カンブリア宮殿 瞬足だけでない会社アキレスとは?新型コロナウイルス対策でおなじみの製品

カンブリア宮殿

今回のカンブリア宮殿は新型コロナウイルスとの戦いを陰で支える意外な企業を紹介します

ジェクサー.ライトジム高円寺店は今月営業を再開したスポーツクラブです

再開初日から多くの人が訪れています

しかしまだまだ油断大敵で様々な対策をとっています

ジムの入り口にサーモグラフィーを設置してお客さんの体温を測ったりジムのスタッフがお客さんの手を消毒しています

更にこのジムではある秘密兵器を導入しました

抗ウイルスシートです

この抗ウイルスシートには銅の粒子が練り込まれた特殊なシートでウイルスを減らす効果があります

抗ウイルスシートにインフルエンザウイルスを付着させた顕微鏡写真を見ると1時間でウイルスを99.99%以上減らすことが出来ました

新型コロナウイルスへの効果は、まだ実証されていないですが多くのお客さんが触る場所に抗ウイルスシートを貼っています

筋トレマシーンの上にも貼ってタッチパネルもシートの上からでも反応します

抗ウイルスシートは、どこが作っているかというとアキレスという会社です

スポンサーリンク

カンブリア宮殿瞬足だけでない会社アキレスとは?新型コロナウイルス対策でおなじみの製品

一方都内の病院では院内感染を防ぐために屋外に設置したテントがあります

この医療用テントもアキレスが作っています

医療用テントは新型コロナウイルス感染が疑われる患者さんの問診や待合室に使用しています

しかもただのテントではないです

このテントは生地を熱と圧力で接着していて縫い目がないので気密性が高いです

これに気圧を下げられる特殊な空気清浄機を接続して汚染された空気が外に拡散するのを防ぎ感染防止に役立っています

そんなアキレスの本社は東京都新宿区にあります

ショールームを覗いてみますと靴が一杯並んでいます

アキレスと言えば靴で有名なのが瞬足で最大の特徴は靴底です

左右が非対称になっています

これは大抵のコースが左回りのためコーナーを曲がる時、踏ん張れて早く走れます

運動会でヒーローになれると子供たちに大人気となり累計7000万足も売れました

ショールームに一人の男性がやってきました

すると電球を何かで挟んで木槌で本気で叩きました

しかし電球が割れませんでした

この実験を行ったのがアキレス社長の伊藤守さん

電球を挟んでいたのはウレタンでした

ウレタンとはプラスチックの一種で石油由来の2種類の物質を化学反応させるとガスを発しながら膨らみます

反応のさせ方で様々なものが出来ます

硬いものから軟らかいものまで自由自在です

ソルボセインというアキレスが開発したウレタンは通常の物資は分子同士が強く結合していて力は分子の列に沿って一方向に伝わります

一方ソルボセインは分子同士の結合が緩く力はその隙間に分散していきます

伊藤守社長

「アキレスの技術は素材を新しいものに変えて特徴のある製品を作っていくことです」

アキレスの製品は実は新型コロナウイルス危機をきっかけに私達にすっかりおなじみになっています

コンビニなどのレジの前に取りつけられている飛散防止シートです

一部の店で導入されているのがアキレスのシートです

このシートは優れた特性があります

通常のビニールシートは火がつくとあっという間に燃え広がりますがアキレスのシートは防炎加工してあるため燃え広がりにくいです

生活の身近なところでもアキレスの素材が使われています

去年4月にオープンした東急プラザ渋谷にあるアキレスの店の主力はやっぱり靴です

売れ筋はかかとにソルボセインが入った靴です

かかとへの衝撃が少なく疲れにくいと40代から50代の女性を中心に売れています

靴だけではないです

ベッド用のウレタンマットレスは寝心地がいいだけじゃないです

マットレスの中に熱を出し入れするカプセルが入っています

布団の中が暑い時はカプセルが熱を吸収して涼しくします

逆に寒い時はためた熱を放出して暖かくします

実はアキレスベッド用のウレタンマットレスでトップシェアです

更に車のシートに使われる合成皮革や台所のスポンジまでかつて主流だった靴部門の売上はわずか16%になっていました

靴16%

壁紙プラスチックフィルムなど 47.9%

断熱材.ウレタンなど35.8

アキレスは様々な素材で生活を支える企業なのです

さらにゴムボートまで作っています

去年の台風19号をはじめ最近多発する豪雨被害で救助に使わるのがアキレスのゴムボートです

消防や警察や海上保安庁などが使うゴムボートのシェアはアキレスがトップです

その理由は岩や瓦礫にこすれても破れない丈夫さです

また老朽化したインフラの補修にもアキレスは一役買っています

2014年からの5年間で実施されたトンネルの補修工事は全国で1163件で高度成長期から50年以上たったトンネルの老朽化が大きな問題になっています

その補修工事の一部にアキレスの膨らむとすぐ固まるウレタンが使われています

トンネルと山の間にできた空洞にウレタンを注入して補強して崩落を防ぎます

コンクリートで埋める従来の工法と比べて作業員は半分工期は3分の1で済みます

そんなアキレスは新型コロナウイルスの第2波を見据えています

試作品だが頭からかぶれるタイプの防護服です

材料が厚手になっていて穴が開きづらくさらにミシン目があって引っ張ると破れて脱ぎやすくなっています

実際に使ってもらうとミシン目以外で破れてしまい改良が必要でした

数日後アキレス本社で防護服改良の会議に社長の伊藤守さんの姿がありました

持てる技術で社会問題を解決するのがアキレスの使命だと伊藤守社長は言います

カンブリア宮殿
スポンサーリンク
ご協力よろしくお願いします。

この記事良かったと思ったら次の記事を書く励みになりますのでシェアよろしくお願いします。

shinichiをフォローする
関連記事



テレビ人気番組の役に立つ知識、情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました