ガイアの夜明け シャープは2年で720億円の黒字新たにペット家電に参入していた!?

ガイアの夜明けの注目の記事は、シャープは2年で720億円の黒字新たにペット家電に参入していた!?です

7月25日大阪長居Jリーグセレッソ大阪のセレモニーです

チームのエンブレムとともに描かれていた文字はシャープです

他にも場内の至るところでシャープの文字があります

シャープは今年Jリーグのチームと創業以来初のスポンサー契約を結びました

昨年度は720億円の黒字になりました

急速に業績を回復していたのです

更に利益の拡大に向けて新たな手を次々と打ち出しています

6月11日は新製品の発表会です

シャープ長谷川専務

「国内では1800万頭以上の犬、猫が飼育されています

今回ペット事業へ参入することにしました」

大手家電メーカーとしては初めてペット事業への進出を発表したのです

第一弾として発売されたのは一見ごく普通の猫のトイレです

実は、猫の健康状態を24時間モニタリングできるというペット専用家電です

トイレはそのまま複数のセンサーと通信機能を内蔵した機械につながっています

猫が用を足すたびに体重や尿の量などを計測します

その結果を飼い主のスマートフォンに知らせてくれます

更に貯まったデータを人工知能が解析し病気の予兆と考えられる変化を察知すると飼い主に異変を知らせてくれます

ペットケアモニター 価格は24800円

年間3万台の販売を目指すといいます

シャープ長谷川専務

「2020年度に約100億円の売り上げ規模に持って行くのが目標です」

ペットケアモニターは鳥取大学との産学連携で開発されました

専門家たちはペットの先にある巨大市場も見据えています

鳥取大学農学部 岡本教授

「画期的だと思う、世界にない

獣医の中で積み重ねた技術が人に応用できればいいことだと思います」

スポンサーリンク
pr

健康データの解析技術が進めば人間への応用も可能に、大きな可能性を秘めています

7月下旬大阪府八尾市にあるシャープ

この日社員に来年度の目標が示されました

シャープ長谷川専務

「新たな市場に入っていくのであれば、その市場を変えるゲームチェンジをできるような商品作りをしませんか?」

売り上げ目標は昨年度の1.3倍の3兆2500億円を目指すシャープ

人工知能とインターネットを駆使した商品の強化を掲げました

2015年6月

当時のシャープ高橋社長

「業績は2014年後半に入り厳しさを増しています」

ガイアの夜明けでは3年前およそ2000億円の赤字を抱え経営再建に苦しんでいたシャープを取材していました

人員削減の裏で奮闘する現場の社員たちに密着しました

しかしその1年後自力での経営再建を断念し台湾の鴻海精密工業の傘下に入ったのです

鴻海精密工業はアップルなど各国の大手企業から電子部品の製造を受注する世界有数の企業です

その鴻海精密工業がシャープ再建のため社長として送り込んできたのはグループナンバー2の戴 正呉氏でした

鴻海精密工業の傘下で経営再建に動き出したシャープをガイアの夜明けは2年間にわたり取材を続けていました

ガイアの夜明けスタッフ

「シャープに入って一番変えたいと思っている部分は?」

シャープ社長 戴 正呉

「実際技術者はよく頑張っている

技術もあります

みんな毎日一生懸命に頑張っています

でもなぜか、こういう実績

やっぱりリーダーシップの問題

すぐ黒字になりますから」

カメラの前で宣言したとおり就任後すぐに黒字化を実現した戴 正呉社長です

戴 正呉社長は、この2年間社員に社内文書として送り続けました

ビジネスプロセスを抜本的に見直す

コスト意識を大幅に高める

更には信賞必罰の人事を徹底する

十分な成果を出せない場合にはマネージャーは降格も辞さないとしました

社員に厳しい方針を徹底する戴 正呉社長です

その一方で側近の一人の長谷川専務は意外ないちめんを明かしました

「飛行機で一緒に移動した時はビジネスクラスかなと思ったらエコノミークラスに乗っていました

シャープに来てからずっと寮生活をされている

シャープの社員寮ですよ

シャープの社員寮に社長が住むなんて今までなかったことです」

社員に厳しい姿勢を求める一方で自らも実践していたのです

シャープ長谷川専務

「シャープの企業価値が上がることによって鴻海精密工業の収益が上がる

イコールだと

シャープの利益を一番に考えて鴻海精密工業と話しをされている」

外国人経営者の元で生まれ変わったシャープは、これからどこへ向かうのか?

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする