月曜から夜更かし 嫁ニーの1億円返済プロジェクト新店舗開店まで

月曜から夜ふかし

今回の月曜から夜更かしは、

嫁ニーの1億円返済プロジェクト

お馴染みの嫁ニーこと平良司さん37歳

二ヶ月前嫁ニーの元を訪ねると大きな問題が起きていました

嫁ニーさん

「恩納村の店が閉店することになって」

居酒屋の経営者でもある嫁ニー

しかし新型コロナウイルスの影響で今年の春にオープンした2号店はあえなく閉店しました

それに伴い新たに銀行に借り入れた現在の嫁ニーの借金総額は1億円です

明るく振る舞う嫁ニーだがもちろん時には不安にもなります

嫁ニー

「収入がほとんどないので通帳見るたびに不安しかない

ピンチはピンチです

大ピンチです

でもチャンスですねチャンスに変える気満々」

スポンサーリンク

嫁ニーの1億円返済プロジェクト新店舗開店

そこで立ち上げた嫁ニーの借金返済プロジェクト

嫁ニー1億円返済プロジェクトの目玉は沖縄国際通りに新たにお店をオープンしました

嫁ニーは自ら借金返済だけではなくとにかく沖縄に笑顔を取り戻したいと思っている嫁ニーです

まずは月曜から夜更かし放送の反響を聞いてみると

嫁ニー

「あの両親は全く借金の金額知らなかったのでテレビ見て1億円借金あるのってなって

ビックリしてました

実際1億円って自分でもヤバイと思って借入表見て資料作って見たら実際1億1600万円ありました

ハハハハ

増えてました

でもあれを見て逆にやる気がめっちゃ出た」

オープン1週間前嫁ニーにはやることが山積みでした

この日はまず例の入り口のパネルを作成

嫁ニーの型をとって作成しました

さらに洗濯機が届きました

嫁ニー

「洗濯して乾燥して2時間くらいコインランドリー感覚で飲みに来られるって本当に洗濯カゴ持って来る人が来たら面白い」

コインランドリーシステムも現実になりました

しかし

嫁ニー

「今気が付いたことがある

このコインランドリー靴専用ですね」

嫁ニー痛恨のミス

嫁ニー

「でも靴ってなかなか家で洗わないですよね

逆にいいかもしれない

靴専用って初めてじゃないですか」

嫁ニーのすごい所はミスも即座にポジティブに変換します

月曜から夜更かしスタッフ

「厨房の中にあるデカイ靴なんですか?」

嫁ニー

「ただ面白くて」

これはただのミス

この日は実家を訪れた嫁ニーです

いつも大事なことは両親に相談します

嫁ニー

「名前も今日決まって

ニューオキナワっていう店名になりました

新しい沖縄をこれから発信していこうとか今までの沖縄も出しながらって意味でのニューオキナワっていう店名で」

嫁ニー母親

「いいよね

これからの沖縄を今コロナで沈んでいるのを元気にしていくネーミングなのかな」

母ニーお墨付きの店名はニューオキナワに決定

月曜から夜更かしスタッフ

「今二人は司さんの会社で働いているんですか?」

母ニー

「そうですね」

嫁ニー

「海ぶどう屋さんで店舗に母ちゃんが立って父ちゃんが海ぶどうの仕入れ配達です」

母ニー

「働かせてもらっています

給料もらっています」

親子であり社長と従業員という関係性それもあり

父ニーと母ニーは嫁ニーの事業がうまく行くことを願っています

月曜から夜更かしスタッフ

「お父さんお母さん、母ニー父ニーって呼ばせてもらったんですけど気分害されてないですか?」

母ニー

「いや全然沖縄の県知事もデニ―だから

ハハハハ」

月曜から夜更かしスタッフ

「それとは違うじゃないですか」

母ニー

「玉もついてるし玉城だし

出るのか出ないのかわかんないデニー」

次はオープン5日前アルバイトの面接です

嫁ニー

「将来居酒屋開業を目指してる」

アルバイト面接の方

「そうです、平良さんの元で学びたいのが一番の理由です

なのでここ以外では働こうと思ってなくて開業するまでは

沖縄が大好きとか笑顔にしたいとかそういうのも共感してそういうのも含めて学びたいです」

面接が始まると熱すぎる思いを伝えられる嫁ニー

嫁ニー

「OKです  あっ採用です」

わずか三分で採用決定しました

アルバイト面接の方

「頭が良い方なのかなとか思って

恩納村店も開業してすぐ閉じられたりそういう経営判断とかも素晴らしい方だなっていうのは印象にありますね」

月曜から夜更かしスタッフ

「経営判断を尊敬してるって嫁ニーのこと言ってましたよ」

嫁ニー

「だけど1億円借金してるハハハハ」

オープン2日前具体的に1日いくら売り上げればいいのか専門家に相談に来ました

まずは嫁ニーが手掛けている事業のカウンセリング

嫁ニー

「じなんぼうが月500から800万が月の売り上げになります

海ぶどうが月に100万円くらいです」

とはいえこれは新型コロナウイルス以前の売り上げで4月5月の売り上げは0です

6月以降も前年の30%ほどに落ち込んでしまっています

カウンセリングの方

「じなんぼうと新しい店が0の場合毎月の赤字は330万円」

そんななか最近嫁ニーが着手したのが黒い濃い人関連の通販事業です

嫁ニー

「波があるんですけど直近だと月300万円

やりはじめなんですけど自社サイトと楽天サイトをオープン予定で準備しています」

その他にもこれから手掛ける予定なのが沖縄老舗パン会社と共同で黒い濃いパンの商品化です

製麺所とコラボして沖縄名物の入ったオリジナルパスタの開発さらにシークワーサージュースの開発グラスのデザインも嫁ニーのオリジナルです

嫁ニーは新店舗以外にもめちゃくちゃ精力的に動いていました

常にビジネスチャンスをうかがっている嫁ニーでした

カウンセリングの方

「コロナで休業している間に通販の事業とか事業展開を多角化していく所そういうセンスが良いと思います

流石に10年間飲食店経営しているほんとにしっかりとした経営の方かなというふうに私からは見受けられます」

厳しめですが初日15万円の目標を言われました

しかし沖縄緊急事態宣言が発表されオープンが伸びてしまいました

8月7日時短営業でオープンしました

初日の売り上げは5万2833円でした

新型コロナウイルス影響をもろに受け売り上げ達成は出来なかったです

嫁ニー

「またみんなでワイワイ出来る日が来ると思うのでその時まで頑張ってお店続けていきます

また沖縄で待ってます」

以上が苦しい船出となったニューオキナワ初日でした

嫁ニーは諦めず常に前向きにやってる姿を見て励まされました

前向きに生きてる嫁ニーには是非とも成功してもらいたいと思いました

月曜から夜ふかし
スポンサーリンク
ご協力よろしくお願いします。

この記事良かったと思ったら次の記事を書く励みになりますのでシェアよろしくお願いします。

shinichiをフォローする
関連記事



テレビ人気番組の役に立つ知識、情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました