プレバト俳句の才能ランキング ゆりやんレトリィバァが才能あり1位!お題は「夕焼けとレインボーブリッジ」

俳句の才能査定ランキングです

お題は「夕焼けとレインボーブリッジ」です

9月に入っていよいよ本格的な秋です

空気の澄んだ秋の空は特に夕焼けが綺麗です

今回のお題は夕焼けとレインボーブリッジです

夕日に注目してもよし屋形船に乗っている人を想像してもよしその発想は自由です

まずは3位の凡人からの発表です

八嶋智人さんです

「宴をよそに 古の 赤い八月」

太陽にまず目が入ったですけど、そこからでる影の対比が凄くてでも太陽は昔から変わらない

夏井先生の添削

「古の 夕日よ 赤い八月よ」

ポイントは、具体的な言葉を使う

古の赤い八月は、洒落た表現ですが抽象的なイメージしか残りません

夕日という具体的な言葉を入れることでよみては初めて映像をイメージすることができるんです

プレバト俳句才能ランキング!お題は「夏休みの宿題」藤本敏史が夏井先生から拍手喝采される!!

スポンサーリンク
pr

次は2位の凡人の発表Kis-My-Ft2北山さん

「潮は満ち 盃満ちる 秋の暮れ」

屋形船でお酒を飲み始めた時に潮が満ちて行く時間帯に自分のお酒も満ちていく

夏井先生の添削

「盃満たさん 潮の満ちくる 秋の暮」

ポイントは、どの言葉から始めるかに注意を

盃満たさんと、盃から入ることで酒の匂い潮の匂いと嗅覚の情報が強弱をもって感じられます

字余りは最初の5音だと句全体として調べを取り戻すことができます

次は4位の凡人の発表です

松原智恵子さんです

「落日に 人生の秋 重ねみる」

そろそろ私もだんだん人生の秋って言うのと 夕日が綺麗に落ちていく自分も光り輝いたまま落ちていきたいと思い読みました

夏井先生の添削

「秋の落日に 静かな 余生いま」

次は5位の才能なしの発表です

須田亜香里さんです

「七色橋 月を出迎え 海の宴」

レインボーブリッジがかかってるじゃないですかこれをレインボーブリッジではなくあえて七色橋ってことにより和風に

夏井先生の添削

「レインボーブリッジ 月を 迎える酒」

プレバト才能ランキング 俳句の才能査定!お題は「朝顔と京都」才能あり1位は、藤井隆

次は才能ありの1位の発表ゆりやんレトリィバァさんです

「秋夕焼け 影を落とした 大都会」

普段忙しなく皆さんが仕事とか活動されてる大都会なんですけど秋の夕焼けで影を落として しんみりしている様子を歌わせていただきました

夏井先生の添削

「秋夕焼 影を落とした 大都会」

次は特待生昇格試験です

名人三段の東国原英夫さんです

「秋夕焼 赤黒き 1000グラムの吾子」

頑張って生きようと言うエールを送りたい句でもあるんです

新生児医療を視察させてもらった時にこれから生きようとしてるんだけども、その親御さん達が頑張れと思っているがしかし不安も希望も絶望もあるという気持ちを秋夕焼と赤黒きで表現してみました

名人3段東国原英夫は昇格か現状維持か?

夏井先生の査定は?

1ランク昇格!

東国原英夫さんは名人四段に昇格しました

昇格の理由は

「 自己分析が客観的でした」

直すとこは、ありません

スポンサーリンク
pr
pr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です