特ダネ急転直下の森友学園問題。遂に佐川国税長長官が辞任

スポンサーリンク
pr

遂に佐川国税長長官が辞任。内閣に激震

特ダネ急転直下の森友学園問題。遂に佐川国税長長官が辞任です。
佐川国税庁長官が理財局長時代に関わった森友学園問題で、昨日(3月11日)電撃辞任しました。
こうなると厳しい追及を受けるのは、佐川元国税庁長官と、麻生太郎財務大臣そして安倍晋三首相に野党が厳しく追及する事が確実です。
やはり森友学園問題は本来の土地の評価価格より大幅な値下げを政治的圧力で安くしたのか?もしそれが事実だと、内閣に与えるダメージはとてつもなく大きなものになってきます。
佐川元国税庁長官が理財局長時代に不正に関与したのか?誰の指示で文書を改ざんしたのかが争点になります。
この機密文書にはかなり怪しいものがあります。
疑惑の追及はどこまで与党に野党はかける事が出来るか?これは野党に取っては倒幕の千載一遇の大チャンスがやってきました。
国会での答弁が虚偽であれば、大問題です。
昨夜の麻生太郎財務大臣は会見で相変わらず余裕を見せていましたが内心はどうなのか?分からない部分があります。
かなり焦っているのか?それとも全くこの程度ではビクともしないのか?
どちらにしても真実は近いうちに真相は分かります。いかに野党が攻め切れるかがカギです。

安倍首相の責任はどこまで

森友学園問題は、以前から胡散臭い話ではありました。
籠池被告が企んでいた悪だくみが全て暴かれる事になります。
今回は佐川元国税庁長官が辞任しています。
流石に良心の呵責に耐え切れなくったのではないでしょうか?
国会で、内閣は総攻撃を野党から受ける事になります。
安倍首相は本当に絡んでいないのか?絡んでいたら、総理の職を辞すとまで語っていた安倍首相。
このまま何とか窮地を脱出することができるのかどうか?
完全に野党対与党の壮絶なバトルに発展することは間違いありません。
この時期に佐川元国税庁長官が辞職をしたのは安倍内閣に取ってはかなりの痛手を被りました。
ここまで来たら、野党が押し切るか?与党が踏ん張るかの勝負です。
野党は論客を送り込んで来る事が予想されます。
に佐川元国税庁長官が辞任した事によって、公人から私人になりました。
私人になったので、参考人招致をしにくい状態にはしましたが、野党はお構いなしで要求すると思います。
今回の問題は籠池被告のでたらめな発言から混乱を招き、今回の様な深刻な事態に陥っています。
森友学園問題は間違いなく政治的な圧力があったのは間違いありません。
窮地を安倍内閣は脱する事ができるかに注目です。

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする