マツコの知らない世界!マツコ感動の一生使える日用品の12品

今夜のマツコの知らない一生使える日用品の世界

全国520人の職人を訪ねた河内さんです

初心者はグラスから入るべし光る職人技グラス

一生使える日用品を使ってほしいです

①SUSgallery

タイタネスタンブラービア

24840円~

真空の二重構造が特徴のチタンカップです

真空状態の空間は熱を通しにくいため保温や保冷効果が優れています

氷が溶けないと評判になりました

②宮島工芸製作所

丸柄ナナメ杓子 1080円

先端が斜めでご飯をすくいやすいように設計されています

桜の木でできており10年以上使用可能です

③MARUICHI

木製靴べらFLORA 10800円

北海道の旭川で作っています

一本の木から削り出して製作して1ヶ月で30本から40本しか生産できません

最終的に紙やすりで削っています

背丈のあるデザインでかがむ必要がありません

④やま平窯元

エッグシェルシリーズ

厚さが1ミリの有田焼のグラスです

光を通すので飲み物によって彩りが変化します

⑤世界初!漆100%のグラス

thin 10800円~

何かに塗っているのではなく漆100%です

漆を紙コップの内側に塗って形を作っています

漆は一回の塗りの厚さは0.05mm なので1mm の厚さにするまで20日間かかります

⑥大辻朝日堂

ロックグラス 9720円

薩摩錫器

鹿児島県を代表する伝統工芸品です

手彫りで模様を付けています

すずはイオン効果が高いため水やお茶や酒の味をまろやかにすると言われています

マツコさんに日本酒で飲み比べてもらいました

マツコ

「 全然違うんですけど!

なにこれ?

まろやかっていうより華やかになる

残るものの香りの残り方が全然違う」

スポンサーリンク
pr

頑固職人を口説き落とすテクニック

職人と向き合うための三か条

① お土産は持って行かない

最初はとらやの羊羹だったりとか持って行ったんですけどやっぱり職人さんは物では心が動きませんでした

お土産を持っていくと逆に構えられてしまう

最近は手ぶらでtシャツで入っています

② ヤフーニュースの話から入る

職人さんは1回作り始めると工房の中に一日中閉じこもります

ヤフーニュースで職人さんにネタを伝えたりだったりとかすると職人さんは気になって話してくれます

③ 職人さんの家族ケアに全力を注ぐ

職人さんも何年かに一回東京に来られます

ご家族で来られることが結構多いです

お子さんとキディランド行ったりとか横浜のアンパンマンミュージアム行ったりとかそんなこともしたりしてます

マツコ感動の一生使える日用品三種!

① 新潟県の鍛治職人が作った

切れ味が超快感パン切り包丁

包丁工房タダフサ

パン切り包丁 10260円

先端の波刃の部分できっかけを作ると切れやすい構造になっています

パンくずがほとんどでない切れあじです

有料ですがメーカーにより研ぎ直ししていただけます

一生使える包丁です

マツコさんが切ってみると

「 パン屋で切ってもらうより綺麗よ」

② 和歌山県の箒職人が作った

掃除機並みにすごいホウキ

山本勝之助商店

棕櫚ほうき 4860円

和歌山県の海南市のベテラン職人が昔ながらの製法で手作りしています

約30年使えるほうきです

ハサミでカットすれば約30年使用できます

フローリングを掃いてもらうと素材の棕櫚は油分を含んでいるためワックス効果があります

③ 岐阜県の老舗すり鉢職人が9年かけて完成させた究極のすり鉢

山只華陶苑

すり鉢 JUJU mortier 1620円~

波紋状の特殊なすり目を9年かけて制作しています

両利きように考えて製作しています

一般的なすり鉢は時計回りでしか擦れませんが このすり鉢は左右どちらの方向からも擦れます

接地面を紙やすりで丁寧に磨き粗い粒子を取り揃えているため置いた時に違いがわかります

一流の技術でまさかの日用品

固定概念を捨てて新たなチャレンジをしている職人さんが非常に多いです

例えば今まで屋根瓦を作っていた職人が瓦で作ったおしゃれな食器を制作など新たなものづくりにチャレンジする職人が多いです

① 広島県の穂先職人がボディブラシを作った

穂先職人とは筆の穂先の部分を手がける職人さんです

ボディブラシを作っているのは化粧筆や絵の具の筆を作っていた職人さんが制作しています

瑞穂

スーヴェ ボディブラシロング 12960円

希少なヤギの胸の毛を使用しております

このボディブラシを完成させるまでに約3年かかりました

② 香川県の墓石職人が

香川県高松市庵治町

庵治町は高級石材庵治石の産地で約400年前から墓石産業が盛んです

岡田さんと言う職人がいます

岡田さんは実話ある輝かしい経歴の持ち主です

石工部門で技能五輪全国大会で優勝した人物です

岡田さんが作ったのは 世界に一つだけの庵治石のハイエースです

全長50cm で重さ38kg

庵治石の特性を活かして磨き上げています

さらに庵治石レクサスなど

お値段は35万円で売り切れています

岡田さんはおしゃれに敏感な人たちが集う東京ミッドタウンのヒット商品も制作しています

それが庵治石のインテリア雑貨です

傘立てやテーブルや自転車スタンドなど大好評です

③AJI PROJECT

漬物石 4104円

キーフック 5400円~

ソープディッシュ 8640円

ブックエンド 6480円

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする