カンブリア宮殿 マクドナルドが危機から復活!「1店舗の月商、上場以来類を見ないレベルに達した!」

今、マックが大変なことに

驚きの大変貌を遂げていると言う

まずは新型店舗の埼玉県川越市マクドナルド川越木野目店

店内には溢れんばかりの大行列があります

ここまで客を呼んでいる秘密はいったい何なのか

実はこの店レジの横にもう一つの店があります

こっちはマックカフェです

色とりどりのスイーツがずらりと並んでいます

まるで専門店のようなコーヒーが飲めます

これが今までにない新生マックです

更に木目調のインテリアが気持ちのいい2階のフロアにも新たな魅力があります

ガラスで仕切られたこの空間は喫煙スペースではなく小さな子供連れでも安心して遊べる家族専用の客室もあります

お客

「子供が隣のテーブルにぶつかったりしなくてすむ

室内だから天候関係なく遊べる

そういう面ではいいです」

マクドナルドは、今さまざまな最新の設備で客を呼び込んでいます

お客

「家からは遠いが来店するマクドナルドも変わって来た」

「久しぶりにきたが、すごい

前のイメージとは全然違う。居心地がいい」

でも、皆さんちょっと前までこんなにマクドナルドに来てましたか?

その客離れは一目瞭然です

2011年から2015年までは売り上げが下降

しかし低迷していたマックが、今v字回復を遂げているのです

そもそもその業績低迷が始まったのはこの人の時代

就任以来高業績をたたき出し注目されていた原田さん

しかしその後、原田さんも予想だにしない展開が待ち受けていました

番組放送直後の2012年4月~売上高が減少しました

その後、客離れは本格的なものになってマクドナルドは苦悩の中へ沈んでいきました

そして2013年8月についに原田さんでさえもその難局は乗り切れず一人の女性をトップに据えました

日本マクドナルドHD 社長

サラ カサノバ

1965年カナダ生まれ

ロシアや東南アジアのマクドナルドで勤務しました

客の心をつかむマーケティングを得意として来ました

原田さんがトップの時期には日本で勤務していました

それまでなかった女性を意識したバーガーえびフィレオをヒットさせました

さらにメガマックも成功に導いたヒットメーカーでした

ところがカサノバさんが意気こんでトップになるやマクドナルドを存続の危機に追い込む大事件がおきました

それが上海にあるマクドナルドの取引先が使っていた使用期限キレのチキン問題です

のちに問題の鶏肉は日本に輸出しなかったと中国が厚生労働省へ報告しました

この問題をきっかけに消費者のマクドナルド離れは一気に加速しました

さらにその後も異物混入問題が次々と発覚しました

カサノバさんは、ひたすら頭を下げるしかなかった

そして2015年の業績は過去最悪でした

349億円の赤字です

つい4年前まばゆいばかりに輝いていたブランドの歴史に残る転落劇だった

しかしカサノバさんはそんな絶対絶命の危機からマクドナルドを大復活させてみたのです

8月の中間決算会見で

カンブリア宮殿 月1万少しで3人の医者が やまと診療所の命がけの在宅医療に密着!!

スポンサーリンク
pr

「上半期の一店舗ごとの月商は、上場以来類を見ないレベルに達した」

いったいこの奇跡の復活はなぜ可能だったのか?

実はカサノバさんの驚くべき復活戦略がありました

復活戦略の象徴が4月に投入したこのバーガーでレギュラーバーガーとしては8年ぶりの新商品のグランシリーズです

ふんだんな新鮮野菜と厚切りベーコン素材にこだわった具だくさんのバーガーです

このグランが売れています

誰もが虜にするのがあるものの違いです

グラン客を魅了するのは甘くてもちもちのバンズです

実は協力メーカーがとんでもない労力をかけて新たに開発したパンです

この工場通常のバンズを作るラインは驚くほどの速さで動いていますが、マクドナルドのグランは驚くほど遅いスピードです

あえて遅くする理由は、なんと完全自動化の工場で生地を手でこねてる

手でこねることによって生地に高さを出します

高さを出すことによって焼く時の火力も変わって食感に微妙な違いを出してモチモチな食感をうみだします

それは効率重視のマックとしては今までにない異例の商品作りでした

試作品を200種類作って6000人に調査して客を魅了するバーガーを作ったのです

グランシリーズでマクドナルドが目指したのは

「日本人が本当においしいと感じるハンバーガーです」

今まではお客様に聞いてみるとマクドナルドにおいしさを期待してないという諦めの意見が多かったです

このような様々な意識改革でマクドナルドは変わっていったのです。

今後もマクドナルドには美味しく様々なニーズが楽しめる場所に変わっていくのを期待しています

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする