がっちりマンデー!!森永卓郎のCM2の後では儲かっているのか?「この方法は今ではやってない状態です!?」

今日のがっちりマンデーは森永卓郎のcm2の後では本当に儲かっているのか?

森永卓郎さんがその日のテーマに沿ったもうひとつの儲かり情報を教えてくれるcm2のあとで!

経済アナリストとして数多くの番組や雑誌で活躍しています

さらには大学教授まで勤めている森永卓郎さんの言葉を素直な我々は微塵も疑わなかった

しかしある時ふと疑問がこの人の言ってること本当なのかな?

ということで番組スタッフが儲かり状況を徹底調査しました

もし儲かっていなかったらきっちり責任とってもらいます

①高松のツジセイ製菓株式会社

各地のお土産のお菓子を作っている会社です

秘密が多い工場ですがどうにか入らせて頂きました

パイの中にイチゴジャムを入れて京都のお土産、マンゴーなら宮崎など全国各地のお土産パイを効率よく生産しています

パイの味は50種類以上です

一方お隣のオーブンで焼いていたのはミルククッキーです

これも全国50箇所以上のお土産として人気です

実は同じ形で同じ味です

しかし秘密があります

クッキープリンターです

クッキーがプリンターを通過するとおさむらいさんのキャラクターがこのマシンは一瞬でイラストや文字を書くことができる優れものです

以前はプリントの形を作って版画の様に描いていましたが直接四色の食用着色料を超高速で吹き付ける方式に進化しました

先ほどはおさむらいさんですがパソコンでデータを変えるだけですぐに違うプリントに一つ一つ変わります

こちらはキティちゃんの北陸新幹線のお土産バージョンです

仙台の水族館ではイルカやペンギンやビーバーなど人気者のイラストが印字されています

イラストのデータさえあれば簡単に試作品も作れます

ツジセイ製菓の売り上げは25億円

森永卓郎さんが言う通り儲かっていた!

がっちりマンデー!!全世界売り上げ4兆円のイケアの試作品制作の現場へテレビ初潜入!すべて手作りで作っていた

スポンサーリンク
pr

②フリー工業のり面加工です

昔は崖崩れを防ぐためにコンクリートで全部固めていました

今注目を集めているのが縦にだけ鉄筋を入れといて格子の横を間伐材を入れるんです

何十年も経って行くと木だとどんどん朽ちていくんです

その間に草とか木がどんどん生えてくる

実際儲かっているのかフリー工業へ行きました

社長に聞くと

「 この方法は今ではやってない状態です

林業の職人不足や高齢化で間伐材が出なかったりバイオマス発電とか違う方向に使われる様になって肝心の木材が手に入らないってことでビジネスがストップしました」

ところがフリー工業は新しい斜面補強のやり方を開発して結構儲かっているらしいです

デコメッシュ

見せてもらうとただの金網の様に見えますが 斜面などの土砂崩れを防ぐコンクリートの壁を作るための型枠です

表面がでこぼこしてるからデコメッシュと言います

使っている作業者の方に聞くと

「 デコメッシュだと軽いのが一番」

がっちりマンデー!おしっこがあと何分で出るかを予想するビジネスとは?DFree

普通斜面をコンクリートで固める方法は木の板を積み上げ型枠を作りコンクリートを流し込みます

しっかりと金属で補強したりできた後に型枠をばらしたり結構重くて大変です

しかしデコメッシュなら重さ6.8kgと女性でも持つことが可能です

だから運ぶのも組み立ても楽チンです

しかしデコメッシュは網目があるからコンクリートが出ちゃうような気がします

しかし出てこない

ここからデコメッシュ独自の仕上げ作業へ行きます

流し込んだ生コンに振動を加えると網目から生コンがジワジワとシミ出てきます

それと同時に生コンの中の余分な空気と水分が外に出て行きます

それのおかげで硬さが均一になり強度が増します

最後に表面をならせば岩のような自然の斜面になります

従来の木枠の場合コンクリートが固まったらはずして撤去するという作業が残っていますが、 デコメッシュはコンクリートの中に埋め込まれるので撤収作業が入りません

このやり方なら人員は9分の1、工期は半分工事費が大幅に削減できるのです

森永卓郎さんが言ってたやり方は儲かってなかったけどフリー工業はデコメッシュでガッチリ!

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする