櫻井・有吉THE夜会【ディーンフジオカ超絶グルメ&芸能人ホームパーティ大調査】

今回は、山田涼介とディーンフジオカの強すぎる私生活のこだわり大爆発スペシャル!

ディーンフジオカの超こだわりグルメロケ第3弾!

過去2回のロケでは、こだわりが強すぎて店への注文が度を越していると話題に。
店の味に納得せず散々いろいろなものを追加オーダーしオリジナルの味にしていた。

今回の超こだわりメニューとは?

ディーンフジオカ:今日は「火鍋」ですね。
(火鍋:中国発祥で辛味の強いスープが特徴の鍋料理。)

ディーンフジオカには、どうしても入れたいこだわりの具材があるという。

お店は、新宿歌舞伎町にある「上海小吃(シャンハイシャオツー)」
スタッフ全員が中国人という超本場スタイル。連日満員の隠れた名店。日本人に媚びない本場中国の味。

ディーンフジオカ:これは期待できますね。火鍋!

ディーンが注文したのは、聞きなれない食材「鴨血(ヤーシュエ)」。
これがディーンのこだわりの食材。
(鴨血:アヒルの血を固めたもの)
日本ではあまり目にしないが、中華圏では火鍋に入れるポピュラーな食材。つけダレで食べるのが一般的。

ディーンフジオカ:基本的に鴨血って、味あんまりしないんですよ。臭いもあんまりしないし。
だからつけダレの味付けがすごく大事。それで鴨血の味がほとんど決まってしまうから。

ディーン流火鍋のこだわりポイント
・「つけダレ」と「鴨血」の相性。
・鴨血は厚さ2cm前後で食べやすいサイズ。
・つけダレはゴマだれベース。

火鍋がディーンフジオカの前に登場。

ディーンフジオカ:火鍋らしい火鍋って感じですかね。

鴨血が登場。

ディーンフジオカ:これぐらいのカットのサイズすごくいいですよね。火傷しなくて済むから、口の中で。
お店によっては大きい塊もあれば、もっと細かく切るところもあるし。お店によって違うんだけど。

鴨血のサイズは好感触のよう。そして、待つこと5分。鴨血が浮かんできたら食べ頃。

果たしてつけダレとの相性は?

ディーンフジオカが鴨血を食べる。

ディーンフジオカ:あ〜

そのあとなんども味を確かめるディーン。

ディーンフジオカ:このソースって何が入ってるんでしたっけ?
お店スタッフ:ゴマとピーナッツ。あと豆板醤、甜麺醤とか。あと南乳(ナンルー:豆腐を発酵させたもの)とか。
ディーンフジオカ:そっか・・・

とてもグルメロケとは思えない空気に。どうもつけダレの相性が納得いかないらしい。
すると!ここから尋常じゃないディーンのこだわりが炸裂!

ディーンフジオカ:これ(つけダレ)の中に入ってるソース、分けて持ってこられる?
そしたら自分のミックスを作り直す。

急遽、お店スタッフがつけダレの中身を全て用意し、1から自分好みのつけダレを作り直す。
完全にお店の味ではないが、ディーンに妥協なし!
作り続けること10分。ようやく納得のいくつけダレが完成!

「上海小吃の火鍋」超辛口ディーンの満足度は?

ディーンフジオカ:火鍋だけで言うと65%くらいかな。
鴨血に関しては、単体で考えると普通に美味しい。アリな方。

スポンサーリンク
pr

話題のスポット潜入調査!山田涼介がセレブ芸能人のホームパーティーに潜入!

最近、SNSでホームパーティーをアップしているセレブ芸能人が急増!
噂は聞くけど、その実態は謎だらけ。

今回の調査、あまり乗り気ではない山田。
それもそのはず。山田といえば、Hey!Say!JUMPのエース的存在であり、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞、
ライブではアイドル100%のキラキラ王子だが…自他共に認める極度の人見知り。

潜入調査開始。

山田:(インターフォンを押す。)

今回山田が潜入するホームパーティの主催者は?

玄関のドアが開き、現れたのは「アンミカ」さん。
アンミカさんは、芸能界一のホームパーティーモンスター。

有吉:(モニターを見ながら)絶対嫌だよー

山田:手土産を持ってきたんで。(アンミカさんに白いバラの花束を渡す)

花は喜ばれる手土産の1つ。お花は彩りが良く、しおれたら捨てられるから。

そして、いよいよパーティー会場へ。
パーティーはすでに始まっており、途中参加の山田にはあるミッションが!

アンミカ:今から自己紹介やってくれるかな。ちょっとウィットに富んだ。

この日本人が一番苦手なことを、人見知りの山田が乗り越えられるのか?

アンミカがパーティーをしている部屋のドアを開け
アンミカ:皆さま〜白いバラをくださった王子様が来ました!Hey!Say!JUMPの山田涼介くんです!

豪華なパーティー参加者は、有吉が最も苦手とする「リア充オールスターズ」!
・未だにバブルを生きる男 元サッカー日本代表 武田修宏
・ワインと食べ歩きが趣味の独身女性 元日テレアナウンサー 馬場典子
・新婚ホヤホヤ プロゴルファー 古閑美保
・職業:ホームパーティー!? ホームパーティー王 GENKING、他

パーティ会場は、都心の一等地。高層マンションの最上階。

山田:初めまして。(すると、周りから「可愛い」との声が。)
ホームパーティーは初めてで、楽しみたいと思っているのでよろしくお願いします。
アンミカ:「ウィットに富んだ」って言ったんやけどね。笑
山田:むりです。むりです。

自己紹介終了。
周りの矢継ぎ早に続く会話に、山田は唖然。
ここでなぜか山田が廊下へ。

山田:どうしたらいいんだろう・・・

山田は全く馴染めていないが、これがホームパーティ。再び会場内へ。
料理は、「フィンガーフード」と言い、指を汚さず一口で食べられる料理。
そして、オマール海老やローストビーフなど豪華絢爛!さらに、
一流シェフが自宅で調理も。
この日は、名店「銀座 久兵衛」が自宅に!

このホームパーティの気になる会費は?

アンミカ:会費は取らない。私たちがみなさんに「日頃ありがとう」ってそういう会やから(会費は)無い。
山田:アンミカさんが全部?
アンミカ:もちろんです。
山田:いくらかかるんですか?
アンミカ:100万円くらいは…

セレブのホームパーティーは、基本的にその日のホストが費用を負担。
一体なぜそこまでお金をかけるのか?それにはあるヒミツが!

再び山田が廊下へ避難。

山田:ちょっとさぁ・・・言葉が出ない
もちろん素敵なパーティーだなと思うし、楽しいんですけど。
初めましての人と何かを喋る時、すごく緊張して何も話せなかったりするけど、
みんな優しく喋りかけてくれて、気を遣って下さることに気を遣ってしまう・・・

一人でこっそり会場へ戻る山田。
すると、驚きのサプライズが!
アンミカが大きなケーキを持って登場。

アンミカ:Hey!Say!JUMPは10周年!おめでとー!
山田:え、こんなことしていただけるんですか。

アンミカはゲストに対して、必ずサプライズを仕掛ける。
このケーキをきっかけに、山田がホームパーティー軍団に染められていく。
写メを撮ったりホームパーティーを楽しみ始めた山田。
次第に笑顔も増え、外国人とも陽気におしゃべり。有村昆と連絡先を交換。

有吉:(その様子を見ながら)変わっちまった山田くんは。

こうしてホームパーティー調査は終了。

VTRを見終わった後

櫻井:有吉さん、絶対ダメですよね?
有吉:絶対ダメ。あのメンバー本当に嫌だわ。笑
(山田に対して)有村くんと電話番号交換してたもんね。すごいね。
山田:そーなんですよ。
有吉:終わったな、お前。笑

山田涼介のキラキラアイドルらしからぬ超地味なプライベートが発覚!

その全容を有吉が徹底解剖!

有吉:山田くんの高校の同級生、野村周平くんによりますと、「常に完璧」「学校に来るだけなのにいつもきちんとした格好をしていた」
というような(外では)完璧人間でありますけれども。実はプライベートでは超引きこもりということが発覚いたしまして。

超地味生活①:家のカーテンは常に閉めている。

スタジオ:えーーーー!
山田:そんなにおかしいですか?
小峠:爆弾作るやつだよ!笑
山田:芸能の仕事をしていると、スポットライトを浴びることが多いじゃないですか。だから日光は遮断している。
井森:昼間から電気つけて?
山田:つけるときもあるし、つけないときもあるし。

超地味生活②:休日は9時間以上ゲーム

スタジオ:えーーーー!
山田:(有吉を指差し)意地悪ですよね。
知念と中島と3人で同じゲームを繋いで、携帯で複数人で喋れたりできるんですよ。それを置いてチャットもしつつ、昼の11時から夜の8時くらいまで。
有吉:ご飯も食べずに?
山田:ご飯は出前で、それぞれ出前が届くタイミングが聞こえるんですよ。ピンポンとか。はい、出前ね、休憩みたいな感じ。
井森:別々にいて?一緒に集まってやるんじゃなくて?
有吉:ボードゲームじゃないんだから!笑
小峠:今、オンラインゲームの説明するのめんどくさい。笑
山田:それこそ、二宮くんとも。
櫻井:ウチのもいた!?
山田:はい
有吉:二宮くんも大体家から出ないよね?
櫻井:出ない!!

超地味生活③:ほぼ毎日出前か自炊

有吉:出前はわかるけど、自炊もする?
山田:ご飯作るのは得意なんで。
有吉:スーパーに行ってお肉まとめ買いしたりとか?
山田:ほんとあんまり外に出たくないんで、2週間に1回くらい大量に購入して、冷凍保存して。
櫻井:島に住んでるの?笑

有吉:さぁ、という異常者山田くんですが、
山田:言い方!言い方違いません?
有吉:ディーンさん、どうですか?こういう山田くんの生活。
ディーン:僕が共感できたのは、冷凍庫が家も同じなので。
有吉:そこだけ?笑
ディーン:(苦笑い)

スポンサーリンク
pr
pr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です