月曜から夜更かし 品が無さ過ぎる便器ソフトクリーム問題とは?

月曜から夜ふかし

今日の月曜から夜更かしは

続いてはコロナ裏のニュースを調査した件

連日新型コロナウイルス報道一色だがその裏では様々なローカルニュースが起きています

まずはコロナで髪を切りにいけない問題です

そんな中原宿にある理容室があるサービスを開始しました

MR.BROTHERS CUT CLUB原宿2ND

それがリモートカットです

お客さんにテレビ越しにカットをアドバイスをします

お客さんが用意するものはバリカンとドラッグストアなどで買える普通のハサミです

だが本当に遠隔で髪が切れるのでしょうか?

そこで検証してみました

自粛で髪が伸び切ったADさんをさっぱりとかっこよくしてもらいました

いざリモートカットスタートです

今回は、いかつめスタイルを目指します

ADさん言われたとおり真っ直ぐバリカンを入れました

繊細なアドバイスでカットを誘導して刈り上げ終了まで10分で横をバリカンでカットしました

その後はハサミでカットです

店長

「クシの下を手で持ってもらってハサミでバッサリ切ります」

店長も人形を画面越しに同じように切ってくれています

細かい指示を受けながらハサミで切る事15分

果たしてどんな仕上がりになったのか

結果は若干の粗さはありますが、このサービスは無料です

興味がある方は是非試してください

スポンサーリンク

品が無さ過ぎる便器ソフトクリーム問題

品が無さ過ぎるソフトクリームが売られているのが山梨県清里高原にある清里レストラン&コテージ睦です

そのソフトクリームの名前は

開うんク.ソフト(チョコ味)

清き里に似つかわしくないビジュアルハエまでたかる念の入れようです

ソフトクリームの下は便器の形をしています

月曜から夜更かしスタッフはなぜこんなものを作っのか伺いました

経営者

「お隣のテナントさんでウケを狙って売られていたんですけれども閉店することになって引き継ぎませんかって言われかなり悩みました

品が良くないので」

しかし、二人の不安をよそに開うんク.ソフトが大ヒットしました

連日開うんク.ソフト目当てのお客さんが後を絶たないです

しかし実際食べ進めると下品の極みで便器がチョコで汚れています

続いては

強引すぎる語呂合わせ問題です

以前月曜から夜更かしでは語呂合わせが強引なラーメン屋さんを紹介しました

電話番号 42(ラーメン) 5450(オイシイワ)

と読ませていました

全く語呂合わせになっていません

だが日本全国にはまだまだ強引な語呂合わせが横行しています

長崎県にある散髪屋さんの語呂合わせ

4402と書いてサンパツ

理由を聞いてみました

「父が理容師をしていて看板屋さんが勝手に作ったみたいなんです

今となっては謎なんです」

今は散髪屋をやっていなくて雑貨店だというカオス

さらに東京都世田谷区のイタリアンレストランカゼウズマキ

6450-7221と書いて

さあいこううずまき

ホールマネジャー

「本当に無茶苦茶だけどとりあえず覚えてもらおうっていうのでオーナーがつけたみたいなんで

もう語呂とか関係なかったみたいです

僕今ここ3年目なんですけどまだ電話番号をちゃんと覚えてないですね」

夜更かし的在宅クッキングからです

新型コロナウイルスの影響で自宅にいる時間が多くなる中これまで月曜から夜更かしに出演頂いた皆様へのせめてものお礼ステイホームが少しでも楽しくなるように美味しい食材をお届け月曜から夜更かし的在宅クッキングです

今回の食材は伊勢海老です

実は今、旅館などの休業によって旬の伊勢海老が大量に余っているという事態に陥っています

そこで伊勢海老を月曜から夜更かしで購入してお届します

まずは千葉のローカルスターでジャガー星人のジャガーさんです

とれたてを築地から配送しているため鮮度は抜群です

ジャガーさんはジャガーカレーを作るようです

ジャガーカレー

①伊勢海老を捌く

ジャガーさん

「ジャガー星では伊勢海老は海にいません

お空を飛んでいます

ですからジャガー星で伊勢海老を獲る時には網で引っ掛けてとるわけでございます」

ジャガーさんは味にとことんこります

クミンや聞きなれない調味料を20種類をミキサーで混ぜ合わせ豪快にお鍋へぶち込むだけで調理は完成しました

そして煮る事30分

出来上がったのは怪しげな伊勢海老カレーでした

ジャガーさんは美味しいといって村上さんに食べてもらいたいそうです

次にサッカー地域社会人リーグ盛岡ゼブラの熱狂的ファンの斎藤晃さんと母のつや子さんのクッキングです

ちなみに息子の料理の腕前は普段から母親に任せっぱなしの斎藤晃さんでした

だが本日は一味違います

実は先日母のつや子さんの70歳の誕生日でした

そのお祝いを兼ねて料理を斎藤晃さんが自ら料理をすることを志願しました

母つや子さんはサポートします

早速調理開始しました

たどたどしい手つきの息子と心配する母の共同作業です

さばいた伊勢海老はみそ汁に

母親

「何分ぐらい茹でるの?」

斎藤晃さん

「何分くらいってそういう風に時計決めない事」

何とか出来上がりました

月曜から夜ふかし
スポンサーリンク
ご協力よろしくお願いします。

この記事良かったと思ったら次の記事を書く励みになりますのでシェアよろしくお願いします。

shinichiをフォローする
関連記事



テレビ人気番組の役に立つ知識、情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました