この差って何ですか?全国で一番速いウォータースライダーは?時速65キロ

今日のこの差って何ですかの注目の記事は、全国で一番速いウォータースライダーは?時速65キロです

まずは

実験してわかった真夏に気になる差です

①ワキの汗ジミが一番目立たない素材とは?

今回の実験に用意したのは

綿

シルク

ポリエステル

の4種類です

今回はそれぞれ素材100%のシャツを用意しました

さらに汗ジミが目立つようにグレーで統一しました

そして個人差がないように同じ人にそれぞれシャツを着てもらいました

汗の変わりに霧吹きで三回水を吹きかけました

30秒間生地に水がなじむように脇をしめてもらいました

その後脇を上げてもらいどれくらい汗ジミが出来たのか測定します

汗ジミの大きさを正確に測るために用意したのは3Dレーザースキャンです

カメラで撮影した汗ジミの表面積を即座に計測して数値化することが出来るのです

果たして一番汗ジミが目立たない素材はどれなのでしょうか?

1位 ポリエステル1.1㎠

2位 シルク 3.5㎠

3位 麻 4.7㎠

4位 綿 22.7㎠

一般的なポリエステルは吸水性がゼロです

4種類の繊維の断面を見てみると綿と麻には繊維の真ん中に穴が開いておりシルクには真ん中に隙間があるため繊維の中に水が吸収されるのですがポリエステルの繊維に穴や隙間がないそのため繊維の中に水が吸収されにくいのです

だからポリエステルが汗ジミが一番小さかったのです

スポンサーリンク
pr

気になる差、全国で一番速いウォータースライダーは?

ウォータースライダーの最大の魅力はスピードです

猛スピードでおりるそのスリルが人々を虜にするのです

今回は全国のウォータースライダーで速そうなものを計測してみたいと思います

スピード計測方法は最もスピードが出ると言われるゴール地点です

スピードガンで計測します

1 福島県いわき市 スパリゾートハワイアンズのビッグアロハ

全長283メートル

浮き輪を使わずに滑るスライダーでは日本一の長さを誇ります

さらにスタート地点の高低差はビル10階に相当する40.5メートル

高低差も日本一です

計測結果は最高時速44キロ

2.静岡県掛川市 つま恋リゾート彩の郷 スピードスライダー

全長65メートル

スタート地点の高さは15メートル ビル4階相当

まったくのカーブなし

最大の特徴はコース中にある2つの山です

スタート地点以外にも2回落下することでスピードが加速するのです

計測結果は最高時速45キロ

3.三重県桑名市 ナガシマスパーランドフリーフォールスライダー

全長100メートル

スタート地点の高さは23メートル ビルの6階相当

一番の特徴は日本最大級の傾斜角60度です

ここを一気に直線急降下します

計測結果は最高時速65キロ

一番速かったのは時速65キロを出した三重県桑名市 ナガシマスパーランドフリーフォールスライダーでした

次は外国人がわからない日本の差です

①仏壇は低い場所、神棚は高い場所にあるこの差は?

仏様を祀っている仏壇は基本的に座って拝みます

なので低い位置に置いてあります

そもそも仏壇というのはお寺のミニチュア版です

お寺のお坊さんは本堂でお経を詠むときは必ず座って拝みます

なぜ座る必要があるかというと仏様を拝む際、仏教で最も丁寧な礼拝方法の1つ五体投地というのがあります

頭、両肘、両膝を地面につけます

このように仏教では座って拝むことが礼儀とされているので仏壇を拝むときも座って手を合わせて頂くといいです

神棚が高い場所にある理由は

神様は我々人間よりも位の高い存在です

なので人間の頭よりも神様を上にお祀りするのが礼儀です

立って拝むとき人間の頭よりも上となるとおのずと神棚は天井近くの高い位置になるのです

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする