がっちりマンデー!その県だけで大ブーム!和歌山県はカラオケ店舗数が全国1位で平均の2倍以上でステージドレスを着て本格的だった!

今日のがっちりマンデーはその県だけで大ブーム儲かりエンターテイメントです

47都道府県もあれば県民性もいろいろ遊びも色々調べてみるとその県だけでやけに流行っているエンターテインメントって結構あります

その地域のエンターテイメントは歴史だとか県民性だとかというのを背景にして生まれているので各都道府県ごとに意外と違うんです

和歌山県で大ブームの娯楽を発見!

大阪との県境の岩出市に和歌山県民がわんさか集まる儲かりエンターテイメントがあります

午後2時に、きはると言うお店であります

中に入ってみるとステージでおじさまが熱唱している

それにしても気になるのは本格的な派手派手衣装です

和歌山のカラオケスタジオは派手派手衣装が定番です

和歌山県独自の儲かりエンターテイメントは衣装をバッチリ決めてステージで歌うショーアップカラオケです

こちらのきはるは、時間制ではなく1枚100円のチケット式です

チケットを購入して歌いたい曲と自分の名前を書いて渡すスタイルです

他の方が歌っている間は私語厳禁です

手拍子もなしで歌声に集中するのが和歌山ルールです

もちろん別のカラオケ店でもステージも照明も本格的です

利用者にどのくらいのペースで来るのか聞いてみました

週5日

毎日など

実は和歌山県は人口10万人当たりのカラオケボックス店舗数12.56と全国1位です

全国平均の5.37の倍以上です

Jr和歌山駅で探してみるとカラオケ店の看板が確かにやたらと多いです

なぜ和歌山県はこんなにカラオケが好きなのでしょうか?

カラオケの店長さんに聞いてみると

「 カラオケ道場と言う番組がありましてそれがきっかけじゃないですかね」

スポンサーリンク
pr

カラオケ道場とは1984年から18年間にわたり放送された和歌山ローカルの人気番組です

一般の参加者がカラオケで勝ち抜き歌合戦を繰り広げます

放送当時この番組に出たいと県内でのカラオケが人気を急上昇しました

その影響からステージで歌い上げる本格的なカラオケスタイルが和歌山県に根付いたそうです

エンターテイメント志向の和歌山県民にとってあるサービスが大好評です

大物カラオケスターを続々と呼んでくれると大大人気です

特にきはるは、大物カラオケスターを続々と呼んでくれると大人気です

たった32席のこのお店に年間来店数は15000人です

さらに和歌山にはカラオケシンガーを支える重要なお店があります

人通りもまばらな商店街に

エルビアンというお店があります

カラオケのドレスを販売しているお店です

お値段の方は一着15,900円のシンプルなドレスから豪華な装飾を施した59800円もするものまであります

このお店店舗で年間400着売れるそうです

数万円のドレスを400着も売り上げる秘密は、エルビアンにしか出来ない接客方法にありました

この日もカラオケ教室の発表会で着るドレスを探しに来たお客さんがいました

なんと曲名を聞いただけでドレスを案内してくれる

エルビアンの売りはお客さんが歌う曲のイメージに合ったカラオケドレスを探してくれるのです

このお客さんが歌うのは森進一さんの北の蛍です

蛍の淡い光をイメージした薄い黄色のドレスおすすめました

お客様は大満足で24,900円のドレスを購入しました

そして他にも二着購入して合計74700円を購入しました

和歌山県内のカラオケ関連ビジネスはまだまだ儲かりそうです

森永卓郎

「 実はカラオケは県民性がすごくよく現れて岡山県で個室のカラオケボックス岡山発祥だって言われてるんですけど岡山の人って恥ずかしがり屋さんなんで個室が好きなんです

岡山の人が和歌山の衣装を着てたら家から出られないと思いますよ

東北も難しいと思います関西は出来ると思いますが多分京都の人はやらないと思います」

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする