がっちりマンデー!!創業以来30期連続の増収している大黒天物産の5129億円の売り上げ秘密!

今日のがっちりマンデーは連続増収なのに知らない会社です

いろんなことがあるから売上をキープするのは大変

さらに毎年売上を増やしていくとなると至難の技です

一体どんな会社があるのか?

東洋経済オンライン発表連続増収の上場企業ランキングを見てみるとロート製薬やサイゼリアみたいな有名企業に混じってあまり知られていない会社もあります

そこで今回は全国的にはまだ無名だけど何年も連続増収の会社を徹底取材

連続増収ランキング1位30年連続増収増益を達成した会社のトップに聞いてみます

株式会社ニトリの似鳥昭雄会長です

最初の年でいきなり100億円の売り上げそして今や5129億円です

連続増収の秘訣とは?

「 明るい哲学悪い事が続いてもこれは成長するためのチャンスなんだとピンチはチャンスということ順調な時っていうのはよくないと言うか自己満足しちゃうから逆にピンチがあった方がいいんです

その乗り切る方法を考えますよね

そのたびに強くなると言うか筋肉質になっていく」

ニトリ会長は連続増収の秘訣はどんなピンチでも明るくこれが伸び続ける秘訣

誰もが知ってる連続増収のニトリだけど一方であまり知られていない会社も連続増収中です

まずやって来たのは岡山県倉敷市

スポンサーリンク
pr

① 大黒天物産株式会社

本社ビルを尋ねると失礼ですけどビルが傷んでる

正直あまり儲かってないような

何をやってるのですか?

ディスカウントスーパーをやっている会社です

大黒天物産はディオやラムーという24時間営業のスーパーを展開しています

中国四国地方中心に111店舗展開しています

どのくらい連続増収しているのか?

創業以来30期連続の増収です

増益の方も30期連続増益になります

1986年創業1年目の売上はたったの3億円

それが16年目には100億円を突破し27年目には1000億円を突破そして去年は1451億円です

どうしてこんなに勢いがあるのですか?

当社開発のコーヒーが25円

うどんは15円

さらにオリジナル弁当が198円

お弁当の中身はハンバーグと目玉焼きとポテトサラダが入っています

唐揚げ弁当もあります

激安商品はスーパーの外にもたこ焼きが100円です

ずっとこの値段で販売している

6個入りのたこ焼きが100円なかには大きなタコも入ってる

安いからお客さんもついつい買いすぎちゃう

となると気になるのが激安のカラクリは?

①一つは商品を絞り込む

大量に買うということでコストを下げます

例えばサッポロ一番のラーメンだと塩と味噌しか置いていません

様々なデータを分析して売上が低い物は売らない

一方を商品の種類を絞り込んだ分、一品あたりの仕入れる量を増やす

すると大量取引で仕入れ価格を下げることができます

コレガ大黒天物産の激安作戦なのです

さらにスーパーではおなじみの自社開発の商品 いわゆるプライベートブランド実はこれにも大黒天物産ならではの工夫があります

例えば5円やすくするために一番上のプラスチック蓋なしのヨーグルトを販売、それで実現できたのが500g 98円という100円を切る安さです

省けるものは省くのが大黒天方式です

でもその分、味と値段にこだわります

今回新商品の試食会議の様子をのぞかせてもらうと試食には社長自らも参加します

今回は新商品の餃子の最終チェックです

どれが自社製かわからない状態で他社の商品と食べ比べをします

このチェックが通れば商品化が決まります

投票の結果

Aの餃子8個 319円 0人

Bの餃子8個 213円 10人

Cの餃子8個 100円 4人

Cの餃子が大黒天物産の餃子でした他社に比べて3分の1以下半値以下の価格設定です

その割には味もそこそこのようでしたけど

会議では

「 味はもう少しコクみたいなものを改良すれば

98円という一番買いやすい価格でやってもらいたい」

餃子8個100円でも味と値段にダメ出し!

でもこの難題を実現できれば商品化に出来ます

安さにも味にも厳しい

大黒天物産は激安でがっちり!!

森永

「大黒天物産は実はコストを削るって言うことをすごい徹底していて例えば板チョコって銀紙に包まれてますよね

大黒天物産のプライベートブランド銀紙ないんです

直接包装しちゃうんですそうするとコストが下がる

食べる方も慣れちゃえば別に大丈夫なんですよね」

石原良純

「昔屋をやって新聞紙を取って包んでくれたわけじゃないですか時代がまたそっちへ戻ってくってことなのかな」

この大黒天物産はこれからどうなりますか?

森永

「 これから実は東日本ほとんどないんですよ

だからもう確実に右肩上がりで行けるんですよ」

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする