未来世紀ジパング ヨーロッパで定年後に移住したい国ナンバーワンのポルトガルとは!?

今回の未来世紀ジパングはヨーロッパで定年後に移住したい国ナンバーワンのポルトガルとは!?です

人気急上昇住みたい国ポルトガルです

まず住みたい国として世界から熱い視線を注がれるポルトガルどんな魅力が詰まっているのか見てみましょう

雲一つない青空、ポルトガルの首都リスボン

魅力その1は天気です

1年の7割以上が晴れと温暖で過ごしやすいです

二つ目の魅力はノスタルジックな歴史ある街並みです

急な坂道も路面電車で快適、更に街を彩るカラフルな建物はポルトガルならではです

建物にはアズレージョという伝統的なタイルが使われています

人口1000万人のポルトガルに今、世界中から観光客が殺到しています

日本人の人気も急上昇中です

「安全だし物価が安くてすごく新日の国と聞いた」

行列が絶えない人気スポットがあります

世界遺産のジェロニモス修道院です

大航海時代に築いた巨万の富を湯水のごとくつぎ込み300年の歳月を経て完成しました

ポルトガル建築の最高傑作です

修道院の目と鼻の先にはまたしても長蛇の列です

並んでも食べたいポルトガル名物パステル.デ.ナタ

日本でも人気のエッグタルトです

一つおよそ150円で1日2万個以上売れています

あまたあるタルト店の中でもダントツの人気です

創業180年愛され続ける秘密はすべてが職人による手作業です

実はこのエッグタルトお隣の修道院で作っていた秘伝のレシピを引き継いでいるといいます

味の決め手がカスタードクリームです

卵の味が濃く他ではまねできないと言います

「レシピは門外不出です

知っているのは世界で3人しかいません」

ここでしか食べられない究極のエッグタルトともいえます

ポルトガル滞在中何度も買いにくる観光客がいるというのもうなづけます

更にスイーツだけはないです

ポルトガルはグルメ大国でもあります

予約でいっぱいの地元の人気店オーナー

「ポルトガル人は本当にたくさんのシーフードを食べるんだよ」

ムール貝の酒蒸しやタコのオリーブオイル漬けといった定番はもちろん名物はタラ料理です

コロッケの中にすり身が入っています

そんな旅したものは皆魅せられるというこの国に去年なんと移住してしまった超セレブがいました

世界的ポップスターの女王マドンナです

去年9月ポルトガルリスボンに移住してきました

サッカーが大好きな息子のため、あのクリスティアーノロナウドを輩出したサッカー大国への移住を決めたといいます

長男デヴィッド君は現在名門クラブでプレー中です

マドンナ自身も新たな創作意欲がわいてきているようです

一度訪れたら住んでみたいと思ってしまうポルトガルはヨーロッパで定年後に移住したい国ナンバーワンに輝きました

そんなポルトガルへの移住者第1位がフランスです

フランス人のパスカルさんに聞いてみました

どこが魅力ですか?

パスカル

「天気ね

いつも最高よ」

パスカルさんは現在公務員として市役所で働いています

ラブラブな夫婦のあとをついていくと広い敷地に到着しました

日当たりのよい広々とした空間にダイニングとリビングご自慢の部屋というのがプレールームです

ビリヤード台もあります

夫のロジェリオさんは弁護士です

寝室にはなぜか日本刀があります

夫婦そろって日本旅行が大好きです

今では時間の余裕もできたという

奥さん

「フランスは競争社会なのよ

昼も夜も働いてばかりだけどポルトガルに来たら全然違ったわ

あと一番は治安ね

フランスは心配だけどポルトガルは安全

家や車にも鍵をかけたことなんて一度もない」

スポンサーリンク
pr

ポルトガルは治安が良いです

世界平和度指数2018では世界4位です

ちなみに日本は9位です

そしてパスカルさんフランス時代には考えられなかった生活を楽しんでいるといいます

新たな趣味は乗馬です

更に家の裏に広がっていたのは自慢のぶどう畑です

ワイン好きが高じてぶどう作りから始めたといいます

ワインセラーの中には過去に作られたワインが沢山並んでいました

いつも自家製のワインで乾杯をして夢のようなポルトガルでの移住生活です

実は経済的なメリットも大きいと教えてくれました

「移住してくる人は知り合いにもたくさんいるよ

10年間年金には税金がかからないっていうのがとても大きいんだ」

それが年金にかかる所得税の免除です

EU圏内からポルトガルに移住した場合10年間税金がかからないのです

こうしたメリットが外国人移住者を呼び込んでいます

「パリではテレビやラジオ雑誌でも毎日ポルトガルの話題ばかりよ

ポルトガルは本当に外国人に優しいの

ここは幸せを現実に出来る国」

街の風景、気候、食全部求めるものがそろっていてしかもEU加盟国なのでインフラの整備もされているのに安いです

マドンナさんはゴールデンビザを取得して移住しました

ゴールデンビザとは4500万円以上の不動産を購入してそして年間2週間くらい滞在これを5年間続ければ永住権がもらえるということです

人気の国の永住権を取るにはどのような条件があるのか?

ポルトガル 最低金額 4500万円

マレーシア 最低金額2億2000万円

シンガポール 最低金額2億円

ハワイ 最低金額 1億4000万円(現在は約5500万円に改正が検討中)

オーストラリア 最低金額1億2000万円

日本人の方が多く行ってるイメージがありますがこれは永住権なのでマレーシアの場合は特別長期滞在ビザみたいなものがあってそれで行かれてる方が多いみたいです

しかしゴールデンビザは特別なものです

ポルトガルはEU加盟国なのでEU以外の国から移住した人にとってはポルトガルで永住権を獲得出来れば実はEUの中のどこにでも住めるわけです

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする