馬好王国・絶好調コジハルの3連単5頭ボックスはだいたい当たる

スポンサーリンク
pr

3年プラス収支を逃した昨年

馬好王国・絶好調コジハルの3連単5頭ボックスはだいたい当たるが絶好調です。
2015年・2016年と年間プラス収支を残したコジハル3連単です。
中には15万馬券をヒットさせ、余裕綽々で年間プラス収支を決めた2015年は鮮やかな年です。。
そして2016年もほぼ同じ回収率で2年連続プラス収支で終え、3年連続プラス収支を狙った、昨年は後半戦大失速し、マイナス収支になってしまいました。
なかなか、競馬はプラス収支を3年連続出すことは難しいです。
しかもコジハルは元々は競馬素人でしたから、ビギナーズラックがあったのも否めないです。
しかし、ビギナーズラックがあったとしてもしっかりプラス収益にするのですから大したものです。
AKB48を卒業してからの方が伸び伸びと活動していますね。
そこに来て、競馬番組のレギュラーに抜擢され、この企画はスタートしました。
3連単5頭ボックスなら大体あたる~は実は60点買いなんです。
つまり最低レートの1点100円賭けでも6000円は最低かかります。
ここをどうとるかですね。12000円の万馬券を取っても回収率は200%です。
コジハルファンの方々はそれでもついて行きます。
回収率200%でも大したものですが、2015年・2016年の回収率は114%前後でした。

3週連続的中と現在絶好調のコジハル

現在3週連続的中と飛ぶ鳥を落とす勢いのコジハルですが、競馬の場合少しの要素で結果が変わることがよくあります。
それは馬に騎乗するジョッキー同士の駆け引きであったり、馬券を買う側では、直前まで買おうとしていた買い目を直前で変更したりし結果が大きく変わります。
競馬は不確定要素が多いです。
その為、コジハル3連単は前日深夜(土曜日深夜・日付は日曜午前1時過ぎ)に馬好王国で発表します。
現在フェブラリーS・中山記念・弥生賞と3週連続で3連単を当てています。
先週の弥生賞は的中はしていますが、配当が1,320円しかつかずマイナス収支です。
投資6000円に対して払い戻し金1320円マイナス4680円です。
所謂、トリガミと言われているものです。
6000円投資して1円も戻って来ないか、1320円だけでも戻ってきたので良しとしようち決めるのは馬券を買った本人です。
現在2週連続4万馬券を獲り余裕のあるコジハルにしてみれば先週の結果は痛くも痒くもなかったでしょう。
まだあと9か月以上ありますから、毎週6000円の勝負ですから、。月24000円として、4か月空振りが続くと貯金が底をつく計算です。
明日も鮮やかに決めてくれればもうコジハルの勢いは本物です。

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする