がっちりマンデー ショッピングモールだけでよくみるお店「久世福商店」の儲かる秘密とは!?

今回のがっちりマンデーの注目記事は、ショッピングモールだけでよくみるお店「久世福商店」の儲かる秘密とは!?です

今日のがっちりマンデーはショッピングモールだけでよく見るお店です

街中ではほとんど見かけないのにショッピングモールの中だとなぜかやたら目につく店があります

これだけショッピングモールがあるってことは儲かっているに間違いない

当然ショッピングモールで儲けるための秘密があるはずです

やってきたのは神奈川県川崎市にあるショッピングモールのグランツリー武蔵小杉です

ショッピングモールだけでよくみるお店は

久世福商店

久世福商店は72店舗中9割以上の66店舗をショッピングモールに出店しています

お店で売っているのは静岡県産の万能だしや千葉産のさんまのつくだ煮など久世福商店ブランドの日本各地の和風な商品が並んでいます

久世福商店はかなりのスピードで出店しているそうです

5年間で70店舗出店しています

何故儲かるか社長に聞いてみました

「ショッピングセンターは日本のものを集めているお店がなかったんです

海外のものを揃えているお店はありました」

言われてみれば確かにショッピングモールっていうと海外の美味しい商品を集めたお店はあるけど和の食材の名品を取り揃えたお店は意外となかったです

そこで久世福商店はショッピングモールに狙いを絞って日本中のちょっといい食品のお店をどんどん出店しました

するとこれが大当たりしました

それにしても久世福商店ブランドの商品がありますけど、こんなにたくさんの商品をどうやってつくっているのでしょうか?

社長

「バイヤーが日本中まわってメーカーを訪ねて商品開発をしています」

スポンサーリンク
pr

久世福商店の商品は久世副商店が自分で作るというよりは日本各地の地元メーカーさんに作ってもらっています

社長

「地方には本当にいいものがたくさんあるが、ですけどそれをどうやって世に広めていいかわからないメーカーが結構たくさんあります

それを久世福商店がちょっとグレートアップさせて美味しく見栄えもよくして売っています」

そう久世福商店の作戦は地方にある物はいいのに売り方がイマイチで売り上げがパッとしないそんな隠れた原石を見つけて売れるように手直しをするというものです

例えば屋久島で地元メーカーが作っていた鯖を薫製にした鯖スモークという特産品は鯖を前面に出したパッケージから女性が好きなスモークを目立たせたデザインに変更商品名にはさば節屋と加えてさりげなく老舗感をアピールしました

すると全国のショッピングモールを中心に15万パック以上売り上げる大ヒットになりました

そんな久世福商店の商品作りで一番大事な役目になるのが地方の隠れた名品を見つけ出すバイヤーさんです

6人の社員バイヤーが原石を見つけ出し次々と改良に取り組みヒット商品を生み出します

今回地元メーカーとのやり取りの現場に特別に見させてもらうことになりました

今回は新潟の漬物メーカーに今ある商品の新しい味を追加したいので開発と商談に行きます

今回は新潟県の上越市で地元メーカーが販売していた野沢菜の漬物を久世福商店がブランディングしたねばねば昆布です

昆布と野沢菜のねばねばした食感が人気を呼び累計販売数は200万個を超える大ヒット商品です

今回はその新しい味を販売するということで地元メーカーさんのオフィスで相談します

池田バイヤーさんが見つけたのが新潟県の特産品神楽なんばんという唐辛子です

これをねばねば昆布に混ぜるというのが新商品のアイデアです

地元メーカーさんの方で神楽なんばんの比率を変えた3種類の候補を用意して頂きました

2%

3%

5%

果たして池田バイヤーの答え?

「比率5%が一番配合が多くて辛味はあるけどやっぱりもっと特徴を際立たせたいっていうのがあります

この5%の倍ぐらい思い切って入れて欲しい」

なんと池田バイヤー一番比率の多いサンプルのさらに倍の量を提案しました

しかし地元メーカーは神楽なんばんの確保が500キロしかない

含有量を増やすと出荷量が半分になってしまう

池田バイヤー

「久世福商店は全国の皆様に一番美味しいものをお届することを使命で考えてやっています

数量限定で販売すれば全然問題ないです

ぜひ含有量が多いそちらでチャレンジできればいいです」

地元メーカーさんも納得して次回神楽なんばんの唐辛子の含有量倍のサンプルを作るとの了解を得ました

久世福商店の年間売り上げは47億円もちろん商品が売れれば地元メーカーさんもwinwinってことで久世副商店と地元メーカーはがっちりです

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする