ガイアの夜明け 日本初コロナ専門病棟に潜入!第3波に備えていた

ガイアの夜明け

今回のガイアの夜明けは、第3波に備える戦い日本初コロナ専門病棟に潜入

スカイツリーのお膝元東京都墨田区9月1日区役所の職員が集まり何かを作ろうとしています

取り囲んでいるのは大きな生地です

大きな生地に空気を入れていくと巨大なテントが出来上がりました

何に使うのでしょうか?

墨田区保健所長の西塚医師

「臨時のPCR検査外来のエアテントです

いつ何十人何百人分の検査が必要になるかわからない出来るだけ多くの職員にテントの建て方を覚えてもらいます」

PCR検査が出来るエアテントの中は仕切りを立てれば2人同時に検査可能で1日最大100人PCR検査調べられます

東京都墨田区ではすでにPCR検査が出来る場所は7か所ありますがここまでする必要があるのでしょうか?

墨田区保健所長の西塚医師

「今後ウイルスが強毒化することも考えられるしもしかしたら第3波の方が大きいかもしれない

その為にはPCR検査体制を今のうちに強化しておかないといけない」

東京都の新型コロナウイルスの新規感染者は8月1日の472人をピークに減少傾向にあります

しかし東京都墨田区は警戒を緩めないといいます

4月に地元の中核病院で集団感染が発生したからです

この日幹部職員や区長が集まる緊急会議が開かれました

新たなリスクの発生です

墨田区保健所長の西塚医師

「墨田区の感染者数は、どんどん減っている状況ではないのでまだ予断を許さない

段々家族内感染が広がっています」

家族内感染が目立ち始めていました

これ以上クラスターを増やさない為に東京都墨田区が用意したのは大量の食品や日用品でした

墨田区職員

「家に食べ物がなくなると買い物に行きたくなってしまう気持ちがあります

そうした事がないように」

自宅療養者が外に出ない様に生活必需品を1週間分ずつ治るまで無料で届けることにしたのです

墨田区職員

「秋冬はどうなるか読めないですが今から感染拡大の芽を一つでも減らしていく

そうしたことで感染拡大を減らしていきます」

一方神奈川県鎌倉市にある施設が出来ました

仮設住宅のようなプレハブが建ち並んでいます

パイプもむき出しです

病棟職員

「手前は個室が並んでいて奥が大部屋が二つ大きくわかれています

基本的には全員新型コロナウイルス陽性の患者さんしか入らないです」

スポンサーリンク

第3波に備える戦い日本初コロナ専門病棟に潜入

実は、神奈川県鎌倉市にあるこの施設は日本初の新型コロナウイルス医療施設です

第2波に備え作っていたもので8月には127人が入院したといいます

建物はプレハブですが中に入ると最新機器がずらりと並んでいます

まさに新型コロナウイルスと戦うための最前線基地です

病室を映したモニターを見ると何かが動いています

実はこの機械ANAのグループ企業が開発した遠隔操作ロボットのニューミーです

遠隔操作ロボットニューミーは離れた場所にいる人とでも顔を見ながら密にコミュニケーションを取ることが出来ます

患者さんとの接触を減らすことが新型コロナウイルスのリスクを抑える一番の策です

看護師さんに代わって医師の回診にもついていきます

看護師長

「患者さんの顔も見えるし表情を確認しながら感染ゾーンに入らなくても状況が把握出来るのはいい所だと思います」

湘南鎌倉総合病院で受け入れているのは周辺の医療機関で陽性と診断された中等症の患者さんだけです

湘南鎌倉総合病院は重症化を抑える防波堤でもあります

病棟の前で撮影していると次々と患者さんが来ます

ストレッチャーで運ばれてくる人や車椅子の人や歩いてくる方もいます

同じ中等症でも人によって症状が違うことがわかります

湘南鎌倉総合病院の常勤医師の曾田医師は三カ月で150人以上の患者さんを治療してきました

曾田医師

「今まで経験したことがない新しい病気を診ている感じはします」

曾田医師は5月までベトナムのクリニックで勤務していました

しかし新型コロナウイルス危機に際し日本人の為に働きたいと志願してきたのです

曾田医師

「世界を変えてしまったウイルスに対してただハノイで黙って見ているよりはすごく中心に飛び込んでみたかったです」

曾田医師患者さんの診察に向かいます

感染リスクが最も高いレッドゾーン

曾田医師にカメラを託し撮ってもらうことになりました

廊下の両側に処置室や病室が並んでいます

8つのプレハブから作られた病棟はベッド数は180で病棟のおよそ8割が完全に隔離されたレッドゾーンです

曾田医師が向かったのは患者さんをみる処置室で先ほど歩いてやってきた女性がいました

曾田医師

「いつから症状が出ましたか?」

患者さん

「昨日の昼に何となく熱を測ろうと思って測ったら37度7分で糖尿があります」

糖尿病は新型コロナウイルスを重症化させる可能性が高いと言われる病です

この日20人以上の患者さんを診た曾田医師はタブレット端末で何かを始めました

画面に写し出されたのはレッドゾーンの外にいる看護師です

二人の距離は目と鼻の先ですが感染防止を徹底するためオンラインでやりとりをします

この施設を作ろうとしたのは緊急事態宣言が出された直後の4月13日神奈川県の主導で急ピッチで建てられました

新型コロナウイルスとの戦いは長くなると第2波が来ることを予測して作られたのです

5月18日には運用開始しました

診察を終えた医師たちが集まっていました

寒くなった時の再流行を懸念していました

「1月2月にインフルエンザのように波が来る可能性を考えないといけない

冬になった時に患者さんが増えてくると思う」

これまで経験した事のない新型コロナウイルスとの戦い気を緩めるわけにはいきません

曾田医師

「まだまだ新型コロナウイルスの感染者増加の波は収まらないと思うので終わりの見えない戦いが始まったばっかりだと思います」

私達が知らない所で国や県や医師団体は動いてくれていたことがわかりました

そして今も戦い続けてくれている事にも改めて気が付きました

新型コロナウイルスを気にしなくて生活出来るようにいつ戻れるのかわからないですが私が出来る事はマスクや手洗いをして人に感染させない事を継続して続けることだと思います

世界中と以前のように交流が出来る世の中に少しでも早く戻れることを祈りたいと思います

ガイアの夜明け
スポンサーリンク
ご協力よろしくお願いします。

この記事良かったと思ったら次の記事を書く励みになりますのでシェアよろしくお願いします。

shinichiをフォローする
関連記事



テレビ人気番組の役に立つ知識、情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました