林修の今でしょ!講座 お酢は血糖値、血圧を下げ内臓脂肪を減らす

今日の林修の今でしょ!講座は

林修の今でしょ!講座 お酢は血糖値、血圧を下げ内臓脂肪を減らす健康長寿がよく使うお酢ベスト5です

弱点がないスーパー食材の存在が明らかになりました

それが、お酢です

お酢は熱にも強くどんな料理でも栄養を損なわないです

欠点らしい欠点が見当たらない名医絶賛の最強調味料です

しかも血糖値、血圧を下げ内臓脂肪を減らす驚きの栄養パワーが隠されていました

実はお酢は種類によって体に与える効果が変わります

健康長寿の食べ方を参考にお酢の使い分け術を徹底的に学びます

お酢は最強だった!

お酢の効果を感じるには1日おおさじ1杯ぐらいとれば良いです

少ない量でこの栄養効果が得られるのもお酢のすごいところです

健康長寿がよく使うお酢ベスト5

1位 黒酢

2位 穀物酢

3位 米酢

4位 リンゴ酢

5位 バルサミコ酢

お酢が最強というからには、どんなお酢にも必ず入っているある成分が私たちの体を老けさせないんです

それが

酢酸です

スポンサーリンク
pr

お酢に入っている酢酸ですが3つの効果が期待できます

1.血糖値を下げる

2.血圧を下げる

3.内臓脂肪を減らす

血糖値とはそもそも何なのか?

血糖値とは、食物が体の中に入って来ます

それがいろいろ消化酵素などで分解されまして小腸の中でぶどう糖になって体中に吸収されます

体中に行きわたったブドウ糖が血糖なんです

筋肉や臓器のエネルギーの元になります

大切なんですけど、なぜ血糖値が高いと体を老けさせるかというと

食後の短時間だけ血糖値が急上昇し血管に負担をかけてしまいます

これを血糖値スパイクといいます

この血糖値を下げるために、膵臓からインスリンが分泌されます

インスリンとは血中のブドウ糖を今度肝臓や筋肉やいろんな脂肪組織などに取り込ませるような働きをしています

それで血糖値が下がっていきます

インスリンが出るのが遅れたりあるいは出なかったりすると血糖値がずっと高い状態になってしまうんです

それが糖尿病です

膵臓の機能が弱まるなどでインスリンの分泌が減少すると血液中の糖分が増え過ぎ血流が悪化します

そうすると脳梗塞や心筋梗塞などの病気を引き起こす原因になってしまいます

そこでお酢の効果が効果的です

お酢を料理に取り入れることで血糖値の急上昇を抑えることが出来るというのです

2つの目の血圧を下げる働きについてです

アデノシンです

お酢の酢酸が体内に入ると細胞がアデノシンを分泌してくれます

アデノシンが血管を広げて血流をよくしてくれます

しかしアデノシンはずっと取り続けないとダメなんです

続いては内臓脂肪を減らしてくれる働きとは?

AMPKです

生活習慣病の高脂血症やメタボは内臓脂肪と関係があります

脂肪を減らすことが健康長寿の秘訣です

AMPKは内臓脂肪を減らしてくれる夢のようなパワーがあります

AMPKは脂肪を出来るのを邪魔をします

さらに脂肪を燃焼させる働きもあります

2つのメカニズムで脂肪を減らしてくれます

しかし現在は皮下脂肪を減らしたというデータは無いです

実はAMPKは運動をした時に活性化する一つの酵素です

運動した時にも出てくるんですけどお酢をとるとより効果的に出て来ます

お酢だけに頼らず健康的な食生活を続けることが何よりも大事です

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする