林修の今でしょ!講座 危険なカビが潜む見逃しがちな場所ワースト4「カーテンに年間500人以上の命を奪うカビがいる!」

100軒の家を徹底調査カビいなかった家の共通点からわかった撃退法

カビ研究の第一任者の矢口先生に詳しく教えてもらいます

①カビは火を通すと食べれる?

カビは火を通すと死にますけれどもカビが作った毒は火を通しただけでは死にません

人間の体に影響するのはカビの毒です

お餅を焼いてもカビ毒があれば、それは壊れないまま我々食べてしまうことになってしまいます

カビもキノコをと同じ菌類です

きのこも毒を持たないものもあれば毒を持つきのこもあります

毒を持ったキノコは熱を加えても食べると大変なことにカビも同じです

熱を加えてカビは死んでも毒はそのまま残っているので少しでもカビが生えたものは食べないように気をつけましょう

② カビを食べたら病気になる?

カビの毒を食べましたらガンになる可能性のあるものもあります

2004年にケニアで実際に起こった話なんですけどもカビが生えてしまったとうもろこしを食べてしまったことによって125人の方が亡くなってます

海外の話だから関係ないと思っていても、いつ輸入品から日本に来るか分かりません

さらに日本にも私たちの体に害を及ぼす危険な毒を持っているカビがいるんです

しかも梅雨に突入した今が危ない

そこでカビ取り専門業者とカビの研究者の協力で百軒のお宅を徹底調査しました

スポンサーリンク
pr

危険なカビが潜む見逃しがちな場所ワースト4

4位 お風呂のシャンプーボトル

シャンプーボトルの側面やノズルにもカビがあることが判明しました

百軒のお宅の中で24軒のシャンプーボトルにカビがいました

お風呂には赤カビ黒カビなど様々な種類のカビがいますがシャンプーボトルに潜んでいたのが猛毒のカビのエクソフィアラです

エクソフィアラというカビは最初は小さな傷口から体内に入りまして最初は皮膚の表面で炎症を起こします

それが血液に乗って脳に入り死に至る可能性もあります

シャンプーボトルのカビ撃退法

風呂上がりにシャワーで泡を流す

シャンプーの泡には皮膚のカスや油が含まれているので泡をシャワーで流して下さい

3位 キッチンの蛇口

キッチンなどの水回りは掃除していても意外と見落としがちなのが蛇口です

綺麗に見える蛇口でも裏を見てみるとカビが生えています

こんな経験はありませんか?

風邪は治っても咳が続く

夏型過敏性肺炎の可能性があります

蛇口に潜んでいたのがその肺炎の原因となる危険なカビのトリコスポロンです

キッチンの蛇口のカビ撃退法

食器を洗った後に水分を拭く!

キッチンのカビ対策はお酢で拭くだけでも効果があります

お酢の酸の力でカビはある程度抑えられます

2位 カーテン

百軒中35軒にカーテンにカビがいました

カーテンに潜むカビには死の危険もあります

中でも最も強いのが年間500人以上の命を奪う アスペルギルスフミガータスです

実際カーテンから調べると数軒から検出されました

私たちの身の回りでいるカビのなかで一番病原性が強いと言われているカビです

呼吸しているときにカビというのは割と吸い込みます

そうすると気管支を通って肺に入ります

免疫の落ちた方ですとそれが肺の中で生えてしまうことがあります

肺に傷があったり免疫力が落ちるとカビが定着してしまいます

そこで細胞を壊してしまいます

肺炎よりも重い呼吸障害を起こしてしまいます

カーテンのカビの撃退法!

窓を拭くときに網戸のほこりも取る

網戸は小さな目のところに土ボコリなどが溜まっています

その中にカビの胞子がたくさん含まれています

1位 洗濯機

百軒中60軒に洗濯機にカビがいました

洗濯機のカビの中には喘息を引き起こす危険のあるものがそのカビの正体が通称黒カビのクラドスポリウムです

洗濯機は水分が残ってしまってとてもカビの生えやすい環境の整っている場所になります

しかし湿気を取り除けばカビは撃退できます

洗濯機のカビの撃退法!

①洗濯機の蓋を開ける

②洗い物は洗濯機に入れないでかごに入れる

洗濯機の蓋を開けて常に乾燥させていることと 汚れたままの衣類を入れぱなしにしないことです

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする