カンブリア宮殿 漁師応援プロジェクト!コロナの影響の中売り上げ回復した方法とは?

カンブリア宮殿

今回のカンブリア宮殿は漁師応援プロジェクト!コロナの影響の中売り上げ回復した方法とは?

都内にお住まいの蛯原さんのお宅では御馳走の準備の真っ最中です

その食卓にはウニやエビがてんこ盛りで豪華です

この日蛯原さん宅では結婚記念日のお祝いです

新型コロナウイルスの影響の為、外食を控えているので今年は自宅でご馳走を楽しむことになりました

ご馳走の中には大きな北海道産の毛ガニもあります

実は夕食から遡ること5時間前蛯原さんの自宅に宅急便が届いていました

中身は夕食で食べていた毛ガニなど14種類で海鮮はネット通販で購入したのです

14種類で2万1200円です

蛯原さん

「相当ものがいいです

銀座の寿司屋で出すような品質です」

スポンサーリンク

漁師応援プロジェクト!コロナの影響の中売り上げ回復した方法とは?

今回蛯原さんが購入したサイトは羽田市場です

三年前カンブリア宮殿にも登場した地方で獲れた魚を東京に集めている会社です

その羽田市場が今年5月インターネット通販をスタートしました

実はこの羽田市場のサイト誰でもネットショップが作れると話題のBASEです

羽田市場がBASEで出したネットショップは110万店の中で総合ショップランキングトップになっています

人気の秘密はその安さです

蛯原さんも買った毛ガニは紋別のカニ茹で名人が手がけた極上品それが通常価格の半額で6900円です

生ウニ100グラムもほぼ半額の2000円で購入した人たちは大興奮です

この新ビジネスは実は新型コロナウイルス危機をきっかけに誕生しました

今回は窮地に追い込まれても変化を恐れず立ち向かう食の勇者に注目します

まずは今から3年前神奈川県川崎市武蔵小杉そのビルの一角にお正月長い行列が出来ていました

このお店は関東に9店舗展開する回し寿司活です

安くて美味しいと評判ですがお客さんには更にお目当てがあります

今朝上がったばかりの朝獲れで食べれる品質の良さです

朝獲れのタイは普通のタイよりコリコリした食感が楽しめます

生きのいいタイの握りが二貫で一皿300円で朝獲れの魚の握りは早い者勝ちであっという間になくなりました

この真鯛を運んできたのが羽田市場です

料理長

「羽田市場は漁場から直接持って来るので鮮度が確立されています」

そんな羽田市場の拠点は羽田空港の中の貨物ターミナルの一角にあります

ここに全国55か所の漁港からその日の朝に獲れたおよそ200種類もの魚が毎日届いています

しかしどうやって朝獲れの魚を全国から東京までその日のうちに持ってきているのでしょうか?

北海道北東部の紋別市では朝4時半にオホーツク海で仕掛けていた定置網に魚が沢山かかっていました

今回羽田市場が狙っていたのはカレイです

北海道はカレイの水揚げ日本一なかでも紋別のカレイは味が良く紋別カレイというブランドになっています

朝6時に港で降ろされた紋別カレイは産地市場の競りを通さず直接トラックに乗って紋別漁港を出発し向かった先は高速道路ではなく空港です

鮮魚の流通は通常陸送ですが羽田市場はその常識を覆し空輸しています

紋別空港を飛び立った紋別カレイは2時間後羽田空港の貨物ターミナルにある羽田市場に運びこまれました

すると休むまもなく紋別カレイは他の魚とともに箱詰めされ羽田市場では一匹売りはせず商品は詰め合わせのみです

中身は日によって違いますが5kgの魚が入って1万円です

このセットが1日平均1000店舗にスピード配送されています

午後5時過ぎに紋別カレイが羽田市場を出発そして午後6時到着したのは銀座の海鮮居酒屋の魚然銀座八丁目店でした

紋別で水揚げしてからまだ12時間で鮮度が良く届いた紋別カレイは刺身となってお客さんに出されました

カレイは足が早いので煮付けや唐揚げにすることが多いですが朝獲れだから刺身で食べれます

通常の流通では魚は水揚げされてからお客さんが口にするのは3日目の魚です

羽田市場は鮮度で圧倒的な差がつくのです

羽田市場の箱には魚の水揚げ港.産地.生産者.漁法まで明記しています

羽田市場の新しいビジネスは2017年から3年間で売り上げは倍増順調に来ていましたが今年3月新型コロナウイルスの影響から魚の値段が急落して漁師さん達の収入も激減しました

羽田市場の野本さんは漁師さんの生活を守ろうと国や銀行から1億円以上借金して魚を買い取り冷凍させてました

ところが4月に入ると居酒屋など飲食店が次々と営業を自粛して羽田市場の取引先も魚を買ってくれなくなりました

羽田市場の野本さん

「1か月で600万円しか売り上げがないです

去年は1億数千万円を売っていました」

4月下旬の羽田市場の倉庫買い取った魚で一杯になり売り先もなくこのままでは廃棄するしかない状況しかも緊急事態宣言真っ只中でした

羽田市場の野本さんは少しでも売りたいとネットを検索そこで見つけたのが誰でもタダでネットショップを開けるBASEでした

5月羽田市場は一般客が買えるサイト「漁師さん応援プロジェクト」を立ち上げました

「最初は宅急便で1日に1.2箱送る程度と予想していました」

サイトの売りはプロが使うグレードの高い商品を一般のお客様に業者間価格で販売することです

すると巣籠需要のなかで噂が広まり新型コロナウイルスの前の売り上げ月1億円に迫る7500万円を叩き出したのです

羽田市場の野本さん

「こんなに早く在庫がなくなるとは夢に思わなかったです」

漁師さんから感謝の声が届き更に取引のなかった漁師さんから自分の魚を売って欲しいという声が殺到しました

カンブリア宮殿
スポンサーリンク
ご協力よろしくお願いします。

この記事良かったと思ったら次の記事を書く励みになりますのでシェアよろしくお願いします。

shinichiをフォローする
関連記事



テレビ人気番組の役に立つ知識、情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました