がっちりマンデー!2017儲かりキーワード「ハイレジとは?」最新ダイエット、スーパー大麦

今日のがっちりマンデーは知らないままじゃ年を起こせない2017年儲かりキーワードです

いろんなカタカナ用語が飛び交う現代日本ですが中には儲かりに関するキーワードも結構あります

昨年末は itを使った金融サービスフィンテックやおしゃれなキャンプグランピングなどがありました

今年も聞いたことはあるけどいまいちわからないってキーワードがどんどん出てきています

そこで最新のキーワードで儲かりまくっている会社を直撃します

2017儲かりキーワード

①ハイレジ

このハイレジで儲かっているのが繊維の大手帝人です

ハイレジスタントスターチの略です

レジスタントスターチという難消化性でんぷんを多く含む素材です

消化されにくいでんぷんレジスタントスターチを多く含むのがハイレジです

ハイレジは、腸の環境を良くして体重増加を抑えたり内臓脂肪増加を抑える機能があります

ハイレジは、糖質制限やロカボなど新しい単語が出てくるダイエット業界で次はこれだと注目されるキーワードです

レジスタントスターチはでんぷんにもかかわらず食物繊維の働きもあって胃や小腸では消火されず大腸の奥まで届くと分解されて短鎖脂肪酸という大腸のバリア機能を高めてくれる物質を生み出し脂肪を吸収しにくくします

だからこの頼もしい成分がたくさん入っているハイレジな食材なら肥満が予防できるはずってわけなんです

気になる食材が、スーパー大麦です

スポンサーリンク
pr

実は帝人このスーパー大麦を日本国内で独占販売!

レトルトのおかゆやリゾットなどにしたところダイエットが気になる女性から大ブレイクしました

グラノーラに至っては2週間で10万ケースを売る大儲かりです

でも疑問そもそも帝人さんって主に衣類などの繊維を扱っている会社のはず

何で食品しかもダイエットの世界に参入したのでしょうか?

「同じ繊維なんです

食物繊維も」

そもそも3年前何か新しい儲かりビジネスは無いかと探していたら、そこにレジスタントスターチって食物繊維にダイエット効果があるかもって情報が入ってきました

帝人は、食物繊維もおんなじ繊維だからやってみようと思い研究をスタートしました

しかし世界中の食物繊維の研究機関を回りましたが肝心のハイレジと言える食材が見つからなかった

わずか四か月で世界2周回ったっものの

食物繊維だけど食べられないものばかりで化学合成で作っているような食物繊維とか

帝人は化学分野から入っているので化学品で作ること自体に抵抗はないけど一般の方は食はナチュラルでなくてはならない

もうだめかと思った時にオーストラリア研究機関が10年かけて品種改良したスーパー大麦を調べてみるとすごいハイレジでした

スーパー大麦のレジスタントスターチの量は穀物の中でダントツで普通の大麦の4倍でした

現在オーストラリアの研究機関の農場でしか作れないスーパー大麦その名もバーリーマックス

この共同開発の契約を結んでいるのが帝人です

日本国内の様々な食品メーカーに独占供給しています

昨年買い付けてスーパー大麦畑は東京ドーム50個分それが全部なくなったそうです

そして昨年と比べて4倍から5倍に生産量を増やしていくそうです

東京ドーム250個分です

帝人はハイレジでがっちり!

がっちりマンデー! GUはユニクロ運営会社が作ったブランドだがユニクロとの違いとは?

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする