フリースタイルダンジョン。呂布カルマがチャレンジャー龍道を粉砕。

スポンサーリンク
pr

過去にドロップアウトして賞金を獲得した龍道が登場

過去にモンスター3人を倒し、賞金30万円でドロップアウトした実力者龍道がチャレンジャーとして再び登場。
先ずは最初のバトルの相手は内弁慶のモンスター崇勲が登場。
前回はチャレンジャーに痛恨のクリティカルヒット負けを喫しているだけに気合いの入る一戦。
まずはファーストバトルは3対2の接戦でチャレンジャー龍道が勝利。
今一つ波に乗れていない崇勲。
前回のクリティカルヒット負けがまだ尾を引いているのか?モンスターである以上一戦一戦切り替えなければいけない。
セカンドバトルは崇勲がキレを戻し、3対2の接戦を制する。
ここまでの戦いは互角。
初代モンスターとなにかと比較される2代目モンスター。
初代モンスター陣の方が強かったと言う人も多い。
ファイナルバトルで崇勲は4対1で敗れた。
これが波に乗れない内弁慶と言われてしまう由縁とも言える。
流石に過去に賞金をドロップアウトで持って帰った事だけあってチャレンジャー龍道はしぶとい。

鋼鉄の心臓・呂布カルマが2戦目の相手

崇勲が内弁慶と言われているのとは対照的に更迭の心臓を持つ男呂布カルマが登場。
ファーストバトルは呂布カルマが4対1と圧巻のラップを披露し、クリティカル寸前まで迫る。
流石は鋼鉄の心臓を持つ男だけの事はある。
2代目モンスターの中では強さは6人の中で1・2を争うと言われているだけの事はある。
ラスボス般若をそう簡単には引っ張り出す訳にはモンスター陣としても許されない。
注目のセカンドバトル。
ここでも終始軽快にラップを進める。
龍道も反撃のラップを仕掛けるが明らかに呂布カルマが優位にセカンドバトルを立ち回った。
ジャッジは4対1で呂布カルマが勝利し、チャレンジャー龍道を粉砕した。
崇勲の失態を呂布カルマが帳消しにした格好となった。
フリースタイルダンジョンの面白い所はいかにチャレンジャーがラスボス般若戦まで行けるかが醍醐味の1つでもあるが、モンスター達が最高のパフォーマンスを演じて挑戦者を粉砕するのも見どころの一つ。
今回はモンスター呂布カルマの圧巻のパフォーマンスが光輝いた。

チャレンジャー龍道2代目モンスターには通用せず。

初代モンスターを3人倒し、あと1人倒せばラスボス般若戦まで行けたところでまさかのドロップアウトした龍道。
今回は2代目モンスターの前に苦戦を強いられた。
特に2戦目で敗れた呂布カルマは2代目モンスターの中でも強く勝つのは簡単な相手ではない。
今回は呂布カルマが終始圧倒した。

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする