爆報!THEフライデー ギャル曽根のライバル大食い三宅智子は今?

今日の爆報!THEフライデーは、ギャル曽根のライバルだった大食い界の美女エステ三宅は今?

2006年「元祖!大食い王決定戦」でギャル曽根のライバルとしてあらわれた美女がいました

三宅智子さん

当時22歳です

もともとエステティシャンとしてサロンに勤めていた三宅智子さん

大食いらしからぬスリムな体と美貌を生かしてグラビアにも挑戦して大活躍でした

しかし、大食いブームの衰退と共にテレビ出演は激減しました

いつしか表舞台から姿を消しました

大食いブームから12年

大食い好きをいかしてお店を大繁盛させているとの情報が入りました

都内の八百屋さんを訪れると大量の食材を買いこむ女性がいました

三宅智子さんです

スリムで美しい姿は当時と変わらないが今も大食いなのでしょうか?

三宅智子さんが開いたお店に案内してもらうとやってきたのは東銀座です

お店の中をのぞくとお客さんで大繁盛です

実はこのお店三宅智子さんの地元岡山料理の専門店です

店の名物は、ままかりを酢漬けした郷土料理やポークカツにデミグラスソースをかけたB級グルメなど、ご当地ブームもありだ相人気です

三宅智子さんは大食いブームのあと、エステティシャンを退職して自分で飲食店を出したいという夢を持ち数々のお店で修業して4年前に銀座の一等地にオープンしました

オーナーでありながら1日9時間料理運びから洗い物までこなし年商3000万円の人気店にしました

スポンサーリンク
pr

まだ三宅智子さんは大食いなのか?

夜11時店が終わり賄いの時間、なんとご飯6人前を温玉めしや唐揚げなど6人前以上ある食事を15分で完食してしまった

三宅智子さんは、夢を実現し充実した生活を送っているように見える三宅智子さん

しかし三宅智子さんの口から思いもよらない言葉が出ました

「4月末でお店を閉める」

繁盛店を閉めると言う

その裏には三宅智子さんが抱える家族の大問題がありました

三宅智子さんは3年前に結婚をしました

バー経営の夫、ヨシトモさん34歳です

そしてもうすぐ2歳になる一人息子の巧君です

三宅智子さんは都内のマンションで3人暮らしをしています

しかし息子の巧君にある問題があります

巧君は三宅智子さんの呼びかけに反応しません

そこには原因があります

去年の12月に手術をしました

昨年巧君は頭蓋骨の病気がわかり緊急手術をしました

昨年10月に巧君の1歳半検診のためにかかりつけの病院を訪れると医師から頭のサイズがちょっと小さいと言われました

このとき巧君は平均より3センチ小さく生後半年ほどの大きさでした

その後すぐに専門の医師がいる病院に行き検査を行いました

結果は、頭蓋縫合早期癒合症でした

新生児に起きる先天性の病です

通常赤ちゃんの頭蓋骨は成長する脳のために複数の骨に分かれくぼみが出来ています

だが生まれた時に頭蓋骨がくっついているのが頭蓋縫合早期癒合症です

脳の成長を頭蓋骨が邪魔をして知的障害が残る可能性が高いです

通常1歳までに手術すれば後遺症は残らないです

しかし巧君は、1歳8か月でした

三宅智子さん

「仕事をしていると子供と話したりする時間も少なかった

早く気づけたんじゃないか申し訳ない」

息子の巧君への後悔を口にする三宅智子さんです

実は夫婦そろって飲食業に携わり夜遅くまで働きづめで巧君を預ける家族も近くにいないため店の厨房に巧君のベビーベットを設置して毎日巧君を連れて出勤していました

仕事と育児を両立してきたつもりだったがあまりの忙しさに巧君の異変を見逃してしまった

病気判明後巧君は緊急手術をしました

頭蓋骨を切り離すだい手術を行いました

頭蓋骨の手術から4か月三宅智子さんは大人気の店を閉める決断をしました

その理由は

「息子ともっと一緒に過ごしたい」

これからは巧君に話しかける時間を増やし巧君も話をしてくれる姿をみたい

そんな思いを感じるのか最近巧君は

三宅智子さんの声に笑顔で応えようとわずかな言葉を口にし始めたのです

三宅智子さんは何よりも大切な息子の成長を見守り共に生きていく覚悟を決めたそうです

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする