月曜から夜ふかし 一昔前の常識を若者に教えてあげたい件「グレープフルーツに砂糖をかける」

一昔前の常識を若者に教えてあげたい件

世代間のギャップを埋めるため平成生まれに昭和の常識を知ってもらう

① グレープフルーツに砂糖をかける

グレープフルーツが家庭に出回り始めたのは1971年輸入自由化です

初めて見る柑橘系の果物に日本人は砂糖をかけて専用のギザギザ付きスプーンで食べていました

平成生まれにグレープフルーツの砂糖がけを食べてもらうとおいしいとの絶賛でした

② 麦茶に砂糖

一昔前の人にとって麦茶に砂糖はミネラルとエネルギーを同時に補給できる手軽な飲み物でした

現代人がスポーツドリンクを飲むように運動の後や疲れた時に飲んでいました

平成生まれに飲んでもらうとアイスティみたいで美味しいという絶賛でした

しかし昭和のアレンジはこれで終わりではないです

さらに牛乳を入れます

昭和の人は麦茶一つで紅茶感を味わったりコーヒー感を味わったりしていたのです

しかし平成生まれにも飲んでいた子がいました

「貧乏だからやってた」

③ 梅干しの種の中に天神様

梅の種を割ると中に意味があるこれが天神様です

天神さまとは学問の神様菅原道真で彼が梅を愛してやまなかったことからいつしかたねの中に天神様が宿っていると言われるようになったという

一昔前の人はこの天神さまを好んで食べていた

④117に電話して時計を合わせる

携帯電話が普及する一昔前は117で正確な時間を確認して時計を合わせるのが常識でした

他にも3桁の番号で提供されている主なサービスがあります

104番号案内

113電話の故障

114お話し中調べ

115電報

136ナンバーお知らせ

159空いたらお知らせ

110警察への急報

119火事救助救急車

118海上の事件事故の急報

171災害用伝言ダイヤル

188消費者ホットライン

189児童相談所ダイヤル

⑤ハエ取り紙

2から3日天井から吊るすだけでありえない数のハエがくっつきました

⑥缶切り

近年の缶詰はプルトップが主流のため缶切りを使えない若者が多いらしい

若者に試してもらうと

6人中1人しか開けることができませんでした

⑦ デュエットソング

昭和の男と女はカラオケなどでデュエットソングを一緒に歌い盛り上がりました

例えば三年目の浮気

以上が一昔前の常識でした

スポンサーリンク
pr

全国各地の奇跡を調査した件

世界は奇跡で溢れている

例えば鹿児島県霧島神話の里公園にある坂本龍馬とおりょうの顔ハメ看板

ここで起こる奇跡は山肌おりょう!

6年前に新燃岳が大噴火を起こした際に火山灰が大量に高千穂峰に降ってそれが雨風に流されて奇跡的に顔が浮かび上がりました

奇跡的に顔はめパネルと重なっておりょうさんの顔に見えました

今夜はこのように全国各地の奇跡を見ていきたいと思います

① 奇跡のお菓子

埼玉県熊谷市にあるお菓子屋さんのさわたです

いちごのチーズ大福です

大物有名人も贔屓にしているという人気の商品だが奇跡は大福を食べた後に訪れます

「うんーこ」

包み紙に書かれたとろーりの文字が裏返すと奇跡的にうんーこに見えるのです

② 奇跡の外国語

世界には奇跡的に日本語のように聞こえる外国語が数多く存在します

例えばアラビア語

お父さんこれをアラビア語ではヤバイという

さらに

どこにいり?=ウエノ

来ない=マジ

缶=タナカ

続いてインドネシア語

勉強する=ブラジャー

絵を勉強する=ブラジャーガンバール

早く勉強して=チュパチュパブラジャー

ここからは様々な奇跡を見ていきます

行きたくなくなる歯医者=板井歯科(痛い歯科)

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする