世界一受けたい授業 夏に急増するダニは天日干しや洗濯機で全然死なない事実!!

夏に向けて気温や湿度が上がり始めるこの時期ダニが急増します!

喘息鼻炎アレルギー性の病気の半分以上はダニが原因と言われています

そんなダニの撃退法を教えてくれるのはダニに専門家の法政大学教授、島野先生です

ダニはどんな清潔な家でも必ず潜む

明日突然アレルギー症状が出るかもしれません

中にはこんな実例もあります

あるアレルギー患者さんが部屋にある布地を全て取っ払ったら治ったそうです

ダニの住処は家の中の布地です

ダニは布にたまったホコリが大好きです

そこで患者さんはカーペットやカーテンを失くし布製のソファーをビニール製に変えました

するとアトピー性の症状がほとんど出なくなったのです

とはいえ現実的な対策としては難しいです

そこで今回は家庭で簡単にできるダニの撃退方法を伝授します

暖かくなってダニが増えてからでは遅い!

今からできるダニの撃退法です

今から対策しないとダニが爆発的に増えます

この時期増えるのはヒョウヒダニ

人間の皮膚やフケを食べて成長し、ダニのフンを人が吸い込んでしまうことでアレルギーが発症します

実験によると5月に30匹だったダニが6月には800匹7月には4000匹8月には1万匹になります

そうなるとダニの糞の量もすごい!

ヒョウヒダニは1日6個の糞をします

8月には180万の糞をします

これらのダニの糞やダニの死骸全てがアレルギーの原因です

さらにヒョウヒダニを餌とする人を刺すツメダニも急増します

春のダニを放置すると夏頃に爆発的に増加します

子供の頃に発症したアレルギー症状が連鎖するアレルギーマーチ

例えば幼少期にダニアレルギーを発症しアトピー性皮膚炎になります

治ったと思っても小学校の頃に気管支喘息それが治ったと思っても思春期を迎える時に花粉症にこのようにアレルギーの症状が次々と増加します

そのため幼少期にダニアレルギーにならないことが大事なんです

ダニの退治法とは、まずはダニがいる場所を知ることが大事です

スポンサーリンク
pr

家の中で特にダニの生息場所が多い場所ランキング

1位 布団や枕などの寝具

素肌で触れる時間が長いためアカやフケが大量です

ここは寝ている間、口も近くフンや死骸を吸い込みやすいです

特に枕では後頭部から多く分泌されるパルミチン酸などにダニが多く集まるため要注意です

2位 カーペット

フケや食べかすでダニの住処に!

3位ソファー

掃除機がかけづらく汗やフケが多い

クッションの裏も注意です

さらに子供がよく触れるぬいぐるみなど餌となるアカなどが多くダニがたくさん住んでいます

その他押入れの中の冬服は、夏の期間ずっと換気されないため湿度が高くなりダニが増殖しやすいのです

掃除機をかける前に何をすると効果的なのでしょうか?

正解

部屋を約2時間暗くする

ダニは暗くて人のいない静かな時がより活発に活動します

部屋が暗くなって表面に出たところ狙って掃除機で吸い込む

遮光カーテンなどを使ってできれば2時間以上真っ暗にするのが効果的です

実はダニはとてもしぶとい生き物です

枕を洗濯機で40分しっかり洗ってその枕を顕微鏡で見るといっぱいダニがいる!

洗濯ではダニそのものは死なない!

調べてみるとダニの80%は生き残っていました

死んだダニは落ちても生きたダニの撃退はほぼ出来なかったのです

天日干しでダニを撃退できるのか実験?

10分後ダニは暑さから逃げるためどんどん枕の中へ入っていきます

3時間後枕カバーを外してみると枕カバーの裏や枕の中にはほぼ100%生存しています

洗濯機、天日干しいずれもダニ撃退は失敗です

ダニを死滅するには一体どうすれば?

枕にすみついたダニを撃退する一番いい方法とは?

正解

乾燥機にかける

生きたダニのいる枕を乾燥機へ、そして二時間後、死んでいます

熱が効果がありました

実は乾燥だけではなかなかダニは死にません

湿度を下げるとダニの活動を下げることはできますが湿度が上がるとまた復活してしまうのです

一方温度を上げる実験を行うと45度を越えたところで徐々に動きが弱まり50度でほぼ停止完全に死滅したのは60度でした

先ほど行った天日干しでは枕表面温度でも50度以下のためダニは死滅しません

つまりダニを乾燥機でやっつけてから死骸を掃除機で吸い込むのが最も効果的な撃退法です

家の乾燥機にかけられないカーペットなどは、コインランドリーにある専用の乾燥機でも大丈夫です

ソファーなど専用の乾燥機でも無理なものは、掃除機のかけ方がポイントです

ポイント①夜の帰宅直後にかける

部屋が長時間暗く静かなので表面にダニがたくさんいます

ポイント② ゆっくり2方向からかける

ダニを確実に吸い込むため畳半畳を30秒ゆっくりかけて掃除をしてください

縦横から同じ場所を吸うことで繊維に絡んだダニを取ることができます

ベッドや布団のダニを吸い取る時のポイントは、布団などの場合専用のヘッドがないと布を吸い込ん出かけづらいです

そんな時に使うのが使い古しのストッキングです

切ったストッキングの先を掃除機のヘッドにかぶせて吸うだけで生地の巻き込みを防ぐことができ効率よくダニを吸い取れます

ダニは60度では一瞬で死にます

50度では30分ほど維持すればダニは死にます

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする