バイキング、ゴールデン 高樹沙耶が坂上忍に大麻事件の真実を語る!「何で大麻吸ったの?」

坂上忍が2017年ニュースの主役を独占直撃!

高樹沙耶大麻事件の全真相独占告白します

今年4月に大麻取締法違反で懲役1年執行猶予3年の有罪判決がくだりました

高樹沙耶さんはなぜ人気女優から転落したのか?

それを聞くために2017年11月11日石垣空港に坂上忍が降り立った

そして石垣島の高樹沙耶さんが生活している場所に向かった

有罪判決から七か月高樹沙耶の現在の生活とは?

キャンピングロッジと呼ばれる施設内には3つの宿泊棟があり最大7名まで泊まることが可能な宿泊施設を経営、予約管理、清掃、整備などをすべて高樹沙耶さんがおこなっています

その宿泊費を生活にあてています

現在、月の半分は予約が埋まっているそうです

ここから高樹沙耶さんに独占インタビュー

高樹沙耶が大麻事件の真実を坂上忍だけにすべて語る!

坂上忍

「改めて逮捕当時の状況をお聞かせいただきたいです

警察の方が何の前触れもなく来るんですか?」

高樹沙耶

「ああいう取り調べは本人たちが知ったら逃げてしまうので突然30人くらいのマトリ(厚生労働省の麻薬取締官)の方です

本当にドラマと同じように捜査令状を突きつけてきました」

坂上忍

「そこから家の中探し回って

拘置所の中に何カ月くらいいらっしゃった?」

高樹沙耶

「三カ月いました」

坂上忍

「拘置所は何がしんどかったですか?」

高樹沙耶

「いわゆる独房にいました

集中して読書をしていました

本を読むしかない

自分自身を見つめ直す時間でした

図書館もあります

図書カードみたいなのを配布されてそれを何日かおきに変えて頂いて、あと本の差し入れは自由ので外から本は差し入れて頂いたり弁護士の方に差し入れして頂いたり

朝食も出して頂けるし、洗濯もしてもらえますし私はまだその時犯罪者ではないので勾留されてるだけで仕事もないですし自由でした

今一歩外に出た方が指さされるしあれこれ言われるし中にいる時の方が精神的には楽だった」

坂上忍

スポンサーリンク
pr

「高樹沙耶さん何で大麻しちゃったの?」

高樹沙耶

「どこから話せばいいのか

なぜ家に大麻草があったかは、彼は一緒に大麻の法改正運動をされてた方です

その活動をしている最中に彼が狭心症になってしまって突然死する狭心症になってしまって何度も私も見たんですけど紫色になってチアノーゼになって死にそうな状態を何度か過ごしている

死を目前とされる方が自分の生存権のために選択する事にかんして私はとやかく言えないと思ったんです

ご本人が選択なさるならば

静養にこられていたので同居はしていました

その同居している中で彼が使ってもいいかなと言われたので

それはどうぞと言った

そのかわりどうやって手に入れたりとかどこに置いたりとかそれは私には一切知らせないでくれといいました

そういった状況の中で私は許可してしまいました」

坂上忍

「彼は自分の体のために吸引しました

高樹沙耶さんはそれを認めました

高樹沙耶さんは吸引していないの?」

高樹沙耶

「私は実は写真をお渡ししよう思うんですけど

親知らずを抜いた10日以上顔がおたふくみたいに腫れちゃって

カシューナッツ大くらいの骨をガリってとられてしまって

三叉神経とかCTやMRIを撮っても別に悪いところは見受けられないといわれ

自分の中ではすごく痛みが続く日があって彼も使ってましたので政治にまで出て皆さんに医療大麻ってお伝えしたので外国の医学的根拠だけではなく興味があったです

どういうものか試したくなって使ってしまった

使用の理由です

もちろん法律を犯しているっていうことそれ以上上告も私はしませんでしたし法律違反をしたことで償いますって言うことはお受けしました」

坂上忍

「普通だったら親知らずでもお薬頂いて鎮痛剤飲めばいいのでは?」

高樹沙耶

「私は医療大麻っていうものが沢山の人たちを助けるならば日本でも研究してもらって使えればいいじゃないの立場だったんで」

坂上忍

「でも日本ではだめじゃないですか

高樹沙耶さんたちが医療使用目的で大麻を推進されていたそれに対して異論唱える人ってさほどいないと思うですよ

ただそのやり方っていうことに対してそこに関してはぶっちゃけどう思っているんですか?」

高樹沙耶

「法律を犯したことは本当に絶対いけないですよ

ただ一緒に捕まった彼が本当に死にそうな狭心症だったそこで本人が選択することに関しては認めざる得なかった

やはり一番甘かったのは

あまりにも世界の現状といかに健康を救われている人の映像を見たり文章を読んだり外国がこのたった4年の間にもカリフォルニアで合法化したりどんどんなっていったのでそういう現状を見て危険なものだったらよその国が開放しないわけじゃないですか

大麻草の有効利用とその良い方向性のことばっかりが頭のなかに詰込まれていたっていうのがこの国でのルールのことを忘れてしまった要因であります

死を目前としてる人に使ってもいいだろうという傲慢な考えがこういった事を招いてしまった」

爆報!THEフライデー 大麻女優!?と言われた高樹沙耶は石垣島で1500坪の宿泊施設を経営していた!

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする