プレバト俳句才能ランキング!お題は「夏休みの宿題」藤本敏史が夏井先生から拍手喝采される!!

今日の査定ランキングは俳句です

今回のお題は夏休みの宿題です

絵日記の写真からどれだけ発想を広げて詩のある俳句を読めるかが大きなポイントです

まずは凡人6位の発表です

Kat-tunの上田竜也さんです

「宿題を 睨む背中を 叩く秋」

宿題を一生懸命やっている間に夏休みが終わりかけてすぐ後ろに秋が来てるというテーマです

夏井先生の添削

「背を叩く秋 宿題を 睨む夜」

ポイントは夜の一語で臨場感を出します

次は凡人5位の発表です

ウエンツ瑛士さんです

「ヴァーチャルの 夏雲はしゃぐ 名子役」

僕が夏休みが一番仕事が入りやすくてNHKの番組天才テレビくんに出ていて全部合成で合成の夏雲を見てはしゃいでた子供時代を書いてみた

夏井先生の添削

「夏雲は ヴァーチャル 子役らのはしゃぐ」

ポイントは季語を際立たせる語順で読む

次は才能なしの最下位の発表です

小島瑠璃子さんです

「アロハシャツ ゆれてそぞろな 負の遺産」

アロハシャツがあって揺れていてハワイに行ったことを思い出してハワイに行く前にやらなかった負の遺産の宿題が残っている

夏井先生の添削

「アロハシャツ ゆれ宿題は 負の遺産」

プレバト才能ランキング フジワラ藤本、名人3段に昇格!そのお題は、「鯉のぼり」

スポンサーリンク
pr

次は才能ありの2位の発表です

梅沢富美男さんです

「絵日記の はみ出すほどに 茄子の牛」

夏井先生の添削

「絵日記を はみ出し 茄子の牛笑う」

次は才能ありの4位の発表です

勝俣州和さんです

「ふるさとが 我が子育てよ せみのから」

自分の育ったふるさとに自分の子供を連れて行った

ふるさとが遊んでくれる

ふるさとが育ててくれる

巣立っていく姿が蝉の殻とダブっていつかこの子も巣立って行くと言う気持ちを詠みました

夏井先生の添削

「ふるさとが 我が子育てよ 蝉の殻」

次は才能ありの3位の発表です

中田喜子さんです

「ずぶ濡れの子 シャツの下より 甲虫」

昆虫採集に行った子が通り雨に会ってしまって 虫かごにカブトムシを入れると濡れて可哀想だから自分のシャツの下に入れて家に帰ってお母さんにカブトムシを出せてみせる

夏井先生の添削

「ずぶ濡れの シャツより 甲虫取り出す」

子を抜いても子供だと分かるので字あまりにする意味がない

プレバト!!俳句の才能査定ランキング!番組史上最高傑作が藤本敏史によって誕生!?

次は才能ありの1位の発表です

FUJIWARA、藤本さん

「マンモスの 滅んだ理由 ソーダ水」

ある小学生の夏休みの宿題の自由研究でマンモスについて勉強しようとなって博物館に行ってマンモスはこういう理由で地球からいなくなったんだって知って家に帰ってノートにまとめて一息ついた時に炭酸水を飲んでいる風景を詠みました

夏井先生の添削

「拍手喝采です」

取り合わせという技術が使われている季語とは関連性のないフレーズを季語と組み合わせることです

スポンサーリンク
pr
pr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です