世界一受けたい授業 チーズの科学、チーズを食べるだけで3つの効果がある!血圧を下げる、骨粗鬆症予防、ダイエット効果

チーズの科学、チーズを食べるだけで3つの効果がある!

2015年カマンベールチーズが認知症予防に効果があるという研究結果が発表されました

年を取ると脳内にはアミロイドベータと言う老廃物が溜まって行きます

それが沈着してしまうと脳の働きをつかさどる神経細胞ニューロンの情報伝達が正しく行われません

記憶や認知機能が維持できません

しかしマウスを使った実験ではカマンベールチーズを摂取することで認知症原因物質のアミロイドベータの沈着を抑える効果がありました

他にはチーズは虫歯予防効果も!

世界保健機関は皇室チーズには虫歯予防効果が期待できると発表しています

さらにチーズに含まれるリン酸カルシウムは虫歯でできた歯の小さな穴を補修する作用があることが分かっています

世界中のチーズは1000種類以上あると言われています

チーズの3つの効果を紹介します

スポンサーリンク
pr

1つ目のチーズの効果は、血圧を下げる効果があります

チーズには数多くのペプチドを含む

ペプチドには血圧を下げる作用があります

さらにチーズに含まれるカルシウムやカリウムは高血圧の原因の一つであるナトリウムを排出する作用があり高血圧予防効果が期待できます

血圧を下げるのに特におすすめなのは、チェダーチーズやゴーダチーズのような熟成タイプがおすすめです

おすすめの食べ方はゴーダとチェダーの春巻きがいいと思います

作り方は、

枝豆を洗いみじん切りにしてアボカドをよく潰し潰したアボカドと枝豆を混ぜ合わせて小さく切ったゴーダチーズとチェダーチーズを入れたらチーズが全体に行き渡るようによくかき混ぜて 後は春巻きの皮で包んで表面がきつね色になるまであげてください

2つ目のチーズの効果は骨粗鬆症予防

骨粗鬆症予防に必要なのはカルシウムです

しかし日本人はカルシウム不足しています

実はチーズはカルシウムの宝庫です

チーズは牛乳をおよそ10倍に凝縮した食べ物なので当然カルシウムの豊富です

食品のカルシウムはすべて吸収されるわけではありません

チーズは他の食品に比べて非常に吸収率が高いです

だからカルシウムをとるということではチーズは最適の食品じゃないかという風に思われます

チーズの中で一番カルシウムが多いのはパルメザンチーズです

お勧めな食べ方はパルメザンチーズのリゾットです

作り方は

①バターをひいたフライパンみじん切りの玉ねぎとベーコンを炒める

② 牛乳と粉末のコンソメを入れます

③ しらすとご飯を入れます

④ 全体をよく混ぜながら火を通します

⑤ ぐつぐつと煮たってきたら細く削ったパルメザンチーズを入れます

⑥ コショウで味を整えます

⑦ 鰹節とパルメザンチーズをかけます

⑧ パルメザンチーズリゾットの完成です

3つ目のチーズの効果は、ダイエット効果がある

痩せやすい体質に変わる

チーズは水分を除くと半分はタンパク質と半分は脂肪です

すごく脂肪が高いから太りやすいというイメージですがチーズに含まれる乳脂肪は消化過程で分解されやすいで体に蓄積されにくいことがわかりました

スポンサーリンク
pr
pr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする