プレバト俳句才能ランキング 第二回俳桜戦またも東国原英夫2連覇!

スポンサーリンク
pr

今日の俳句の才能ランキングは、9人の名人特待生だけの「俳桜戦」です

今日の夏井先生からのお題は

「桜と富士山」

日本を象徴する二つです

まず4位から発表です

特待生2級の三遊亭円楽さんです

「銭湯で 花見の日取り 決まりけり」

下町の社交場は銭湯で富士山が後ろに書いてあって咲いたね飲みに行こうかって話を

夏井先生の添削

「銭湯で 決まる花見の 日取りかな」

ポイントは、桜を詠むか富士を詠むかです

桜だけを詠むか富士だけを詠むか桜と富士両方を詠むかがポイントです

続いては8位の発表です

特待生4級の千原ジュニアさんです

「噺家が 魅する桜と 富士の山」

夏井先生の添削

「米朝の 語る桜と 富士と空」

ポイントは虚構には映像を補足する

この俳句の桜と富士は落語家が語っているもので本当の景色のような鮮やかさはないです

しかし空を足すだけで読み手には情景が浮かびやすくなります

続いては7位の発表です

特待生2級の中田喜子さんです

「逆さ富士に目 桜鱒 天めがけ」

夏井先生の添削

「逆さ富士 ゆらぐや 桜鱒跳ねる」

ポイントは誇張し過ぎないです

続いては最下位の9位の発表です

特待生5級の松岡充さんです

「啓蟄や 花びらも食べ 空も食べ」

夏井先生の添削

「花びらを食べ 空を食べ 未来へと」

続いては5位の発表です

名人2段のキスマイ横尾さん

「もの思うこと 忘れおり 花衣」

夏井先生の添削

「やるべきを 忘れ 花衣のうつつ」

続いては3位の発表です

特待生1級のキスマイ千賀さんです

「乙女座の スピカ流るる 花吹雪」

夏井先生の添削

「乙女座の スピカよ 花吹雪流るよ」

続いては6位の発表です

名人8段のFUJIWARA藤本敏史さんです

「肉食の フェンスの施錠 山ざくら」

夏井先生の添削

「肉食獣の フェンスの施錠 山ざくら」

ポイントは言葉のイメージは変化する

肉食だけで肉食獣を読み手が想像するかは吟味が必要です

辞書で書いていても時代は変化する

肉食女子など最近では使われている

続いては2位の発表です

梅沢冨美男さんです

「空のあお 富士の蒼へと 飛花落花」

夏井先生の添削

「直し必要なし」

続いては1位の発表です

3度目の1位 東国原英夫さんです

「花震ふ 富士山 火山性微動」

富士山は霊山で火山です

今、日本中はいろんなところで火山があって活火山なんです

何百年に1度噴火しています

それを護っているのが浅間神社です

さくやがさくらになった

桜が富士山を護っている

その桜がもうすぐ富士山が爆発するかもって火山性の微動で教えてくれている

夏井先生の添削

「直しなし、これが1位だよ認めよう」

俳桜戦を2連覇した東国原英夫さんでした

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする