の来店人数も制限させてもらっています

100席位ありますが例年の夏は全席埋まっていました」

今後国内店舗を三分の一を閉鎖します

なにしろHIS海外旅行の取扱が99%減少というとんでもない事態です

そしてHISにはもう一つ大打撃の現場があります

それが長崎県にあるハウステンボスは破綻していた所を2010年にHISが再建に着手して近年は大きな収益を生んでいました

しかしこの日ハウステンボス社長の坂口さんのオープン時の出迎えに同行すると並ぶ客はわずか2組で以前では考えられない光景です

ハウステンボスを任されて以来の赤字だと言います

ハウステンボス社長の坂口さん

「ここまでひどくなるとは思っていなかった」

ハウステンボスの園内では様々なアイデアの感染対策が行われていました

日傘をさせば自然と距離がとれると日傘ソーシャルディスタンスを推奨しています

人気のバーチャル体験アトラクションではゴーグルとの接触部分にシートまでつけて感染対策を行っていました

HISは危機的状況にもかかわらずスタッフが結集して前向きにアイデアを出し合っていました

ピンチはチャンスと言うHIS澤田社長の考えかたとは

ハウステンボス社長

「大変な時こそ部門間の壁が崩れ協力してもらうことに感謝できるしHIS澤田会長がピンチの時こそチャンスだと言っているのはうちの品質を上げるチャンスです」

そのピンチこそチャンスだと言う澤田社長がHIS本社のビルにいました

HISの社内を休む間もなく動き回り社員と意見交換をしています

今、窮地に立たされている様々な部門の悩みを聞きよどみなく指示を出していきます

HIS社長の澤田さん

「通販にはもっと力を入れた方がいいハウステンボスの商品だけでなく地元のいい商品があればそれも仕入れて伸びる所に力を入れた方がいいですね

通販が伸びるのならそこに1.5倍の力をかける

通販はまだまだ伸びると思う」

そんなHISの澤田社長はいくつもの壁を乗り越えてきました

1980年それまでなかった海外旅行の格安旅行のチケット販売でHISを創業して業界の巨人だったJTBを脅かす存在へと2005年度海外旅行取り扱いでJTBを抜き首位に成長を遂げさせ当時孫正義さんと共にベンチャー三銃士ともてはやされました

ソフトバンク孫正義さん

パソナ南部靖之さん

その後も18年連続赤字で破綻して誰もが諦めたハウステンボスの再建し半年で黒字化に成功させるなど1代で8000億企業を築き上げた伝説的経営者です

そんなHISの澤田社長に現在の新型コロナウイルスの現状を聞いてみました

HIS澤田社長

「今までいろいろな危機がありましたがアメリカ同時多発テロ.SARS.湾岸戦争とかいろいろ危機はありました

ただ危機の度に我々はパワーアップしてきましたから今回大きな危機なのでパワーアップも大きいのではないかと思います

大きな危機の分だけ反転も大きいでないんですかね」

大ピンチに見せる笑顔こそHIS澤田社長の真髄です

実際新型コロナウイルスの感染拡大にも負けずHISで急激に売り上げを伸ばすビジネスがあります

5年前から展開してきたホテル事業で省力化にいち早くロボットを活用してきたHIS澤田社長です

変なホテルです

実はそのロボット事業が企業の在宅勤務の一般化で引っ張りだことなっています

大手保険会社のアフラックを動きまわるロボットはHISの子会社が販売するロボットtemiです

モニターに映っているのは在宅勤務中の課長さんです

このリモートロボットを使えば在宅勤務でもまるで社内にいるかのように部下を管理することが出来ます

操作もスマホで簡単で自宅から画面を見ながら自由自在にtemiを動かすことができます

アフラック課長さん

「使ってみて一番いいところは会議以外の時間

会社の様子がすごく気になっていました

このtemiを使って時間を共有することが出来てとても助かります」

HIS澤田社長にとってまだまだビッグビジネスの種はいたるところに転がっているのだと言います

今回HIS澤田社長の話を聞いて常に成長し続けることがいかに大事かを学びました

そしてリスク分散をしてどのような時代が来ても成長出来るように景気が良い時代も悪い時代も多種多様に企業としての成長し時代に負けない企業を作ることの大切さを教えて頂きました

大手企業が多様な企業を買収するのはリスク分散するために必要なことだと感じました

不景気な時こそ企業を買収しやすくチャンスなのだと思いました

いまはまだ株価が下がっていませんが年末か年度末までには株価が下がると思うのでそこが生き延びていく企業にとってチャンスなんだと思います

カンブリア宮殿
スポンサーリンク
ご協力よろしくお願いします。

この記事良かったと思ったら次の記事を書く励みになりますのでシェアよろしくお願いします。

shinichiをフォローする
関連記事



テレビ人気番組の役に立つ知識、情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました