林修先生が驚く 初耳学!美味しいマカロンは買う前に見分けられる!?

今回の林修先生が驚く 初耳学!の注目記事は、美味しいマカロンは買う前に見分けられるです

2018年フランスのパティシエが続々と日本出店の裏事情とは!?

ここ1年で都内に初上陸したフランスのスイーツ店は何と10店舗です

フランスの一流パティシエが東京を狙う意外な理由とは?

その理由はSNSのセンスの良さです

東京は美食の街でレベルが高い

日本のスイーツ市場規模は2兆円を超え中でも東京は舌の肥えた消費者が多くSNSで口コミが世界中に発信されます

スイーツに対して世界一厳しい東京で成功する事が本場フランスのパティシエの間でステータスになっています

だからこそ現在映画化され話題になっているフレンチの巨匠アランデュカスもショコラ専門店をオープンするなど日本に今注目が集まっています

①美味しいマカロンは買う前に見分けられる

マカロンを作れないと一人前ではないと言われパティシエの腕がわかると言われている難度の高いフランス菓子です

わずかなミスも許されない繊細なスイーツですが一流パティシエが断言します

美味しいマカロンは見ただけでわかる

美味しいマカロンの見分け方のポイントははみ出した部分です

世界中のマカロンブームの火付け役ピエールエルメパリでその調理工程を見てみると

まずはメレンゲと粉糖などを滑らかになるまで混ぜ合わせ一口サイズに絞り出します

表面を乾燥させてオーブンへ入れます

約20分かけて焼き上げます

側面に膨らんだところがポイントです

実は、膨らんだ所には「ピエ」という正式な名前が付けられるほど重要な部分です

このピエを見れば一流マカロンかわかります

美味しいマカロンを見分けるポイントは側面にあるピエです

ピエは生地に含まれていた空気がはみ出したものです

生地の温度や混ぜる時間の管理が適切であれば約2mmのピエが出来ます

毎日安定したピエが出来る事が大事です

さらに店頭に並ぶマカロンのピエの出方が一定であればパティシエの腕が一流という証です

失敗作をみるとピエがまったくでていません

ピエが出ていないマカロンは内部が空洞になり食感もスカスカです

美味しいマカロンの見分け方は均一で約2mmのピエがあるかどうかです

ちなみに北海道土産の定番白い恋人もホワイトチョコがはみ出ていますが実はこれはマカロンと違う理由ではみ出しています

開発当初クッキーでチョコをサンドするとクッキーの端が崩れてしまうという問題発生しました

そこであえてクッキーを支えるためにわざとチョコをはみ出させ割れにくくしました

スポンサーリンク
pr

②今航空業界で異変が起きています

これまで不動の花形職業といえばキャビンアテンダントでしたが中高生の職業人気ランキングでそれを抜き去ったのがグランドスタッフです

グランドスタッフとは空港での搭乗手続きや機内への誘導など出発前の様々なサポートを行う地上業務のスペシャリストです

今回はそんなグランドスタッフの意外な初耳学を紹介します

JALのグランドスタッフは5200人です

実はグランドスタッフ5200人の頂点を決める接客スキルコンテストが毎年開催されています

JAL5200人の頂点に輝いたのが永見愛理さん25歳

入社わずか3年で乗客の対応とアナウンス力が評価され日本一に輝いたのです

長時間乗客と接するキャビンアテンダントと違い短時間で印象に残る接客を求められるのがグランドスタッフの仕事です

グランドスタッフは乗客と対面する仕事が多いのですが発券作業の視線を見てみると7割以上が下を向いています

その際乗客から一番よく見えるまぶたを綺麗に印象づけるためにまぶただけ化粧を濃くして美しく見えるようにしています

さらにグランドスタッフといえば、乗り遅れそうな乗客を探し出すのもグランドスタッフの仕事です

ここにも初耳学があります

端から端まで1キロもある空港内をたった4人のスタッフで5分以内に乗客を探し出すという雲をつかむような作業です

しかし乗客の特徴で探す場所が決まっています

中国籍の方が多い路線だとギリギリまで買い物をしているお客様が多いそういう所を重点的に探しています

ビジネスマンならパソコンの充電ができるラウンジ、化粧直しをすることが多い女性ならトイレなど国籍や年齢、性別など乗客のパーソナルデータを基にいそうな場所の目星をつけます

このように経験とデータ5分もあればほぼ発見できるそうです

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする